『1946年の復活メーデーで演説をする徳田球一(写真左)と徳田の遺骨とともに北京から戻った志賀義雄と徳田の妻たつ』

1953年10月14日は、戦前戦後の共産党員であり、戦後最初の日本共産党書記長、徳田球一が亡命先の北京で密かに死んでいた日である。
1928年3月15日に起きた大日本帝国政府による共産主義者弾圧「三・一五事件」の先がけ的に治安維持法違反で逮捕された徳田は、以来、18年もの間、投獄され続けることになる。
終戦後の10月10日にフランス人ジャーナリストのロベール・ギランの協力で解放されると、日本共産党を再建しその書記長に就任。
野坂参三とともに衆議院議員に当選するなどして活躍したが、「徳田要請問題」を機に公職追放、逮捕状請求となったために1950年に中国へ亡命。
現地で北京機関なる組織を結成して、地下放送「自由日本放送」等を駆使し、中国から日本共産党の武装闘争を指揮した。しかし、1952年には意識不明のために入院し、その翌年には脳細胞血管の痙攣で死亡していた。
日本にその死が知らされたのは2年後の1955年。
9月13日に北京で行われた追悼集会に3万人を集めた後に、その遺骨は9月17日に羽田空港へと帰還したのだった。
死して2年もの間その死が隠され続けた徳田。
その最期も、政治闘争に明け暮れた活動家らしい、極めてスリリングな幕引きであったといえるだろう。

(画像はWikipedia 徳田球一より使用。Public Domain)

10月14日の不幸

1066年
【戦死】ハロルド2世(Harold II)【王族/イングランド】

11世紀イングランドで最後のアングロ・サクソン系イングランド王(1066年)となった人物。アングロ・サクソン系の王族ウェセックス伯ゴドウィンの息子として生まれ、1066年にイングランド王に即位。即位後、権力争いから同年9月に「スタンフォード・ブリッジの戦い」が勃発。同年10月14日「ヘイスティングズの戦い」でノルマンディー公ギヨーム2世に敗れ戦死。没年44歳。

1318年
【戦死】エドワード・ブルース(Edward Bruce)【王族/スコットランド】

13世紀スコットランドでアイルランド上王(1315年〜1318年)およびキャリック伯として知られる人物。兄はスコットランド王ロバート1世。兄ロバートのスコットランド王即位を支援しロバートが即位後の1315年に自身はアイルランド上王へ即位。1318年10月14日「フォーガルドの戦い」でイングランド軍に敗北し戦死。推定没年齢38歳。

1836年
【死去】最上徳内【探検家・江戸幕府幕臣】

江戸時代中後期の探検家および江戸幕府幕臣で主に蝦夷地調査で知られる人物。1781年に出羽国から江戸へ向かい幕府の医官・山田図南の家樸となって奉公をしながら医術や数学を学ぶ。1784年に数学者・本多利明の音羽塾へ入門し天文学や測量を学ぶ。1785年に本多利明が蝦夷地調査団・東蝦夷地検分隊への随行者となるも病であったため徳内が代役に。その後、蝦夷地での活躍が認められ、1786年に単身で国後島・択捉島・得撫島を調査しアイヌやロシア人と交流。1789年に蝦夷地でアイヌによる「クナシリ・メナシの戦い」が勃発したため蝦夷へ派遣され、その後西蝦夷・東蝦夷を調査し江戸へ帰るもアイヌ人との交流を問題視され投獄される。1790年に釈放され普請役となり蝦夷地へ派遣される。同年に地誌『蝦夷草紙』を発表。1792年に樺太調査へ派遣され樺太の地理的調査を行なう。同年に伊勢国の船頭・大黒屋光太夫ら日本人漂流民一行返還のため訪れたロシア使節アダム・ラクスマンらと出会う。1793年に川船役所への出仕を命じられ、関東地方の河川を調査し水系地図を作成し山林御用に。1798年に7度目の蝦夷地調査を行ない、択捉島に「大日本恵登呂府」の標柱を立てる。同年に道路掛となり、1804年に再び山林御用に。1805年に8度目の蝦夷地調査へ向かい、翌年に三陸海岸を調査。1808年に樺太詰となり樺太を調査。同年にアイヌの生活を記した『渡島筆記』を発表。1836年10月14日に死去。推定没年齢82歳。

1925年
【死去】ユージン・サンドウ(Eugen Sandow)【ボディビルダー・スタントマン・実業家/ドイツ】

“近代ボディビルの父”と呼ばれる19世紀ドイツのボディビルダーであり、実業家。少年時代にギリシャ・ローマ彫刻の戦士や英雄の肉体へ憧れ肉体を改造。1886年頃から怪力スタントマンとしてパフォーマンスを行ない、アメリカの舞台演出家フローレンツ・ジーグフェルドに見い出され興行へ出演。ヨーロッパ公演後の1893年にアメリカへ渡り「世界コロンビア博覧会」へ出演。以降、ボディビルダーとして活躍しながら鍛錬器具や健康食品の販売、トレーニング・システムの開発、フィジカル・カルチャー・スタジオの開設など多くの事業を展開。1901年にイギリス・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、世界初のボディビル・コンテスト「グレート・コンペティション」を開催。1925年10月14日に梅毒で死去。没年58歳。

