『カルロ・ジェズアルドの肖像画』

1590年10月16日は、イタリアの音楽家、カルロ・ジェズアルドが、妻マリアとその不倫相手、アンドリア公ファブリツィオ・カラーファをセックスの最中に惨殺した日である。
代表曲『Beltà, poi che t'assenti(美しい人よ、貴女がいないと)』等、大胆な半音階技法を取り入れた実験的な作曲法で知られる後期ルネサンスの作曲家であり、ヴェノーザの貴族であったジェズアルド。
妻マリアとカラーファの不倫関係に気付いていたため、1590年10月16日に狩りの旅行に出かけると言い残し、ナポリで逢い引きをしていたふたりの寝室に手下たちを引き連れて乗り込むと、そのベッドの上でふたりを殺害した。
その際、傍らにいた自らの赤子すらも殺したとも言われている。
当時としては、不貞の妻を殺害する行為自体、さほど珍しい行為ではなかったとされるが、男性への報復行為としては一対一の決闘が通例であったために、ジェズアルドのやり方は衝撃をもって批判の対象となった。
しかし、貴族の身分であったためにその罪は不問とされた。
晩年は殺人の記憶に苛まれ、自らを鞭打つための使用人を雇っていたとも言われ、マリアとの間に生まれた長男であるエマニュエレの死んだ3週間後の1613年9月8日に47歳で亡くなった。
殺人を犯してしまった著名な芸術家としては、他にカラヴァッジョの例が挙げられるが、他にそのような例は多く見つからず、そのどちらもルネサンス期のイタリアに生きた人物である。
それがただの偶然の一致であるのかは不明だが、時として一般社会の規範から溢れ出てしまうような情熱と才能が、その時のイタリアに存在したということの証明なのかもしれない。

(画像はWikipedia Carlo Gesualdoより使用。作者不明。Public Domain)

10月16日の不幸

1年
【交通事故】【夭逝】トシェ・プロエスキ(Toše Proeski)【歌手/マケドニア】

1990年代から2000年代初頭にかけて活躍したマケドニアの歌手。1996年に10代の子どもの音楽フェスティバルである『メルフェスト』に出演したことをきっかけにマケドニアで知られることとなり以降も音楽フェスへ出演。その後、ソングライターとなりマケドニアの人気作曲家グリゴル・コプロフと組み『Usni na Usni(唇と唇)』『Sonce vo Tvoite Rusi Kosi(キミの金髪のなかの太陽)』などを発表しマケドニア国内で大ヒットとなる。1999年にアルバム『Nekade vo Nokta(夜のどこか)』を発表しコンサートを開催。同年にアルバム『Sinot Božji(神の子)』を発表。2000年に旧ユーゴスラヴィア各地で同アルバムが販売され人気となり同地の知名度大賞を受賞。2003年にアルバム『Ako me pogledneš vo oči(私の目を見ると)』を発表。同年に発表した『Čija si(あなたは誰)』がマケドニアおよび旧ユーゴスラヴィアで大ヒットとなる。2004年にユーロビジョン・ソング・コンテストのマケドニア代表に選出され14位となる。同年に音楽活動が評価されマケドニア・ユニセフ大使に就任。その後もアルバム『Po Tebe(あなたの後)』(2005年)『Božilak(虹)』(2006年)を発表。人気歌手として活動中の2007年10月16日に自動車事故により死去。没年26歳。

1553年
【死去】ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach der Ältere)【画家/ドイツ】

ドイツのルネサンス期を代表する画家であり、細いくびれと肉感的な独特のプロポーションの女性画で知られる人物。代表作に友人であった『マルティン・ルターの肖像』の他『アダムとイヴ』『ユディト』など。同名の息子ルーカス・クラナッハも画家であるため名前と共に(父)と記述されることも多い。1553年10月16日に81歳没。

1590年
【殺人事件】「ジェズアルド殺人事件」

イタリア貴族であり、作曲家のカルロ・ジェズアルドが、妻とその愛人であるファブリツィオ・カラーファを寝台の上で殺し、一説によれば自らの赤子も殺したと言われている事件。

1591年
【死去】グレゴリウス14世(Gregorius XIV)【ローマ教皇/イタリア】

16世紀イタリアで第229代ローマ教皇(1590年〜1591年)となった人物。1590年に司教、枢機卿を経て1590年にローマ教皇へ即位。即位後フランス王アンリ4世を破門したことでも知られている。1591年10月16日に胆石症により死去。没年56歳。

1793年
【死刑】マリー・アントワネット(Marie Antoinette)【王妃/フランス】

フランス国王ルイ16世王妃。その独特の高く持った髪型や香水、ドレスのデザイン等、様々な面で中世ヨーロッパ上流階級のファッション、文化に絶大な影響を及ぼした、いわば当時のファッション・アイコン的な存在。1789年に始まったフランス革命戦争で夫のルイ16世とともに捕らえられ革命裁判でほぼ無条件の有罪判決を受け死刑へと向かったその理由は、「息子に近親相姦を迫った」といういわれのないものであった。没年37歳。

