『1967年の映画「Valley of the Dolls」の宣伝スチールに写るシャロン・テート』

1969年8月9日は、アメリカの女優、シャロン・テートが、カルト教団「マンソン・ファミリー」のグループに惨殺された日である。
当時世間を賑わせていたカルト指導者、チャールズ・マンソンは、事件当時にシャロン・テートの住んでいた邸宅の前の住人であった音楽プロデューサー、テリー・メルチャーにレコードデビューを断られたことに腹を立て、その報復としてメルチャーの殺害をファミリーに指示。
指令を受けたスーザン・アトキンスと2人の構成員が、自宅にいたシャロン・テートの腹部16カ所を滅多刺しに。
シャロンは、前年の1968年に映画監督のロマン・ポランスキーと結婚し、その子を妊娠していた幸せの絶頂ともいえるその時期に、親子ともに刺殺されたのである。
ちなみに、妻と息子を同時に失った悲劇を乗り越えたポランスキーは『戦場のピアニスト』で20002年のカンヌ映画祭パルムドールを受賞するなど監督として大成したが、当時13歳の子役への強姦疑惑で国外逃亡・亡命を余儀なくされ、近年も多くの性的虐待の被害が女優などから続出している。
主犯のスーザン・アトキンスと指令を出したチャールズ・マンソンはともに終身刑となり、獄中死している。
この殺人事件に関わった人物はそれぞれの“不幸”を世界に披露し続けており、「シャロン・テート殺人事件」の衝撃は今もなお鮮明なままである。

(写真はWikipedia Sharon Tateより使用 Public Domain)

8月9日の不幸

1937年
【政治事件】「大山事件」

1937年8月9日に発生した上海海軍特別陸戦隊中隊長・大山勇夫海軍中尉と斎藤與蔵一等水兵が当時の中国・虹橋空港周辺の国際的な自由通行路で殺害された事件。銃を携帯していなかった大山が30発以上の銃弾を全身に受けた後、頭部や腹部が刃物などで損傷していること、貴重品も奪われていることなどから日本側は中国保安隊(平和維持部隊)の隊員が待ち伏せをし奇襲を行なったと断定。中国側は虹橋飛行場へ大山と斉藤が進入しようとしたところ、中国保安隊が阻止するも日本側が発砲したため銃撃戦となり両名が死亡したと報道している。この事件をきっかけに「第二次上海事変」が勃発した。

1945年
【戦争】【第二次世界大戦】「長崎への原爆投下」 1945年8月9日は第二次世界大戦でアメリカ軍が長崎に原子力爆弾を落とした日である。 7日の広島に続き、当時の長崎市の人口およそ24万人中約7万4千人が死亡したといわれている。その爆弾の威力は単純計算で広島に落とされたものの1.5倍であったといわれ、山に囲まれた長崎でなければ、被害はさらに甚大であったと予想されている。
1962年
【死去】ヘルマン・ヘッセ(Hermann Karl Hesse)【小説家・詩人/ドイツ・スイス】

20世紀に活躍したスイスの小説家・詩人。1904年に『Peter Camenzind(郷愁)』で小説家デビュー、1906年に代表作のひとつ『Unterm Rad(車輪の下)』を出版。1912年にスイスに移り、第一次大戦中はドイツ人捕虜救援局などで勤務。この第一次大戦時の経験から『Demian: Die Geschichte von Emil Sinclairs Jugend(デミアン)』を1919年に出版。1924年にスイスに帰化。1946年、ノーベル文学賞とゲーテ賞を受賞し、生まれ故郷であるドイツ・カレフ市の名誉市民となる。1962年8月9日、脳出血により死去。没年85歳。

1969年
【夭折】【猟奇殺人】【無差別殺人】【宗教事件】シャロン・テート(Sharon Tate)【女優/アメリカ合衆国】

1961年にデビュー以来、映画・テレビドラマで活躍し、将来を嘱望されていたアメリカの女優。1967年の映画『吸血鬼』で共演したことがきっかけとなり1968年に映画監督のロマン・ポランスキーと結婚。すぐさまその子を身籠もるが、妊娠8カ月でチャールズ・マンソンの狂信者に母子ともに滅多刺しで刺殺された。没年26歳。

