『1965年にソ連で発行された宇宙飛行士ウラジミール・コマロフの切手』

1967年4月23日は、ソ連の有人宇宙船「ソユーズ1号」が墜落した日である。
この日の午前3時35分に行なわれたソユーズ1号の発射は、電力トラブルなどにより、同日中に緊急帰還となった。
しかしパラシュート装置の不具合により、乗組員のウラジミール・コマロフは地面に叩きつけられ即死したのである。
この事故により、コマロフは歴史上初めて、有人宇宙飛行で死亡した人物となった。
原因のひとつには、アメリカとの宇宙開発競争での主導権を握るためにを発射を急いだソ連政府の問題と言われており、技術者たちはソユーズ1号の200以上もの欠陥を指摘していたが、前日の“ソ連建国の父”レーニンの出生日を祝いたいという論調で発射は断行されたという。
1961年に単独宇宙飛行に成功したガガーリンも、あらかじめその危うさに気づいていたために、自らが代わりに搭乗すると申し出ていた。
これは「社会的影響力のある自分なら危険を冒す発射をしないであろう」という目論見からであったが、コマロフは半ば失敗を予期しながらも、「国民的英雄であるガガーリンの生命を危険にさらすことはできない」と語り、自らが進んで人柱となったという。
果たして、多くの専門家の予期した通りに、コマロフは帰らぬ人となった。
彼の遺灰は赤の広場にあるクレムリンの壁に埋葬されているが、彼の勇気はその後の人類の宇宙進出にとって多大な影響を与えるものであり、ロシア人ならずとも、永遠に忘れ去るべきではないものだろう。

(写真はWikipedeia Soyuz 1より。Public Domain)

4月23日の不幸

1616年
【死去】ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra)【小説家/スペイン】

17世紀初頭に活躍したスペインを代表する小説家で『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』のとし著者として知られる人物。1566年、人文学者ロペス・デ・オヨスに師事。1569年、教皇庁の特使アックアヴィーヴァ枢機卿の従者としてローマへ渡り、スペイン海軍に入隊。1571年「レパントの海戦」に従軍し帰還途中でバルバリア海賊に捕われ5年間の捕虜生活を送る。その後、スペインへ帰国、1585年に初の小説『ラ・ガラテーア』を刊行。1597年、税金未納金でセビーリャ監獄へ投獄。1605年、『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』を刊行し大ヒット。しかし版権は手放していたため貧困生活を送りながら『模範小説集』(1613年)、『ドン・キホーテ 後編』(1615年)といった小説を発表し、1616年4月23日、糖尿病により死去。没年69歳。死後『ペルシーレスとシヒスムンダの苦難』が刊行された。

1616年
【死去】ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra)【小説家/スペイン】

17世紀初頭に活躍したスペインを代表する小説家で『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』のとし著者として知られる人物。1566年、人文学者ロペス・デ・オヨスに師事。1569年、教皇庁の特使アックアヴィーヴァ枢機卿の従者としてローマへ渡り、スペイン海軍に入隊。1571年「レパントの海戦」に従軍し帰還途中でバルバリア海賊に捕われ5年間の捕虜生活を送る。その後、スペインへ帰国、1585年に初の小説『ラ・ガラテーア』を刊行。1597年、税金未納金でセビーリャ監獄へ投獄。1605年、『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』を刊行し大ヒット。しかし版権は手放していたため貧困生活を送りながら『模範小説集』(1613年)、『ドン・キホーテ 後編』(1615年)といった小説を発表し、1616年4月23日、糖尿病により死去。没年69歳。死後『ペルシーレスとシヒスムンダの苦難』が刊行された。