1945年
【第二次世界大戦】「ニュルンベルク裁判死刑執行」

「第二次世界大戦」後の1945年11月20日から1946年10月1日に行なわれたニュルンベルク裁判でナチス党の指導部、内閣、親衛隊(SS)といったヨアヒム・フォン・リッベントロップ元外相ら被告10人が死刑執行。

1946年
【処刑】ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick)【政治家・弁護士・警察官/ドイツ】

ナチス・ドイツ内相、ベーメン・メーレン保護領総督としてナチスの国体整備に貢献した人物。ナチス式敬礼の徹底など、あらゆる面でナチスの中核を担った。第二次大戦終了後、1945年11月からのニュルンベルグ裁判で死刑判決を受け、翌年10月1日に判決が確定。同月16日に絞首刑が執行された(この日絞首刑にされた10人のうち6番目)。

1951年
【暗殺事件】「パキスタン首相リアカット・アリ・カーン暗殺」

1951年10月16日にパキスタン首相リアカット・アリ・カーンがパキスタン・ラワルピンディにある庭園カンパニーバーグで演説中にプロの暗殺者サード・アクバル・バブラクにより銃で撃たれ死亡。事件後、バブラクは警察により射殺。

1956年
【死去】ジュール・リメ(Jules Rimet)【理事/フランス】

第3代FIFA(国際サッカー連盟)会長としてワールドカップの開催に尽力した人物。その功績により、ワールドカップ優勝国に与えられる金のトロフィーは”ジュール・リメ杯”と呼ばれた。1956年10月14日に83歳となったが、その2日後に死亡。

1956年
【航空事故】「パンアメリカン航空006便不時着水事故」

1956年10月16日、ホノルル国際空港からサンフランシスコ国際空港へ向かっていた乗客乗員合わせて31人を乗せたパンアメリカン航空006便(ボーイング377ストラトクルーザー)がエンジントラブルにより太平洋へ不時着水。この事故による死者は出てない。

1959年
【死去】ジョージ・C・マーシャル(George Catlett Marshall, Jr.)【軍人・政治家/アメリカ合衆国】

20世紀アメリカの軍人および政治家で第二次世界大戦後のヨーロッパ復興計画『マーシャル・プラン』を提唱・実行しノーベル平和賞を受賞したことで知られる人物。1901年にヴァージニア軍事大学を卒業後、陸軍へ入隊。1917年に少佐へ昇進、翌年にヨーロッパ派遣軍最高司令部へ転属され作戦計画担当参謀として従事。1919年に大佐へ昇進、ヨーロッパ派遣軍総司令官副官となる。「第一次世界大戦」後は少佐へ降格されるもその後は中佐、大佐と昇進し1936年に准将となる。「第二次世界大戦」中の1939年に少将を経て陸軍参謀総長へ就任。同年に大将へ昇進し1944年に元帥となる。終戦後は退役し1945年に中国の全権特使へ就任し翌年に周恩来らと停戦協定を行なう。1947年に国務長官へ就任し『欧州復興計画(通称・マーシャル・プラン)』を発表。1949年に国務省から引退しアメリカ赤十字社総裁へ就任。「朝鮮戦争」中の1950年に国防長官へ就任するも翌年に辞任し公務を引退。1953年に『マーシャル・プラン』の立案・実行が評価されノーベル平和賞を受賞。1959年10月16日に死去。没年78歳。

1981年
【山岳事故】【火災事故】「北炭夕張新炭鉱ガス突出事故」

1981年10月16日、北海道夕張市の北炭夕張炭鉱が経営する夕張新炭鉱坑内でガスが突出し火災が発生。この事故により坑内作業員や救護隊を含む93人が死亡。死者数は戦後発生した炭鉱事故で3番目となり炭鉱は閉山し北炭夕張炭鉱は倒産。

1987年
【転落事故】「“みんなの赤ちゃん”ジェシカ・マクルーア救出」

1987年10月14日、生後18カ月のジェシカ・マクルーア・モラレスがテキサス州ミッドランドにあった叔母宅の裏庭、深さ6.7メートル・幅20センチの井戸へ転落。同月16日に救助され、全米でジェシカは「ベイビー・ジェシカ(みんなの赤ちゃん)」と呼ばれることに。

1991年
【銃乱射事件】「ルビーズ銃乱射事件」

1991年10月16日、テキサス州キリーンのレストラン「ルビーズ」に無職のジョージ・ヘナード(当時35歳)がトラックで突っ込んだ後に銃を乱射。この事件により客・従業員など23人が死亡、27人が負傷。事件後、ヘナードは警察と銃撃戦を行ないそのまま拳銃自殺。

