『エゴン・シーレ作「死と乙女」』(オーストリア・ギャラリー収蔵)

1918年10月31日は、19世紀後半を代表する画家のエゴン・シーレが死亡した日である。
クリムトらとともに19世紀末に活躍したウイーン分離派の画家として知られるシーレであるが、その怪異ともいえるような独特の画風は同時代の画家からは明らかに一線を画し、表現主義の作家と括られることも多い。
ウィーン美術アカデミーにも入学した早熟な才能は同年代でもよく知られるところで、師事したクリムトの全面的な支援も手伝い、ウィーン国内に止まらない賞賛を集めていた。
その一方で、当時としては過激な部類に入ったシーレの画風から様々なトラブルにもつきまとわれ、1912年には14歳の少女を泊めたことで身柄を拘束され、さらにはその作品が警察により猥褻物として押収、ひどいものは燃やされるという事件もあった。
結果的にシーレの激しい人生はたった28歳で終わってしまうのだが、その全盛期といわれている頃にモデルを務めていたのが、クリムトから紹介されたといわれるヴァリ・ノイツェルである。
多くの名作のモデルとして知られるヴァリは私生活でもシーレのパートナーであったのだが、中でも評価の高い作品が彼女とシーレの別れを描いたといわれる『死と乙女』である。
シーレは彼女以外の女性との結婚を告げながらも、その一方でヴァリとの関係も続けていく予定であった。
しかしヴァリは断固とした別れを望み、その返答に驚いた瞬間のシーレが、“死”として描かれている。
結果的に、ヴァリを拒絶し別の妻を娶ったシーレであったが、そのたった4年後に、当時猛威を振るったスペイン風邪で夫婦共に死亡している。
そのあまりにも早過ぎる死を思うと、シーレは自らのミューズを手放し『死と乙女』を描きあげた時点で、画家として、そして人間としての自らの死を選んでしまったといえるのかもしれない。

(WIkipedia Egon Schieleより使用。Public Domain)

10月31日の不幸

1年
【死去】幸田文【小説家】

20世紀の小説家で幸田露伴の娘として知られる人物。作家・幸田露伴の次女として生まれ、1947年に露伴が死去すると随筆集『雑記』『終焉』を発表。以降、『こんなこと』(1950年)『みそっかす』(1951年)といった随筆集を発表し注目を集めるも1950年に断筆宣言を行なう。その後女中として働くも病により退職し、1955年に長編小説『流れる』を発表。同作品は新潮社文学賞受賞、日本芸術院賞を受賞することに。1956年に読売文学賞を受賞した『黒い裾』、同年に女流文学賞を受賞した『闘』を発表。1976年に日本芸術院会員となる。1990年10月31日に心不全で死去。没年86歳。死後、勲三等瑞宝章を受賞している。

1005年
【死去】安倍晴明【貴族・陰陽師】

平安時代中期の貴族で陰陽師として知られる人物。陰陽師の賀茂忠行・保憲父子に陰陽道を学び、948年に下級官人の大舎人(おおとねり)に就任。960年頃に陰陽寮で天文道ぶ天文得業生となる。970年頃に天文博士となり、977年に陰陽師として頭角を現す。979年に皇太子師貞親王(花山天皇)により那智山で天狗を封ずる儀式を行なう。以降も一条天皇の病を禊で治す(993年)、雨乞いを行ない雨を降らす(1004年)といったことを行ない陰陽師としての地位を築くことに。晩年は主計寮の主計権助へ就任。その後も左京権大夫・穀倉院別当・播磨守などを歴任し、1005年10月31日に死去。没年84歳。

1765年
【死去】カンバーランド公爵ウィリアム・オーガスタス(William Augustus, Duke of Cumberland)【王族・軍人/イギリス】

“屠殺者カンバーランド”の異名を持つことで知られる18世紀イギリスの王族および軍人。
イギリス国王ジョージ2世の3男として生まれ、1726年にカンバーランド公となる。1740年に志願兵として「ジェンキンスの耳の戦争」などに参加。1741年に海軍から陸軍へ移り第一近衛歩兵連隊大佐となる。1742年に陸軍少将となり「デッティンゲンの戦い」に参加し陸軍中将へ就任。1745年にイギリス陸軍総司令官に就任するもフランス軍との「フォントノワの戦い」で敗退。同年に反革命勢力ジャコバイトが蜂起、1746年に「カロデンの戦い」で勝利し“屠殺者カンバーランド”と呼ばれることに。1747年にフランス軍との「ローフェルドの戦い」で大敗、1748年に同軍との間にアーヘンの和約が締結したためイギリスへ帰国。帰国後の1750年から競走馬生産を開始、エクリプスといったサラブレッド前史における名馬を生産。1757年に「七年戦争」が勃発し偵察軍指揮官へ就任。1757年にフランスと「クローステル・ツェーヴェン協定」を締結、カンバーランド軍を解散し軍や公職から引退することに。1760年に脳卒中で倒れ1765年10月31日に死去。没年44歳。