1944年
【自殺】エルヴィン・ロンメル(Erwin Johannes Eugen Rommel)【軍人・映画監督/ドイツ】

“砂漠の狐”の異名を持ち“ナポレオン以来の戦術家”と評された20世紀ドイツの陸軍軍人。1910年にドイツ帝国陸軍に下級士官候補生として入隊し、1911年に王立士官学校へ進学。1912年に少尉となり1914年に野戦砲兵連隊へ転属される。「第一次世界大戦」が勃発すると歩兵連隊に復帰し小隊長に就任。1915年に中隊長に就任、フランス軍との戦いが評価され中隊長では初の一級鉄十字章を授与される。同年に中尉に昇進しヴュルテンベルク山岳兵大隊へ転属となる。1916年からルーマニア軍と戦闘を開始、腕を負傷したため1917年にドイツへ戻ることに。同年にイタリア戦線に動員され岳兵大隊へ復帰、任務部隊司令官に。1917年にイタリア軍との戦闘が評価されプール・ル・メリット勲章を授与される。翌年に参謀として司令部へ配属され1918年に大尉へ昇進。1918年に「ドイツ革命」が起こり第一次世界大戦が終結、同年に歩兵連隊へ再配属され翌年に国内保安中隊指揮官へ就任。同年にヴァイマル共和国が樹立し同国の陸軍将校となる。1929年にドレスデン歩兵学校の教官へ就任。1933年にナチス政権下となると少佐へ昇進し歩兵連隊大隊長に。1935年に中佐へ昇進しポツダム歩兵学校教官に就任。翌年に総統護衛大隊指揮官となる。1937年に指南書『歩兵攻撃』を出版し同書はベストセラーに。同年に国防省連絡将校となり大佐へ昇進。1938年に総統護衛大隊隊長およびヴィーナー・ノイシュタット士官学校校長に就任。1939年に少将へ昇進し総統大本営管理部長に就任。「第二次世界大戦」が起こると装甲師団長に就任。1940年に師団長としてフランス戦初の騎士鉄十字章を受章。同年に映画『西方における勝利』で監督および出演。1941年には中将へ昇進しドイツアフリカ軍団軍団長、リビア駐屯ドイツ軍部隊司令官、装甲大将へ昇進。翌年に騎士鉄十字章の柏葉・剣章を受章し上級大将へ昇進。1942年に元帥へ昇進し史上最年少でドイツ陸軍元帥となる。1943年に騎士鉄十字章ダイヤモンド章を受章。1944年に「ヒトラー暗殺未遂事件」が発生、事件への関与が疑われ反逆罪で裁判にかけられるか自殺の選択を迫られ、同年10月14日に服毒自殺。没年52歳。

1951年
【自然災害】「ルース台風」

1951年10月14日、鹿児島県串木野市付近へ「ルース台風(台風15号)」が上陸。鹿児島を中心に死者572人、行方不明371人、負傷者2,644人を出す大惨事に。

1953年
【死去】徳田球一【政治家】

戦前戦後の共産党員であり、戦後最初の日本共産党書記長を務めた政治家。1928年3月15日に起きた大日本帝国政府による共産主義者弾圧「三・一五事件」の先がけ的に治安維持法違反で逮捕され、18年もの間、投獄され続けた。終戦後の10月10日に釈放後、日本共産党を再建しその書記長に就任。野坂参三とともに衆議院議員に当選するなどして活躍した。「徳田要請問題」を機に公職追放され1950年に中国へ亡命。現地で北京機関なる組織を結成して、地下放送「自由日本放送」等を駆使し、中国から日本共産党の武装闘争を指揮したが1953年に脳細胞血管の痙攣で死亡。死後2年間その死は隠匿された。没年59歳。

1973年
【クーデター】「血の日曜日事件」1973年10月13日にタイでタノーム・キッティカチョーンの独裁政権に抗議するために学生を中心としたクーデターが発生。民主化と政治犯13人の釈放を求め40万人もの人数が蜂起。その結果政治犯は釈放され民主憲法発布となったが、一部の学生が翌日も残り王宮へと進み政府庁舎に放火、それを制圧しようとした武装警察により77人の死者と857人の負傷者を出す大惨事へと発展した。
1974年
【現役引退】「長嶋茂雄引退」”ミスタージャイアンツ””ミスタープロ野球”の名で愛された読売ジャイアンツの長嶋茂雄の引退試合が行なわれた。中日ドラゴンズとのダブルヘッダーで行なわれ、第1試合は3番サード、第2試合は4番サードで出場。第1試合の2打席目に現役最後の444号ホームランを放った。現役最終打席は佐藤政夫によりショートゴロ併殺に打ち取られた。引退セレモニーでのスピーチ「我が巨人軍は永久に不滅です」の言葉は日本プロ野球史上最も有名なフレーズのひとつである。
1977年
【奇妙な死】ビング・クロスビー(Bing Crosby)【歌手・俳優/アメリカ合衆国】

ラジオ時代から歌手、司会として大スターになり、ラジオでの歌唱法「クルーナー・スタイル」を発案。第二次大戦後は映画でトップスターとして活躍、代表作『我が道を往く』ではアカデミー主演男優賞を受賞。後年は”クリスマスソングの王”として『ホワイト・クリスマス』『サイレント・ナイト』等のヒット曲を連発。生涯で4億枚以上のレコード販売枚数を誇る。スペイン・マドリード郊外でのゴルフプレイ中の17番ホールで心臓発作を起こし急死。没年74歳。

2003年
【死去】横山まさみち【漫画家】貸し本マンガから少年劇画、そして成年コミックへとキャリアを進めた昭和期の人気漫画家。代表作『やる気まんまん』等、男性器をオットセイ、女性器を貝に模したコミカルなアダルト向けのマンガ作品で人気を博した。前立腺ガンで73歳没。
2017年
【テロ】「2017年モガディシュ爆発事件」

2017年10月14日、ソマリアの首都モガディシオ中心部で爆弾を積んだトラックが爆発し587人が死亡、316人が負傷。モハメド・アブドラヒ・ワエレ大統領はイスラム過激派アルシャバブによる爆弾テロと断定。