2003年
【死去】スチュ・ハート(Stu Hart)【プロレスラー・プロモーター/カナダ】

アメフト選手出身のカナダ人プロレスラー、プロモーター。シュートのできるレスラーとしてアメリカマット界を転戦後、カナダのカルガリーで「クロンダイク・レスリング」を立ち上げ、プロモーターに。ダンジョンと呼ばれる道場から自らの息子であるブレット・ハート、オーエン・ハート他のハートファミリー、そしてクリス・ジェリコ、クリス・ベノワ、ロディ・パイパー、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ジン・キニスキー、フリッツ・フォン・エリック等数多くのスーパースターを育て上げた名伯楽としても知られる。脳梗塞で88歳没。2010年にWWE殿堂入りを果たした。

2006年
【死去】バレンティン・パニアグア(Valentín Demetrio Paniagua Corazao)【弁護士・政治家/ペルー】

20世紀から21世紀にかけてのペルーの弁護士、政治家で、2000年に臨時大統領(〜2001年)となった人物。大学卒業後に弁護士となり1963年にキリスト教民主党(PDC)へ入党。同年に法務大臣に就任。その後、1980年に下院議員となり1982年に下院議長へ就任。1984年に文部大臣となるも同年に辞任し、弁護士や大学教授として活動。2000年にアルベルト・フジモリ大統領が罷免されたため臨時大統領へ就任。翌2001年に臨時大統領を退任しアクシオンポピュラー(AP)党の事務局長に就任。2006年10月16日に呼吸器感染症で死去。没年70歳。

2006年
【未解決事件】【殺人事件】「加古川小2女児殺害事件」

2006年10月16日、兵庫県加古川市在住で市立別府小学校に通っていた小学2年生の鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(当時7歳)が自転車を置き自宅に入ろうとした際に何者かに刺され死亡した事件。死亡前に柚希ちゃんが口にした「大人の男」という情報以外はなく未だ事件は未解決。

2007年
【死去】デボラ・カー(Deborah Kerr)【ダンサー・女優/イギリス】

“英国の薔薇”と称され、20世紀に活躍したイギリスのバレエダンサー・女優。バレエダンサーを経て女優へ転身し1940年に映画『Contraband』でスクリーンデビュー。1947年に映画『黒水仙』で注目され渡米。1953年に映画『地上より永遠に』のキス・シーンが話題となりアカデミー主演女優賞へノミネートされた。以降人気女優として活躍し、代表作となった映画『王様と私』(1957年)でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。その後も『旅路』(1959年)『サウンダーズ』(1961年)といった作品でアカデミー賞にノミネートされるも受賞することはなく“オスカーの偉大な敗者”呼ばれ、1994年にアカデミー賞名誉賞を受賞することに。1998年に大英帝国司令官(CBE)に任命されるもパーキンソン病を患い辞退。晩年は同病のため静養し、そのまま2007年10月16日に死去。没年86歳。

2011年
【交通事故】【夭逝】ダン・ウェルドン(Daniel Clive “Dan” Wheldon)【レーシングドライバー/イギリス】

2000年代初頭に活躍したイギリスのレーシングドライバーでインディカー・シリーズのチャンピオンとなったことで知られる人物。4歳からカートレースを始め、渡米後の1999年から下級フォーミュラカーレースへ参戦。2002年にインディ・レーシング・リーグ(IRL)に参加し翌年にアンドレッティ・グリーン・レーシングへ加入。同年にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。2004年にIRLで初優勝、翌年にインディ500でも優勝しIRLシリーズチャンピオンを獲得。2006年にチップ・ガナッシチームへ移籍しデイトナ24時間レースで優勝。 インディーの主戦級レーシングドライバーとして活躍中の2011年10月16日、インディカー・シリーズ最終戦ラスベガスに最後尾から優勝したら500万ドル獲得という企画で最後尾スタートでスポット参戦。その12周目にウェイド・カニンガムとジェームス・ヒンチクリフの接触をきっかけに後続車13台を巻き込む大クラッシュが発生。その大事故の中でのキャッチネットの支柱に激突し死亡。没年33歳。

2014年
【死去】ティム・ハウザー(Tim Hauser)【歌手/アメリカ合衆国】

『Birdland』等のヒット曲で知られる男女混声ジャズ・コーラスグループ「マンハッタン・トランスファー」のリーダーであり創設者。心不全で72歳没。

2015年
【死去】盛田幸妃【プロ野球選手・解説者】

ドラフト1位指名を受け入団した横浜大洋ホエールズ、移籍した近鉄バファローズで活躍した長身速球派右腕。1992年に中継ぎ投手として最優秀防御率賞を獲得。右打者の内角をえぐるシュートを武器に活躍したが、時としてその挑戦的なプレイスタイルは危険球退場に発展した。1996年に中根仁とのトレードで近鉄に移籍。1998年にゴルフボールほどの大きさの髄膜腫が発見され摘出手術を受ける。その後必死のリハビリ期間を経て2001年に1,082日ぶりに勝利投手となり、同年オールスターにも出場。その年のカムバック賞を受賞した。2002年に引退、その後横浜に球団職員として復帰し、野球解説者として活動も始めた矢先の2005年に脳腫瘍が再発。翌年2月に摘出手術に成功したが、2013年に再発し、2015年に転移性悪性腺腫で死亡。没年45歳。