1806年
【死去】喜多川歌麿【浮世絵師】

葛飾北斎と並び称される江戸時代に活躍した浮世絵師。浮世絵師の鳥山石燕に学び、役者絵や絵本を制作。1775年に富本節正本『四十八手恋所訳』の表紙絵でデビュー。1777年に初の錦絵である細判「すしや娘おさと 芳沢いろは」を発表。1788年から1790年初頭にかけて狂歌絵本『百千鳥』、『画本虫撰(えほんむしゑらみ)』、『汐干のつと』などを発表し人気作家となる。その後、美人画『風流花之香遊』『婦人相学十躰』などを発表し美人画家として時代を築くことに。1804年に豊臣秀吉の花見を題材として浮世絵『太閤五妻洛東遊観之図』を発表、幕府から手鎖50日の処分を受ける。以降、病にかかるも版下絵の依頼が殺到し1806年10月31日に過労により死去。没年54歳。

1907年
【獄死】伊庭想太郎【教育者・剣術家】

江戸時代後期から明治時代にかけての教育者および剣術家で心形刀流第10代として知られる人物。心形刀流第8代・伊庭秀業の4男として生まれ10代目を継承。「明治維新」後に私塾・文友館を開校。以降、東京農学校校長、四谷区議、日本貯蓄銀行頭取などを歴任。1901年に賄賂問題で非難されていた前逓信大臣の星亨を刺殺。刺殺後に「天下のためである」と斬奸状なる書状を読み上げ逮捕され1902年に入獄。無期徒刑として収監中の1907年10月31日に胃ガンで死去。没年56歳。

1918年
【死去】エゴン・シーレ(Egon Schiele)【画家/オーストリア】

クリムトらとともに19世紀末に活躍したウイーン分離派の画家であり、その怪異ともいえるような独特の画風は同時代の画家からは明らかに一線を画し、表現主義の作家と括られることも多い人物。ヒトラーとほぼ同期にウィーン美術アカデミーを受験し合格(ヒトラーは不合格)。卒業後師事したクリムトの全面的な支援も手伝い、ウィーン国内に止まらない賞賛を集めていたが、その一方で、当時過激といわれたその作品が猥褻物として押収されるなど、スキャンダラスな事件にも事欠かなかった。代表作に『胎児と女』『死と乙女』など多数。夫婦揃って当時猛威を振るったスペイン風邪に罹り、妊娠中だった妻の死の3日後である1918年10月31日に死亡。没年28歳。

1926年
【奇妙な死】ハリー・フーディーニ(Harry Houdini)【マジシャン・俳優/オーストリア=ハンガリー帝国】

4歳の時に移住したアメリカで、「縄抜け」を始めとした数々の脱出マジックで、20世紀初頭に”脱出王”の異名で爆発的な人気を博したマジシャン。晩年はスピリチュアリズムに傾倒し、マジックの知識を活かして「いかさま霊能力者」を見破るサイキック・ハンターとしても活躍した。1926年10月31日に急性虫垂炎で死亡。その数日前にモントリオールのプリンス劇場の楽屋を訪れた大学生のジョスリン・ホワイトヘッドに対し「腹を強打されても痛みを感じない」というマジックを披露しようとして、準備中に強烈に殴られてしまったことが原因といわれているが、元々腹膜炎を患っていたともいわれている。

1967年
【葬儀】「戦後初の国葬」

1967年10月31日、日本武道館で吉田茂の第二次世界大戦後初となった国葬が開催。戦後に国葬令が失効したことにより規定された国葬が消滅した中、唯一の国葬となった。

1979年
【航空事故】「ウェスタン航空2605便事故」

1979年10月31日のロサンゼルス発メキシコシティ行きのウェスタン航空2605便DC-10機が、メキシコシティのベニート・フアレス国際空港に着陸する際に誤って閉鎖されていた滑走路に着陸し大破。乗員乗客88人中の72人と地上にいた作業員1人が死亡する大事故なった。事故原因は霧による視界不良といわれている。

