ジュール・パスキン作『リュシー・クローグの肖像』

1930年6月5日は、1920年代のパリ・モンパルナスで華やかな活動をした画家、ジュール・パスキンが自殺した日である。
ブルガリア出身のパスキンであったが、ウィーン、ミュンヘンで学び、その後は第一次大戦を避けてアメリカに渡り市民となるなど、世界を股にかけて活躍した。
アメリカ生活の後にフランスに渡り、独特の柔らかい画風で瞬く間に人気画家となったが、都会での派手な生活の一方で、アルコール依存症と鬱病に苛まれていた。
自堕落な生活の中で、自らの友人の画家、ペル・クローグの妻であるリュシーと10年来の不倫関係となったが、その長きにわたる堕落生活のあまり別れることになった。
その直後の1930年6月5日、自宅の浴槽で手首を切り裂いた後に首を吊って自殺。ドアには自らの血で遺書が書き殴ってあり、「ADIEU LUCY(さようなら、リュシー)」と書かれていたとされる。
そして、パスキンの遺産は血でしたためられた彼の意向に沿って妻とリューシーとで分けられた。
刹那的な芸術家の急死とは思えない、愛情溢れる周到な最後であったともいえるだろう。

(画像はWikipedia Jules Pascinより)

6月5日の不幸

1017年
【死去】三条天皇【天皇】

一条天皇の後を受け1011年に即位した第67代天皇。視力を失ったことが原因で藤原道長らに退位を迫られ在位5年にも満たず退位し、その翌年に死亡した。没年41歳。

1910年
【死去】オー・ヘンリー(O. Henry)【小説家/アメリカ合衆国】

『最後の一葉』の作者として知られる中・短編作品の名手。1896年に以前の勤め先であるオハイオ銀行の預金を横領した疑いで起訴され、1898年に有罪判決が下った。懲役8年であったが、模範囚として3年で釈放され、服役期間に出版活動を開始し、釈放後に小説家として活躍するようになった。過度の飲酒癖を原因とした肝硬変で47歳没。

1930年
【自殺】ジュール・パスキン(Jules Pascin)【画家/ブルガリア・アメリカ合衆国】

1920年代のパリ・モンパルナスで華やかな活動をした画家。「パスキン」は、本名の「Julius Mordecai Pincas」のアナグラム。派手な生活の一方でアルコール依存症と鬱病に苛まれ、友人の画家、ペル・クローグの妻のリュシーと不倫関係となったが、堕落した生活のあまり別れることに。その直後の1930年6月5日、自宅の浴槽で手首を切り、さらに首を吊って自殺。ドアには自らの血で「ADIEU LUCY(さようなら、リュシー)」と書かれていたとされる。

1960年
【未解決事件】【大量殺人】「ボドム湖殺人事件」

フィンランドのボドム湖を訪れていた男女4人組の10代の若者が早朝にナイフで襲われ3名が死亡、他の1人も骨折などの重傷を負った事件。事件から12年後にその遺書で自白した人物や、KGB諜報員という容疑者も浮かんだが、警察はそれらを全て否定。事件発生から45年が経過した2004年に唯一の生還者であった当時18歳のニルス・ウィルヘルム・グスタファソンが友人を殺害した容疑で逮捕され、検察による再捜査の末にボドム湖の事件の犯人とされたが、自身の怪我の具合から判断して全ての容疑が取り消された。

1968年
【暗殺事件】「ロバート・ケネディ暗殺事件」

大統領選に出馬表明直後のロバート・ケネディ上院議員が、ロサンゼルスのミッドウィルシャーのアンバサダーホテル内のエンバシー・ルームで、演説中に銃撃される。被弾したのは3発で、数センチの至近距離から撃たれた弾丸が脳内に、残りは右腋下から腰、もう1発は首の裏でに命中した。すぐさま手術が行なわれたものの翌日死亡。犯人はヨルダン国籍のアラブ人キリスト教徒、サーハン・サーハンであった。

1983年
【水上事故】「アレクサンドル・スヴォーロフ号衝突事故」

ヴォルガ川、ドン川を運行するソ連の大型客船、アレクサンドル・スヴォーロフ号が、400人近くを乗せた1983年6月5日の運行で、ウリヤノフスク鉄道橋に衝突し、177人が死亡する大惨事となった。原因は操舵室にいたウラジミール・ミテンコフとウヴァーロフによる技術的ミスといわれている。なお、休憩中であった船長のクレイメノフは適切な事件後の処理ができなかったとして懲役10年の罪に。なお現在もアレクサンドル・スヴォーロフ号はロシアで運用されている。

2004年
【死去】ロナルド・レーガン(Ronald Wilson Reagan)【俳優・政治家/アメリカ合衆国】

俳優から政治家に転身しカリフォルニア州知事、そして第40代アメリカ合衆国大統領にまで登り詰めた人物。暗殺未遂事件も乗り越えながら、2期にわたる在任期間で冷戦のへ和的解決などの功績を残した。晩年はアルツハイマー病にかかっていることを自ら告白したことでも話題を呼んだ。アルツハイマー病の合併症の肺炎で93歳没。

2006年
【経済事件】「村上ファンド代表・村上世彰逮捕」

2006年6月5日11時に記者会見を行ない、過失であったもののインサイダー取引の容疑を全面的に認めた村上ファンド代表・村上世彰が、同日17時頃に、東京地検特捜部によって逮捕された。一連の取引で不当に得た利益は30億円といわれ、過去最高額のインサイダー取引といわれている。