『マーク・ポドウェル作『ミュンヘン虐殺』(図案中央)と、その事件の実行犯』

1972年9月5日は、ミュンヘン・オリンピック開催期間中にイスラエル選手団と関係者がパレスチナの武装組織「黒い九月」に人質に取られ虐殺されたテロ「ミュンヘン虐殺」が発生した日である。
8月26日から開催されていたミュンヘン・オリンピックの選手村に、5日早朝4時頃に忍び込んだ黒い九月の8人はユダヤ系アメリカ人選手ユセフ・ロマーノとレスリングコーチのモシェ・ワインバーグを射殺し、他9人を人質に立て籠もりを開始。
宿舎から発表されたその要求はイスラエルに収監されているパレスチナ人234人の9時までの解放であった。
しかしイスラエル側は即座にその要求を拒否。さらにイスラエル国防軍部隊に拠る武力行使を申し出たが、西ドイツは自国での解決を決断しそれを拒否。
立て籠もり犯と交渉をしながら引き延ばし、翌日深夜に突入作戦を敢行したが、西ドイツ警察側にテロ対策への経験が欠けていたこともあり、結果的には人質9人全員(1人が選手で残りはコーチら)と警官1人が死亡するという最悪の結果となった。
犯人側は5人が死亡、残る3人は拘束されたが、この実行犯は同年10月29日に発生する「ルフトハンザ航空615便ハイジャック事件」の結果解放される。
オリンピックは事件発生以降5日は中止されていたが、アベリー・ブランデージIOC会長は翌6日からの開催を強行。
イスラエルは8日からPLOへの空爆を開始するなど、まさに“平和の祭典”どころではない惨劇が続いた。
2020年に東京オリンピックを待ち受けている日本であるが、あらゆる意味で1972年ミュンヘン・オリンピックに起きたこの《悲劇》のことは記憶すべきであろう。

(写真はWikipedia Munich massacreより使用)

9月5日の不幸

1906年
【自殺】ルートヴィッヒ・ボルツマン(Ludwig Eduard Boltzmann)【物理学者/オーストリア】

19世紀のオーストリアの物理学者で統計力学において大きな功績を残した人物。大学で博士号を取得した後、1867年に物理学者ヨーゼフ・シュテファンの助手を経て、1869年にグラーツ大学の数理物理学助教授に就任。1877年、気体分子運動論を研究し後に『ボルツマンの原理』と呼ばれる論文を発表。1876年、同大学の実験物理学教授へ。1844年に『シュテファン=ボルツマンの法則』を発表。1887年、同大学学長に就任後、ミュンヘン、ウィーンといった各大学の教授に次々と就任。晩年は他の学者との論争や対立といったことから双極性障害を患い、1906年9月5日に首吊り自殺。没年62歳。

1970年
【競技中事故死】【夭逝】ヨッヘン・リント(Karl Jochen Rindt)【レーシングドライバー/オーストリア】

1960年代から1970年にかけて活躍した"タイガー"の異名を持つ、オーストリアのF−1ドライバー。死後にF−1ドライバーズチャンピオンとなった。1961年にドイツGPを観戦したことでレーサーになることを決意。F−2での活躍を経て1964年に「オーストリアGP」でF−1にスポット参戦。翌年、クーパー・カー・カンパニーからレーサーとして本格的にデビューし、同年「ル・マン24時間レース」で優勝。1969年にロータスへ移籍し「アメリカGP」で優勝。1970年、チームのエースドライバーへ昇格し「モナコGP」「ドイツGP」と連勝を重ねていたが、同年9月5日、「イタリアGP」でガードレールに激突し死亡した。このシーズンでリントはポイントリーダーであったため死後チャンピオンへ。没年28歳。

1972年
【オリンピック】【テロ】【大量殺人】「ミュンヘンオリンピック事件」

ミュンヘンオリンピックの選手村にパレスチナゲリラ「黒い九月」が侵入しがイスラエル選手団、コーチ、審判員11人を殺害。警官1名と犯行グループ5人を含む17人が死亡。イスラエルに収監されているパレスチナ人234人の解放が目的だった。

1977年
【死去】吉田竜夫【アニメーター・実業家・漫画家】

漫画家、アニメ原作者およびアニメ製作会社タツノコプロの創設者・初代社長として知られる人物。1954年頃から挿絵画家、絵物語作家として活動を始める。その後漫画家として、1955年に梶原一騎原作『鉄腕力也』でデビュー。1962年、アニメ制作会社タツノコプロを設立、初代社長に就任。以後、『マッハGoGoGo』『昆虫物語 みなしごハッチ』など多くのアニメを制作。1971年に第17回小学館漫画賞を受賞。1977年9月5日、肝臓ガンにより死去。遺作となった『ヤッターマン』などには没後も製作者としてクレジットされた。没年45歳。