1984年
【暗殺】インディラ・ガンディー(Indira Priyadarshini Gandhi)【政治家/インド】

インド初代首相、ジャワハルラール・ネルーの長女であり、1964年にネルーが首相在任中に急逝したことを受けて政界に進出。情報放送大臣を務めた後の1966年1月19日に第5代インド首相に就任し、1977年まで長期政権を築いた政治家。その後1980年1月14日からも第8代首相として4年の任期を務め、合計15年ほどインドの首相を務めたが、首相在任中の1984年10月31日、俳優のピーター・ユスティノフのインタビュー取材中に、2人組のシク教徒の警官により銃撃を受け死亡。同年6月にインディラがインド軍によりシク教分離主義者の聖地黄金寺院を攻撃し、その指導者ジャルネイル・シン・ビンドランワレを殺害していたことが同教の信者たちからの強い反発を招いていたことがその原因であったといわれている。没年66歳。なお、その死後、首相には彼女の長男であるラジーヴが就任したが、首相辞任後の1991年に暗殺されている。

1993年
【夭折】【薬物中毒死】リバー・フェニックス(River Phoenix)【俳優/アメリカ合衆国】

16歳で出演した『スタンド・バイ・ミー』で世界的なスターとなった伝説的俳優。『旅立ちの時』『マイ・プライベート・アイダホ』等の大作映画で順調なキャリアを送っていったが、1993年にウェスト・ハリウッドにあるナイトクラブ「ザ・ヴァイパー・ルーム」の出入口のあたりで、ヘロインとコカインの過剰摂取からの心不全で死亡。没年23歳。遺体は火葬され、遺灰は故郷のフロリダで空中散布された。

1993年
【死去】フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)【映画監督/イタリア】詩的ともいえる映像美で知られるイタリアを代表する映画監督。1960年の代表作『甘い生活』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。『道』『カビリアの夜』『8 1/2』『フェリーニのアマルコルド』で4度のアカデミー賞外国映画賞を受賞。心臓発作で死亡。没年73歳。
1994年
【航空事故】「アメリカン・イーグル航空4184便墜落事故」

インディアナ州インディアナポリスからシカゴに向かうコミューター路線、アメリカン・イーグル航空4184便ATR72機が、シカゴのオヘア国際空港の悪天候のため40分以上の空中待機で旋回飛行をしていたところ、インディアナ州ローズローン付近のトウモロコシ畑に墜落。乗員乗客68人全員が死亡する大事故となった。事故原因は空中待機中に除氷装置の作用しない部分に着氷し、操縦不能に陥ったことと発表された。

1996年
【死去】マルセル・カルネ(Marcel Carné)【映画監督・脚本家/フランス】

20世紀フランスの映画監督および脚本家で詩人のジャック・プレヴェールとの共同作品で知られる人物。職業技術学校卒業後の1929年に撮影助手として映画界へ入る。その後、映画監督ジャック・フェデーの助監督となり、1936年に映画『ジェニイの家』で監督デビュー。1938年に『霧の波止場』がヴェネツィア国際映画祭監督賞およびルイ・デリュック賞を受賞し若手監督として注目を集めることに。「第2次世界大戦」中は詩人のジャック・プレヴェールと組み、1942年に『悪魔が夜来る』を発表。終戦後の1945年に再びジャック・プレヴェールとの共同作品でフランス映画史上に残る名作と言われる『天井桟敷の人々』を発表。以降、映画監督として低迷を続けるも1958年に『危険な曲がり角』でフランス・シネマ大賞を受賞。その後、ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞(1971年・1982年)、セザール賞名誉賞(1978年)、高松宮殿下記念世界文化賞(1989年)、ヨーロッパ映画賞生涯功労賞(1995年)を受賞。1996年10月31日に死去。没年90歳。

1999年
【航空事故】【怪事件】【無理心中】【テロ】「エジプト航空990便墜落事故」

米ロサンゼルス発ニューヨーク経由エジプト・カイロ行きのエジプト航空990便ボーイング767-300ER機が、ニューヨーク離陸30分後の1999年10月31日午前1時50分頃に大西洋上に墜落。乗員乗客203人全員が死亡する大惨事となった。事故原因は機長がトイレに行くために席を離れた際に副操縦士アデル・アンワルが急降下させた人為的なものとされ、アンワルはその際アラビア語で「神に感謝する」という言葉を口走っていたといわれている。またアンワルは以前にセクハラ事件を数度起こしていた問題社員であったことも報告されている。