1850年
【死去】ウィリアム・ワーズワース(Sir William Wordsworth)【詩人/イギリス】

19世紀イギリスのロマン派を代表する詩人のひとり。1787年にケンブリッジ大学へ入学、1790年に渡仏。1795年、ロマン派詩人サミュエル・テイラー・コールリッジと出会い、1798年にワーズワースとの共著『抒情民謡集(Lyrical Ballads)』を出版。1799年にグラスミア湖付近に居住し、ロマン派詩人ロバート・サウジー、コールリッジも転居してきたため“湖水詩人”と呼ばれる。1813年、印紙販売官となりライダル湖畔付近へ移住。1850年4月23日、胸膜炎により死去。没年80歳。

1967年
【宇宙船墜落】「ソユーズ1号墜落事故」

1967年4月23日に発射されたソ連の有人宇宙船「ソユーズ1号」だったが、電力トラブルなどにより、同日中に緊急帰還に。しかしパラシュート装置の不具合により乗組員のウラジミール・コマロフは地面に叩きつけられ即死。人類初となる”宇宙飛行士の墜落事故死”となった。宇宙分野での主導権を握るためにを発射を急いだソ連政府の問題だったとも言われており、コマロフも失敗を予期しながらも、他者の犠牲を出さぬために自らが人柱となったと言われている。

1969年
【殺人事件】「高校生首切り殺人事件」

1969年4月23日、東京・目黒のサレジオ高等学校に通っていた高校生・石川一郎(当時15歳)が同級生であった加賀美洋(当時15歳)を、同高校付近の山中で登山ナイフを用い殺害後首を切断した事件。当初、石川は不良に襲われ友達が殺されたと供述するも2日後に殺害を自供、初等少年院へ入所。被害者による日頃からのいじめが原因だったとされる。その後、石川は1975年頃に出所し弁護士となっていたことが、奥野修司著『心にナイフをしのばせて』や週刊誌の報道によって明るみになった。

1994年
【猟奇殺人事件】【バラバラ殺人】【未解決事件】「井の頭公園バラバラ殺人事件」

1994年4月23日、東京都三鷹市・井の頭恩賜公園内のゴミ箱にポリ袋へ入れられた人の足首が捨てられているのを、同公園の清掃員の女性が発見。その後、27個に切り刻まれた遺体が7カ所のゴミ箱から発見され、被害者は付近に住む一級建築士・川村誠一(当時35歳)と判明するも犯人特定に至らず、未解決事件として2009年4月23日に時効を迎えた。なお、遺体は血液が完全に抜き取られ、手足の指紋はほぼ削り取られていたため、一般家庭の設備では不可能なことや医学的知識が必要であることが取り沙汰された。

1995年
【殺人事件】「村井秀夫刺殺事件」

1995年4月23日、東京都港区南青山にあった同教団東京総本部前で、大勢の報道陣の衆人環視の中、山口組傘下の右翼団体「神州士衛館」構成員を名乗る徐裕行(ソ・ユヘン)にオウム真理教幹部・村井秀夫が刃物で刺された事件。村井は翌日未明に死亡、徐は逮捕され懲役12年の刑が確定。動機については「義憤にかられて殺した」と供述するもその後2転、3転し現在も不明である。

1995年
【死去】クリーンヘッド・ギムラ【ミュージシャン】

「東京スカパラダイスオーケストラ」の元メンバー。脳腫瘍のため死去。没年33歳。

1996年
【死去】パメラ・トラバース(Pamela Lyndon Travers)【児童文学作家・女優・タイピスト/イギリス】

『メアリー・ポピンズ』シリーズで知られる20世紀イギリスの児童文学作家および女優。タイピストの傍ら女優を目指し、1920年に舞台女優としてデビュー。1924年、オーストラリアからイギリスへ移住し作家へ転身し詩人デビュー。その後、小説や児童文学なども発表し、1934年に『風にのってきたメアリー・ポピンズ』を発表し世界的ヒット作となりシリーズ化。1964年、同作をディズニーが映画化。1977年、大英帝国勲章(OBE)を授与される。1996年4月23日に死去。没年96歳。

