『ジェーン・マンスフィールド主演映画「Promises! Promises!」の宣伝ポスター」

1967年6月29日は、1950年代にセックス・アイコンとして活躍した女優、ジェーン・マンスフィールドが、34歳で交通事故死した日である。
舞台女優から映画女優に進出し、金髪とグラマラスな体でセクシーな役どころで人気を博したマンスフィールドは、同時期に活躍したマリリン・モンローのように“金髪女は頭が弱い”というような偏見を表わす代名詞的存在であったが、高いIQと5カ国語を操る言語能力を持つ、極めて聡明な人物であったといわれ、そのイメージを払拭するような意欲的な作品にも数多く出演していた。しかし、求められるのは“従来の金髪女的な”演技ばかりであり、女優としての人気絶頂期を過ぎた30代頃になると、彼女が望むような作品からのオファーはやってこなくなった。
そして人生の晩年(といっても30代前半であるが)に、そのイメージを決定づける作品への出演が決定する。
その作品、1963年公開の映画『Promises! Promises!』でマンスフィールドはハリウッド製作で初めてフル・ヌードのシーンを演じ、オハイオ州で公開禁止となるなど議論を呼んだが、映画自体は爆発的な興行収益を上げる作品となったのだ。
果たして、そのポルノスターとしての大ヒットが彼女にとっての《幸》か《不幸》かはわからないが、その作品からたった4年後の1967年6月29日に、家族と恋人と同乗した車で大型トレーラーに激突。後部座席の子供たちはその命を取り留めたが、前の座席に座るマンスフィールドとその恋人は即死した。

(画像はWikipedia Jayne Mansfieldより。Public Domain)

6月29日の不幸

1697年
【交通事故死】【夭折】ジェーン・マンスフィールド(Jayne Mansfield)【女優・モデル/アメリカ合衆国】

舞台女優から映画女優に進出し、同時期に活躍したマリリン・モンロー同様、金髪とグラマラスな体で1950年代のセックスアイコンとなったひとり。『The Girl Can't Help It(女はそれを我慢できない)』(1956年)等多くのヒット作に恵まれた意欲的な作品にも数多く出演していた。963年公開の映画『Promises! Promises!』でマンスフィールドはハリウッド製作で初めてフル・ヌードのシーンを演じ、オハイオ州で公開禁止となるなど議論を呼び、同時に『PLAYBOY』誌でヌードグラビアを掲載し社会的な話題となった。私生活ではケネディ兄弟を始め数多くの著名人と交際するなど、奔放な異性関係で知られ、3回の結婚で5人の子供を設けた。4年後の1967年6月29日に、家族と恋人と同乗した車で大型トレーラーに激突。後部座席の子供たちはその命を取り留めたが、前の座席に座るマンスフィールドとその恋人は即死した。没年34歳。

1903年
【夭折】滝廉太郎【作曲家】

明治時代に日本人オリジナルの作曲をいち早く手がけたクラシックの作曲家。代表曲『荒城の月』『お正月』『雪やこんこん』等で幅広い年齢層に親しまれた。ドイツのベルリンに留学したが、5カ月後に肺結核が発症し帰国。帰国後は父の故郷である大分で療養したが23歳で夭折した。結核の伝染を考慮し、死後多くの作品が焼却されたという。

1941年
【死去】イグナツィ・パデレフスキ(Ignacy Jan Paderewski)【ピアニスト・作曲家・政治家/ポーランド】

1980年末から1990年代前半にかけて、パリ、ロンドン、アメリカで絶大な成功を収めた天才ピアニストであり、演奏活動をしなくなった1900年以降は政治活動に身を投じ、第一次世界大戦後の新生ポーランド政府において、ポーランド第二共和制第3代首相兼外務大臣となった人物。1922年に政治活動を引退した演奏活動に戻ったが、1940年にポーランド国家評議会なるポーランド亡命政府の指導者として復帰。演奏活動でその活動資金を得ていたが、公演先のニューヨークで死亡した。80歳没。

1967年
【死去】プリモ・カルネラ(Primo Carnera)【プロボクサ/イタリア】

205センチ120キロという巨体を活かし、1934年に世界ヘビー級王座を獲得したイタリア人ボクサー。2004年のニコライ・ワルーエフによる王座獲得まで、長きにわたり最重量の世界チャンピオンとして知られた。1941年からはプロレスラーに転身しNWAなどに参戦、ルー・テーズとしのぎを削るなどして米マットで活躍し、ヨーロッパ、日本にも転戦、力道山とも対戦をした。ハンフリー・ボガード主演の映画『殴られる男』の原作、バッド・シュールバーグの小説のモデルとなった人物としても知られている。糖尿病の合併症による肝臓病で死去。没年60歳。

2003年
【死去】キャサリン・ヘプバーン【女優/アメリカ合衆国】

『Morning Glory(勝利の朝)』(1933年)、『Guess Who's Coming to Dinner(招かれざる客)』(1967年)、『The Lion in Winter(冬のライオン)』(1968年)、そして『On Golden Pond(黄昏)』(1981年)で史上唯一の4度のアカデミー賞主演女優賞を獲得した20世紀のアメリカを代表する演技派女優。1962年の『Long Day's Journey Into Night(夜への長い旅路)』では同年のカンヌ国際映画祭女優賞も獲得している。老衰のため93歳没。

2009年
【死去】エドワード・ヤン(楊德昌/Edward Yang)【映画監督/台湾】

上海で生まれ、台湾に移住。アメリカ留学から帰国後映画監督として活動し、『獨立時代(エドワード・ヤンの恋愛時代)』『麻將(カップルズ)』等の代表作で侯孝賢とともに台湾ニューシネマの旗手といわれた。2000年の『一一(ヤンヤン 夏の想い出)』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。そのあたりからガンを発症し、療養を続けたが2007年6月29日、アメリカ・ビバリーヒルズの自宅にて結腸ガンの合併症で死亡没年59歳。

2012年
【死去】地井武男【俳優】『北の国から』『太陽にほえろ!』『時間ですよ』等、数多くのテレビドラマで活躍した名脇役。晩年はその趣味を活かし『ちい散歩』なる内容は"ただ散歩するだけ"というテレビ的に画期的な看板組を得て、お茶の間の人気者となった。2012年1月に心臓疾患で入院後は休養、その約半年後に死不全で死亡した。没年70歳。