1999年
【競技中事故死】 グレッグ・ムーア(Greg Moore)【レーシングドライバー/カナダ】

1991年からフォーミュラ・フォード1600でデビューし、1勝を挙げルーキー賞を受賞したレーシングドライバー。1993年から参戦したインディライツシリーズでは1995年に年間チャンピオンを獲得、翌年から参戦したCARTの5シーズン目の1999年最終第20戦フォンタナに於いて予選コース嬢のスクーター事故で右手指を骨折。そのまま臨んだ本戦で再スタート後の9周めにウォールに接触、その後スピンアウト後横転しクラッシュし、マシンは大破、即死状態であった。死因は頸部、頭部の骨折。没年24歳。

2000年
【航空事故】「シンガポール航空006便墜落事故」

2000年10月31日午後にシンガポール発、台北経由でロサンゼルスへと向かうシンガポール航空006便ボーイング747-400機が台北・中正国際空港(現台湾桃園国際空港)からの離陸時に炎上大破。乗客乗員179人中83人が死亡、80人が重軽傷を負う大事故となった。このシンガポール航空創業以来初めての人身死亡事故の事故原因は、悪天候の中、作業車両に激突したパイロットエラーと発表された。

2000年
【薬物過剰摂取】華月【ミュージシャン】

1997円に結成されたヴィジュアル系バンド「Raphael」のギタリストであり、その多くの楽曲を制作したミュージシャン。高校中退後の1998年にメジャーデビューし、2000年には武道館で公演をするなど人気を博したが、2000年10月31日に渋谷区の自宅で死亡していたところを発見された。死因は睡眠薬の過剰摂取による中毒死とみられている。19歳没。

2009年
【自殺】陳琳(チェン・リン/Chen Lin)【歌手/中国】

1993年にリリースしたデビューアルバム『你的柔情我永远不懂(I Can Never Understand Your Love)』が150万枚もの売り上げを記録した人気歌手。2009年に二度目の結婚をしていたが、感情の問題に悩まされ続けており、10月31日、北京市内のマンションの9階から飛び降り自殺。没年39歳。

2014年
【航空事故】「VSSエンタープライズ墜落事故」

宇宙旅行者向けの弾道飛行スペースプレーンとして試験飛行中のスペースシップツー1号機「VSSエンタープライズ」がカリフォルニア州モハーヴェ砂漠に墜落。2人のパイロットのうち1人が死亡した。NTSB(国家運輸安全委員会)の調査により、事故原因は「パイロットの技術的ミスへの対策を怠っていたこと」と発表された。

2015年
【死去】佐木隆三【小説家】

八幡製鐵(現・新日鐵住金)に勤務する傍ら”労働者作家”として活動を開始。1964年に同社を退社後は作家活動に専念し、1976年に実在の殺人鬼・西口彰をモデルにした小説『復讐するは我にあり』で第74回直木賞を受賞。1979年に今村昌平監督による同作の映画化もあり、人気作家に登り詰めた。なお、安保闘争や共産党入党、沖縄返還問題にも参加した活動家としても知られ、1971年には沖縄返還デモの主謀者と目され留置場に身柄拘束されたことも。晩年は北九州市立文学館館長、北九州市立大学特任教授、九州国際大学客員教授などを歴任し、下咽頭ガンにより北九州市の病院で78歳没。 

2016年
【死去】シルビオ・ガザニガ(Silvio Gazzaniga)【彫刻家/イタリア】

1970年メキシコワールドカップでのブラジル代表の3度目の優勝の結果、優勝国に与えられたトロフィー「ジュールリメ杯」が同国に永久保持されることになったことを受けて行なわれた公募に応募し、2代目のFIFAワールドカップトロフィーをデザインした彫刻家。その後、サッカーのUEFAカップ、国際野球連盟ワールドカップ、バレーボール・ワールドカップなどのトロフィーを手がけた。95歳没。

2017年
【連続殺人事件】【強盗殺人事件】「座間9遺体事件」

2017年10月31日、神奈川県座間市緑ケ丘在住の白石隆浩(当時27歳)の自宅アパートで9人の遺体が発見された事件。同月30日に行方不明となった被害者女性(当時23歳)の捜査中に発見され、逮捕後に白石は9人の殺害を自供。被害者はTwitterで知り合った自殺願望のあった10代から20代の女性8人と被害者の知人男性で、女性の場合は性的暴行を加えた後ロープで首を絞めて殺害現金を奪うといった手法であった。事件は海外メディアにも影響を与え、その後Twitterは利用規約の変更を行なうこととなった。