『狼に育てられたとされたインドの野生児、アンリとカマラ』

1929年11月14日は、インドのベンガルで1920年10月17日に発見された二人の少女“ミドナプールの野生児”のひとり、カマラが死亡した日である。
キリスト教伝道師ジョセフ・シングによりシロアリ塚で狼と友に暮らしているところを発見されたというニュースで世界的に有名になったふたりの少女“アンリとカマラ”。
シングはその生態を記録した日記を発表し、彼女たちがもちろん言葉は話せないことや四つん這いで生活していること、さらには超人的な嗅覚や聴覚を持っていることなどを知らしめたが、後の研究により、それら全ては重度の障害児を脚色した、シングの創作によるものであったと結論づけられている。
発見から1年後の9月21日に年少のアンリが腎臓炎で死亡、その後の訓練で二足歩行や簡単な会話を身につけたカマラは、1929年11月14日に尿毒症で死亡した。
有史以来、時折社会を騒がせる《野生児》の中でも、“狼に育てられた”というパターンはかなり古くから知られているもので、それをさかのぼればローマ神話の王政ローマ初代皇帝、レムルスとロームの話にまで繋がるものだ。
このミドナプールの例はふたりの少女の尊厳を犠牲にした《悲劇》でしかないが、古来人間が抱いてきた原始への憧れ、《野生児幻想》という意味に於いては、起こるべくして起こった典型的な事件といえるだろう。

(写真はWikipedia Amala and Kamalaより使用。Public Domain)

11月14日の不幸

1282年
【死去】日蓮【僧侶】鎌倉時代に日蓮宗を確立したの仏教僧。「南無妙法蓮華経」の題目と共に全国を布教して回った。佐渡に流罪になったことも。池上宗仲の邸宅で死亡。60歳没。
1929年
【死亡】【夭折】カマラ(Kamala)【野生児/インド】

インド・ベンガルのミドナプールで1920年10月17日に発見された二人の少女"ミドナプールの野生児"の年長の方といわれている少女。キリスト教伝道師ジョセフ・シングがシロアリ塚で狼と友に暮らしているところを発見したニュースで世界的に有名になった。その生態を記録した日記を発表し、彼女たちがもちろん言葉は話せないことや四つん這いで生活していること、さらには超人的な嗅覚や聴覚を持っていることなどを知らしめたが、後の研究により、それら全ては重度の障害児を脚色した、シングの創作によるものであったと結論づけられている。発見から1年後の9月21日に年少のアンリが腎臓炎で死亡、その後の訓練で二足歩行や簡単な会話を身につけたカマラは、1929年11月14日に尿毒症で死亡した。推定没年齢17歳。

1971年
【死去】金田一京助【言語学者】

明治から昭和にかけて活躍した言語学者で主にアイヌ語研究の第一人者として知られる人物。大学在学中にアイヌ語研究を開始。1908年に国語教師となり、赴任先の下宿で親友の石川啄木と共同生活へ。同年、教員資格がないことがわかり失職し、三省堂に入社。1913年、アイヌの叙事詩「虎杖丸」をローマ字で筆記。その後も北海道で調査を続け、1931年『アイヌ叙事詩 ユーカラの研究』Ⅰ・Ⅱを刊行し、翌年に同書で恩賜賞を受賞。晩年は『明解国語辞典』(1943年)、『中等国語 金田一京助編』(1950年)などを執筆。1971年11月14日、動脈硬化および気管支肺炎により死去。没年89歳。