1981年
【詐欺事件】「三和銀行オンライン詐欺事件」

1981年3月25日、三和銀行茨木支店の従業員であった伊藤素子(当時32歳)がオンライン端末を不正操作し、合計1億8千万円の架空入金を行なった巨額の詐欺事件で事件は1981年9月5日に発覚した。伊藤は当時恋人であった南敏之に金を渡すため、開店時に同支店のコンピュータ端末からオンラインで大阪・東京の同銀行4支店に開設した架空名義口座へ入金。その後、伊藤は歯痛を理由に早退し、そのままフィリピン・マニラに逃亡。国際指名手配となり、同月8日に身柄を拘束。強制送還後、逮捕され1982年7月に懲役2年6カ月の実刑判決となった。また、金を受け取った南へは懲役5年の実刑判決が下った。この事件は、小説やドラマのモデルにもなったほか、拘束中のマスコミへのインタビューで伊藤が「好きな人のためにやりました」と応え、当時の流行語となった。

1996年
【急死】山村美紗【小説家】日本を代表する推理小説作家として、大学生時代、教員時代を過ごした京都を舞台にした数多くの作品を残した。テレビドラマ原作になったものも多く、その場合、娘の山村紅葉が出演していることが定番となっている。同じく推理小説の大家である西村京太郎との公私にわたる交際で知られ、心不全で急逝した際に書いていた『在原業平殺人事件』『龍野武者行列殺人事件』の2作を西村が完成させている。没年62歳。
1997年
【死去】マザー・テレサ(Mother Teresa)【修道女/アルバニア】

修道会「神の愛の宣教者会」を創立したカトリック教会の修道女者にして、カトリックの聖人。1979年にノーベル平和賞を受賞。その生涯を通じての貧しい人々を救うための献身的な慈善活動で知られた。晩年はマラリアをわずらい、87歳没。その死後、1998年にインド人女性モニカ・ベスラの腹部腫瘍の治癒、2008年にブラジル人男性の脳腫瘍を回復したことにより、マザー・テレサの起こした奇跡と認定。ローマ教皇フランシスコにより聖人と認定された。

2003年
【死去】青木雄二【元漫画家・評論家】大阪のマチ金、消費者金融を舞台にし、総計1600万部を売り上げた大ヒット漫画『ナニワ金融道』の作者。肺ガンで58歳没。
2005年
【航空事故】「マンダラ航空091便墜落事故」

2005年9月5日、メダン・ポロニア国際空港発ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港行きのマンダラ航空901便(ボーイング737-230)が離陸に失敗し、滑走路をオーバーラン。そのままインドネシア北スマトラ州メダンの空港近隣に墜落し、現地の建物や住人にまで多大な被害を及ぼした。その結果、機内の乗員乗客112人中の100人が死亡。さらに地上にいた住民の49
人が死亡し、合計149人の死者を出す大事故となった。事故原因は事前点検の不備によるパイロット技術的なミスとされている。

2008年
【死去】ミラ・ショーン(Maria Carmen Nutrizio Schon)【ファッション・デザイナー/イタリア】

20世紀に活躍したイタリアを代表するファッション・デザイナーのひとり。クロアチアの貴族の家系に産まれ、1958年に洋裁店を設立しファッション業界へ。1965年、フィレンツェで初のオートクチュールコレクション開催。1992年、バルセロナオリンピックのイタリア・サッカーナショナルチームのユニフォームデザインを担当。2002年からミラノ・ファッションウィークに作品を発表。2008年9月5日、ガンにより死去。没年89歳。

2010年
【競技中事故死】【夭逝】富沢祥也【オートバイレーサー】

2000年代に活躍したオートバイレーサー。1994年からポケバイを始め、2001年にミニバイクレースへ転向。2006年、全日本ロードレース選手権でデビューし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。2009年にCIP Moto-GP250からロードレース世界選手権でフル参戦へ。2010年9月5日、サンマリノGPに参戦中に転倒し事故死。没年19歳。

2015年
【死去】 原節子【女優】世界的映画監督、小津安二郎の作品に出演し続けたミューズとして知られる昭和の大女優。黒澤明など様々な有名監督の仕事で知られる昭和を代表する大女優の原ではあるが、やはり小津安二郎作品の印象が強く、1953年に公開された小津の代表作『東京物語』『晩春』他6本もの作品にメインキャストとして出演。1963年に小津が死去してからは、表舞台から消え、43歳という若さで事実上の引退をした。肺炎で95歳没。
2017年
【死去】ホルガー・シューカイ(Holger Czukay)【ミュージシャン/ドイツ】

ドイツのミュージシャンでバンド「Can」の元メンバー。1963年からドイツの作曲家カールハインツ・シュトックハウゼンに師事し、1968年に「Can」を結成。バンドではベースを担当、作曲も行なっており『Tago Mago』(1971年)、『Ege Bamyasi』(1972年)などのアルバムを発表。1979年に解散するまで参加し、その後はソロ活動などを続け、デヴィッド・シルヴィアンとのコラボや「POLYSICS」のリミックスなども行なう。2017年9月5日、ドイツのスタジオで死去、死因は未だ不明。没年79歳。