1975年
【死去】ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)【作曲家/ロシア】

20世紀を代表する作曲家のひとりで交響曲の大家として知られる人物。1919年にレニングラード音楽院(現・ペテルブルク音楽院)に入学、卒業作品として発表した『交響曲第1番』が世界的に注目を集める。卒業後から1930年代前半にかけては主に舞台音楽を作曲し、歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』では代表曲のひとつ『交響曲第5番』を発表。1930年代後半から1940年代前半では交響曲・室内楽曲を数多く。この時期の代表曲には『ピアノ五重奏曲』や交響曲第7番『レニングラード』などがある。その後も精力的に作曲を続け『弦楽四重奏曲第8番』『交響曲第13番』などを発表。死の1カ月前まで作曲を続け、遺作『ヴィオラソナタ』を作曲後の1975年8月9日、肺ガンにより死亡した。没年68歳。

1995年
【死去】ジェリー・ガルシア("Jerry" Garcia)【ミュージシャン/アメリカ合衆国】

アメリカの国民的人気バンド、グレイトフル・デッドの中心人物、ギタリスト。右手中指を幼少期の事故で失ったことでも知られている。晩年は糖尿病に苦しんだが、長年薬物中毒も患っており、そのリハビリ施設入院中に心臓発作で死亡。没年53歳。

1999年
【死去】ジャッキー佐藤【女子プロレスラー】 上田マキとのビューティ・ペアで活躍。『かけめぐる青春』等のヒット曲も飛ばし、社会的にも女子プロレスブームを起こした。胃ガンで41歳没。
2003年
【急死】沢たまき【タレント・政治家】

歌手としてデビューし、ヒット曲に『ベッドで煙草を吸わないで』等。その他代表作にドラマ『プレイガール』等。晩年は創価学会信者ということもあり公明党から出馬し、参議院議員に。議員宿舎での入浴中、虚血性心不全により急逝。没年66歳。

2004年
【原発事故】「2004年蒸気噴出事故」

2004年8月9日、運転中の美浜発電所3号機の二次冷却系の配管が第4低圧給水加熱器と脱気器との途中で破裂、冷却水が大量に漏れ出し高温の蒸気が発生した。この事故により配管室にいた11人の作業員中、5人が熱傷のため死亡、6人が重軽傷を負うこととなった。これは運転中の原発が起こした国内初の死亡事故となり、原発事故史上初の「重大災害対策本部」が置かれる事態となった。

2006年
【テロ】「ロンドン旅客機爆破テロ未遂事件」

2006年8月9日、イギリスからアメリカへ向かう複数の旅客機から爆破物を発見。およそ10機から発見され、大規模なテロが計画されていたが未遂に終わった。この事件によりアルカーイダに関与していたとみられる24人を逮捕。うち22人がパキスタン系イギリス人であった。

2006年
【夭折】森千夏【陸上競技選手】

女子砲丸投げのアテネオリンピック日本代表として知られている人物。虫垂ガンで26歳没。

2008年
【死去】バーニー・マック(Bernie Mac)【俳優・コメディアン/アメリカ合衆国】

1990年代から活躍したアメリカのコメディアン・俳優。1976年からコメディアンとして活動を始め、1989年に新人コメディアンの登竜門「ミラー・ライト・コメディ・サーチ」で優勝。1992年から俳優としてデビューし、映画『オーシャンズ11』(1992年)や『キング・オブ・コメディ』(2000年)に出演している。2008年7月に肺炎のため入院、翌月の8月9日に急死した。没年50歳。

2009年
【急逝】茉莉花勇/Jasmine You【ミュージシャン】

ヴィジュアル系メタルバンド「Versailles(ヴェルサイユ)」のベース。2007年頃から「Versailles(ヴェルサイユ)」のメンバーとして活動を始め、2009年にメジャーデビューをするも体調を崩し、同年8月9日に急逝。推定没年歳30歳。死因は非公表となっている。

2009年
【事故死】【夭折】トーマス・クノッパー(Thomas Knopper)【レーシングドライバー/オランダ】

2004年にROTAX Jr Max欧州選手権王者を獲得したレーシングドライバー。2009年に参戦したドイツ国内選手権 (DKM) でスタート直後に他のカートとクラッシュ。コックピットから投げ出され首の骨を折り死亡。没年19歳。