1988年
【死去】三木武夫【政治家】明治大学法学部卒業直後に衆議院議員総選挙に無所属で出馬し当選。それ以降死ぬまで19回の選挙で当選し、51年間務め続けた政治家。運輸大臣、逓信大臣、科学技術庁長官、通商産業大臣、国務大臣等を歴任し、第66代内閣総理大臣まで務めた。1974年の総理大臣就任時は、前任の田中角栄が汚職事件で失脚したために、"クリーン三木"として自民党から擁立されたが、政治改革を急ぐあまり実力者から疎まれ、たった2年の短命政権に終わった。1986年に脳出血で倒れ、その療養中に急性心不全で死去。没年81歳。
1991年
【エイズ】トニー・リチャードソン(Tony Richardson)【映画監督】1963年の映画『トム・ジョーンズの華麗な冒険』でアカデミー監督賞を受賞したイギリスの映画監督。女優のヴァネッサ・レッドグレイヴと結婚し2児を設けたが、映画『マドモアゼル』の撮影時にジャンヌ・モローと不倫関係になり、前妻とは離婚。ジャンヌ・モローに看取られるようにしてエイズの合併症で死亡した。没年63歳。バイセクシュアルであったが、生前それを明かすことはなかった。
1993年
【死去】野坂参三【政治家・諜報員】戦後の日本共産党の創設者の一人であり、第一書記を務めた政治家。参議院議員、衆議院議員。人生のほとんどを日本共産党名誉議長として送った人物でありながら、最晩年の1992年にソ連のスパイであったことが『週刊文春』の取材記事により発覚し、100歳で除名処分が行なわれた。野坂も概ねその情報を認めたが、高齢のためもあり、コメントを出さないまま人生を終えた。老衰で101歳没。
2000年
【急死】東野英心【俳優】子供向けドラマ『あばれはっちゃく』の主役少年のカミナリ親父役と、その時の決め台詞「てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」で人気を博した俳優。同じく俳優である東野英治郎の息子でもある。2000年11月13日に外食中のレストランで倒れ、そのまま翌14日に高血圧性能出血で死亡。没年58歳。
2009年
【火災事故】「釜山射撃場火災」韓国釜山広域市の室内射撃場「ガナダラ実弾射撃場」で火災が発生。日本人観光客10人を含む15人が死亡。当時の韓国李明博大統領から日本の鳩山由紀夫首相に遺憾の手紙が送られた。現地警察は射撃の際に出た加薬に引火したと説明したが、捜査関係者からは「遺体の一部から銃弾が見つかった」という証言もあり、その真相は明らかになっていない。射撃場経営者と現場責任者が逮捕され、裁判の結果禁固3年の実刑が確定した。
2015年
【死去】ニック・ボックウィンクル(Nick Bockwinkel)【プロレスラー/アメリカ合衆国】

「相手がワルツを踊ればワルツを踊り、ジルバを踊ればジルバを踊る」という名言で知られる当代きっての技能派レスラー。悪役レスラーだった父のウォーレン・ボックウィンクルの後を追い、15歳の時のルー・テーズ戦でプロレスデビュー。陸軍、大学と掛け持ちをしながらキャリアを続け、28歳で専念。父と同じくヒールとしてAWAで活躍し、一時は世界チャンピオンを獲得した。日本プロレス、国際プロレス、全日本プロレスと日本マット界でも長年にわたり活躍。晩年はWWEでも活躍し引退後は殿堂入りしている。痴呆と心臓病で80歳没。

2015年
【急死】阿藤快【俳優】劇団「俳優座」出身の俳優。独特のルックスで主に悪役として活動していたが田原俊彦主演のヒットドラマ『教師びんびん物語』に出演し人気を獲得。以来、俳優活動に加えてそのおおらかな人柄を活かしたリポーターとして開花。グルメ番組や、『ぶらり途中下車の旅』等で活躍した。2015年11月15日に仕事の現場に来ず、事務所スタッフが自宅に向かうとベッドで死亡していた。死因は胸部大動脈瘤破裂。前日の69歳の誕生日に死亡していたとみられる。ちなみに、元々の芸名である阿藤海から阿藤快に改名したのも2001年
2016年
【死亡】高井研一郎【漫画家】

手塚治虫のアシスタントを経て、漫画家として活動を開始。1986年に代表作となる『総務部総務課山口六平太』を連載開始し、その死亡による連載終了まで、30年第731話にわたり長期連載を続けた。その他に武田鉄矢原作による『プロゴルファー織部金次郎』なども手がけた。死因は肺気腫による肺炎で、79歳没。