1998年
【死去】コンスタンディノス・カラマンリス(Konstantinos G. Karamanlis)【政治家/ギリシャ】

20世紀ギリシャの政治家で首相(1955年〜1963年・1974年〜1980年)および大統領(1980年〜1985年・1990年〜1995年)を務めた人物。弁護士を経て、1935年に保守政党人民党へ入党。翌年、国政選挙で当選。「第二次世界大戦」後、公共事業省大臣となり、1955年に首相へ就任、民族急進同盟設立。1963年、パウロス国王により首相を解任、左派政治家グリゴリス・ランブラキスが暗殺されるなど、右派との闘争が激化しフランスへ亡命。1967年、陸軍将校ゲオルギオス・パパドプロスらによるクーデターが勃発。1974年、軍事独裁政権が倒れ帰国後、再び首相に就任。同年、王制が廃止されギリシャ共和国が樹立すると保守政党新民主主義党(ND)を設立。1980年に首相を辞任、同年に大統領へ就任。その後、1990年に再び大統領へ選出され1995年まで務めた後、政界を引退。1998年4月23日に死去。没年91歳。

1998年
【死去】大泉滉【俳優】

ロシア人祖父を持つロシア・クォーターの個性派俳優。晩年は妻と共演し続けたテレビ番組『わてら陽気なオバタリアン』でのダメ亭主ぶりが印象的。没年73歳。

1998年
【獄中死】ジェームズ・アール・レイ(James Earl Ray)【殺人犯】

マーチン・ルーサー・キングJr.牧師暗殺の実行犯。その後も脱獄と逮捕を繰り返し、最終的には99年の刑務中にC型肝炎を原因とした腎不全で獄中死。没年70歳。

1999年
【死去】杉浦茂【漫画家】

『のらくろ』の田河水疱門下に学び、代表作『猿飛佐助』等で国民的人気を博した、昭和初期を代表するギャグ漫画家。腹膜炎で死亡、没年92歳。

2007年
【死去】ボリス・エリツィン【政治家・軍人/ロシア】

1991年にロシア連邦初代大統領に就任した人物。国際社会に打って出るも、チェチェン侵攻の失敗などで国政も不安定に。自らの後継に現プーチン大統領を指名して辞任。心臓疾患、多臓器不全で死去。没年76歳。

2012年
【交通事故死】「亀岡市登校中児童ら交通事故死事件」

京都府道402号王子並河線で無免許運転の少年(18歳)が通学中の小学生と保護者を轢き殺した事件。3人が死亡、7人が負傷した。運転していた少年は以前から無免許運転の常習者であり、この日は睡眠不足からの居眠り運転だった。少年には懲役5年以上9年以下の不定期刑が確定した。

2015年
【大量虐殺】「アルメニア人虐殺100周年」

2015年4月24日、各国からアルメニア人がトルコ・イスタンブールに集まり「アルメニア人虐殺」で亡くなったおよそ150万人のアルメニア人を追悼。虐殺から100周年とし、犠牲者を殉教者として列聖した。

2016年
【死去】山本功児【プロ野球選手・監督】

法政大学、本田技研鈴鹿を経て1975年にドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。一塁手、外野手として活躍したが、1984年に三宅宗源とのトレードでロッテ・オリオンズに移籍。同年にプロ入りして初めて規定打席に達し、一塁手としてゴールデングラブ賞を受賞する活躍を見せた(翌年も二年連続で受賞)。1988年にはコーチ兼任となり、そのシーズンで引退。そのままロッテでコーチを続け、二軍監督を経て1999年に一軍の監督に就任。2003年までの5年間千葉ロッテ・マリーンズを率いた。2004年からはジャイアンツにコーチとして復帰し、翌年の退任後は解説者、評論家として活動したが、2008年に慢性心不全を発症して以来、治療、静養に務めていたが、2016年4月23日に、北九州市内の自宅で肝臓ガンで死亡した。没年64歳。前年10月22日に行なわれたドラフト会議で、長男の山本武白志が横浜DeNAベイスターズの育成2位指名でプロ入りしたことを見届けての死であった。