『山口百恵の『さよならの向う側』のレコードジャケット』

1980年10月5日は、当時のトップ歌手として活躍していた歌手の山口百恵が最後のコンサートをもって芸能界から引退した日である。
1972年にオーディション番組『スター誕生!』で準優勝し芸能界入り。翌1973年に映画『としごろ』に主演し歌手としてもデビュー。以来、森昌子・桜田淳子との「花の中三トリオ」でアイドル的な人気を博した。その後『青い果実』や『ひと夏の経験』等、10代のアイドル歌手が歌うには過激な歌詞のヒット曲を連発し、瞬く間にトップ歌手に上り詰めた。一方、女優としても『伊豆の踊子』等の人気作品に主演し続け、その多くで共演していた若手俳優・三浦友和との結婚を1979年10月20日に開催された自らのコンサートのステージで発表した際には社会問題にまで発展するほどの衝撃を与えた。そして1980年10月5日、三浦との結婚を理由にファイナルコンサートに臨んだ山口は、満場のファンに「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」と言い残した後に、最後の曲『さよならの向う側』を歌い終えると、ステージにマイクを置き、歌手としての“永遠の眠り”についたのだった。その後ゴシップ誌などに私生活を盗撮されることでメディアに登場することはあれど、一度たりとも公の場に出てくることもない、主婦としての人生を歩み続けている。簡易な引退や復帰の横行する芸能界にあっても、山口百恵ほど絶頂期に断固とした引退をした人物もそう多くない。その断固とした決意が、歌手・山口百恵の死を、今もひときわ眩しく光らせ続けているのだ。

(写真は山口百恵のレコード『さよならの向う側』1980年8月21日発売/CBSソニー)

10月5日の不幸

1934年
【夭折】ジャン・ヴィゴ(Jean Vigo)【映画監督/フランス】

1930年台に4本の映画作品しか発表していないが、そのうちの2本の劇映画『新学期・操行ゼロ』『アタラント号』でフランス映画史にその名を残す天才監督。特に『新学期・操行ゼロ』はフランス当局を刺激する徹底的な反権力描写により死後の1945年11月まで上映禁止処分となった問題作であるが、その作風は後の1950代末期からのフランス・ヌーヴェルヴァーグ作家たちに絶大な影響を与えた。結核により29歳没。その死後の1953年より、彼の功績にちなみ若手作家に与えられる「ジャン・ヴィゴ賞」がフランスで設立された。

1951年
【死去】小平浪平【実業家・電気技術者】

東京帝国大学工科大学電気工学科(現東京大学工学部)を卒業後、藤田組小坂鉱山に電気主任技術者として発電所開発に携わり、その後広島水力電気株式会社、東京電燈株式会社(現東京電力)を経て久原鉱業所日立鉱山入社。そこでの国産初の5馬力電動機の設計を機に、1910年に日立製作所を創業した人物。終戦直後の1947年に戦中は軍需工場でもあったために日立製作所の役員は社長の小平を始め全員公職追放となったが、1951年の追放解除で、同社の相談役に就任した。狭心症で77歳没。

1955年
【死去】河合小市【実業家・ピアノ製造技師】

山葉風琴製造所(現ヤマハ)で国産ピアノ開発に参加しその後独立。1927年に河合楽器を創業した人物。「自在アクション」とよばれる新型アクションを開発するなど新技術の発明家として知られ、"発明小市"と呼ばれた技術者でもあった。1955年10月5日に死亡。没年70歳。

1980年
【現役引退】「山口百恵引退」

1973年にデビューし国民的な人気を誇ったアイドル・歌手・女優の山口百恵がこの日日本武道館で行なわれたァイナルコンサートで芸能活動を引退。俳優の三浦友和との結婚がその理由であった。最後の曲『さよならの向う側』の後にステージにマイクを置いたシーンは今も語りぐさとなっている。

2008年
【死去】緒形拳【俳優】

新国劇入団後の1960年に映画『遠い一つの道』で主役デビュー。その後の1965年にNHK大河ドラマ『太閤記』の主役を務め、若くして全国的な人気俳優に駆け上がった人物。その後も数々の作品で存在感を発揮し、主演映画では『鬼畜』や今村昌平監督の代表作『復讐するは我にあり』『楢山節考』等、テレビドラマでは『必殺仕掛人』シリーズの藤枝梅安役で印象的な演技を披露した私生活では2000年頃より慢性肝炎、肝硬変を患い、2003年頃からは肝ガンに進行していたが、病気は公表せずに治療をしながら晩年まで俳優活動を続けてた。2008年9月30日には最後の出演作となったドラマ『風のガーデン』の制作発表に出席していたが、翌月10月4日に容態が急変し肝臓破裂を発症。そのまま翌日死亡した。没年71歳。長年の貢献から死後の2008年10月31日に旭日小綬章の授与が閣議決定された。実子にともに俳優の緒形幹太、緒形直人がいる。

2011年
【死去】スティーブ・ジョブズ(Steven Paul "Steve" Jobs)【実業家/アメリカ合衆国】

アップルコンピューター共同創業者・同社前CEO。既成のパソコンの概念を打ち破る半透明の一体型PC「iMac」、そしての2007年には世界中の人々の生活を一変させる世紀の商品「iPhone」を世に送り出し、その経営者としての強固かつ独特な視点を知らしめた。膵臓ガンで56歳没。

2013年
【事故死】桜塚やっくん【芸人・タレント・ミュージシャン】

少年期よりジャニーズJr.として活動後、竹内幸輔とのコンビ「あばれヌンチャク」でお笑い芸人デビュー。2005年に解散後、ピン芸人に。2003年より放送開始された『エンタの神様』で披露したスケバン恐子なる女装キャラクター漫談で同番組の看板となり、一時期は爆発的な人気を誇った。ブレイク後はタレント、ミュージシャンとしても活動していたが、2013年10月5日、翌日に熊本県荒尾市で行なわれる予定だったバンド「美女♂men Z」のイベント出演に向かう途中の中国自動車道・伊佐パーキングエリア付近で中央分離帯に突っ込むという事故を起こした。その深夜の事故当時、桜塚は自ら運転手を務めており、路上に投げ出されたところを後続車に撥ねられての悲劇であった。すぐさま病院に搬送されたが、心臓破裂で死亡した。没年37歳。