『三億円事件の際に公開された犯人のモンタージュ写真』

1968年12月10日は、日本犯罪史上最も話題を呼んだ未解決事件のひとつ、『三億円事件』の発生した日である。
東京芝浦電気(現東芝)の従業員に支払われるボーナス用の現金2億9,430万7,500円を運搬していた現金輸送車が、偽の白バイ警官によって窃盗されたこの事件。
犯人は自らが起こしたとされる12月6日の『日本信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)国分寺支店長脅迫事件』を利用し、偽の検問で現金輸送車を強奪するなど、暴力沙汰も一切ない、極めて静かな計画的犯行だった。
犯人の捜査に難航した警察は犯人のモンタージュ写真を公開したが、これは犯人の証言から作成されたものではなく、容疑者の少年の写真をそのまま流用したものであったために、操作は混乱。
後に警察は自らが出した写真を犯人像と結びつけないように発表する等、明らかな迷走を露呈した。
当事者の少年も5日後に青酸カリで服毒自殺したが、様々な状況証拠から、死後、犯人ではなかったと断定されている。
その後も数多くの容疑者が浮かんでは消えたが、事件は混迷のまま1975年12月10日に時効が成立。
時効成立後に犯行を名乗り出る人物も現われたが、いずれも本人ではなかったと言われ、事件は未解決のまま現在を迎えている。

(画像は警視庁により当時公開された犯人のモンタージュ写真)

12月10日の不幸

1867年
【暗殺】【夭折】坂本龍馬【志士・実業家】

土佐藩士から脱藩し、薩長同盟の斡旋や大政奉還など、明治維新に向けた日本で暗躍した数々の業績で知られる人物。大政奉還直後の1867年11月15日に京都の近江屋井口新助邸での「近江屋事件」で中岡慎太郎、山田藤吉とともに暗殺された。没年31歳。

1896年
【死去】アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel)【化学者・発明家/スウェーデン】

ダイナマイトの発明に代表される350以上もの特許を取得した化学者、発明家。ダイナマイトで得た莫大な遺産を活かし、遺言を残しノーベル賞を創設したことで広く知られている。晩年は心臓病を患い、脳溢血で63歳没。

1958年
【心中】「天城山心中」

天城山で学習院大学の同級生だった愛新覚羅慧生(当時19歳)と大久保武道(当時20歳)がピストル心中。バンカラな地方出身者の大久保を旧満州国最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の姪である慧生の家族(旧侯爵嵯峨家)が拒絶したために交際することができず、そのことを苦にしての心中だったといわれている。事件後、学生の悲恋を「天国に結ぶ恋」として各社が報道したために全国的な美談となり、1958年には『天城心中 天国に結ぶ恋』として映画化されるほどの社会現象となった。

1967年
【航空事故死】オーティス・レディング(Otis Ray Redding Jr.)【シンガーソングライター/アメリカ合衆国】

1960年頃から活動を始めたソウル・シンガーであり、その独特な歌唱法とカリスマ性により"キング・オブ・ソウル"として知られるシンガーソングライター。代表曲にジェリー・バトラーとの『I've Been Loving You Too Long』等。1967年の「モントレー・ポップ・フェスティバル」に出演し、人種を問わない全世界的な人気を獲得した。1967年12月10日に、公演先のウィスコンシン州マディソンに向かい、同行のバーケイズのメンバー5人とマネージャーと乗ったプライベート機で濃霧によりモノナ湖に墜落。バーケイズのベン・コーリーを除く7人(パイロット含む)が死亡した。没年26歳。その死の3日前にレコーディングされたアルバム『The Dock of the Bay』は翌年1月8日に発売され、同月にビルボードチャートの1位を獲得し、オーティス最大のヒットとなった。

1978年
【死去】エド・ウッド(Edward Davis Wood, Junior)【映画監督/アメリカ合衆国】

生涯にわたり数多くの低予算映画、それもセクスプロイテーション映画や俗悪なホラーなどの作品を手がけ、しかも全くヒットに恵まれず、生前から"最低の映画監督"の名をほしいままにした人物。代表作に『Bride of the Monster』『Plan 9 From Outer Space』等。晩年はアルコール依存症を患い、心臓発作で54歳没。死後の1994年のティム・バートンによる映画『エド・ウッド』でその存在と作品がクローズアップされた。

1999年
【死亡】リック・ダンコ(Rick Danko)【ミュージシャン/アメリカ合衆国】

ボブ・ディランとの活動などで知られる世界的ロックンロールバンド「ザ・バンド」のメンバーとして知られるロックンロールミュージシャン。ザ・バンド在籍時はギター、ベース、ヴォーカルを担当。1976年のザ・バンド第一次解散後はソロで活動したが、1997年5月6日の来日中にはアメリカの妻からヘロインを送らせた罪で逮捕され、7月24日に強制帰国となったことも。1999年12月10日に自宅で就寝中に死亡。死因は長年のドラッグ使用とアルコール常用による心臓疾患とされた。没年55歳。

2005年
【死亡】リチャード・プライヤー(Richard Pryor)【コメディアン・俳優/アメリカ合衆国】

『エド・サリバンショー』で活躍し世界的知名度を獲得した黒人スタンダップ・コメディアン。ジーン・ワイルダーとの『大陸横断超特急』等、映画俳優でも活躍したが、長きにわたりアルコール・ドラッグの依存症を患い、映画『Bustin' Loose』制作中の1980年6月9日にはコカイン使用の果てにラム酒を浴びて点火するという事故を起こし、全身の50パーセント以上を火傷をしたことも。20年もの間多発性硬化症に苛まれ、そのまま2005年12月10日に心臓疾患で死亡。没年65歳。

2006年
【死亡】アウグスト・ピノチェト(Augusto José Ramón Pinochet Ugarte)【政治家・軍人/チリ】

チリ陸軍に入隊し、陸軍大将、陸軍総司令官の要職を務め、1973年にアメリカの支援を受けての社会主義政権のサルバドール・アジェンデ政権へのクーデターに成功。翌年第30代チリ共和国大統領に就任し、引き続きアメリカの後ろ盾を受けて"チリの奇跡"と呼ばれる政策で国内経済を立て直すなど長年にわたり政権を維持した。国民投票で1990年に退任したが、その後も陸軍総司令官として権勢を誇り、陸軍退官後も終身上院議員として活躍。晩年は左派活動家への殺人容疑で起訴されたが、健康上の理由などで罪に問われることはなかった。2006年12月10日14時15分に心不全で91歳没。

2010年
【死去】正司玲児【漫才師】

どつき夫婦漫才コンビ「正司敏江・玲児」として活動した上方漫才師。元々は正司歌江門下にいたが、マネージャーの玲児が芸能人の敏江に手を付けるというタブーを犯したために破門され、その後に夫婦であることを隠して1966年に神戸松竹座で再デビュー。その後の活躍により歌江からも商事を名乗ることを許された。1974年に玲児の浮気が発覚し離婚となったが、コンビは継続。2012年12月10日に成人T細胞白血病リンパ腫で71歳没。

2011年
【死去】市川森一【脚本家】

日本大学藝術学部映画学科シナリオコースを卒業し、1966年の『快獣ブースカ』で脚本家デビュー。『ウルトラマンA』『コメットさん』等の子供番組を手がけた後に、ドラマ『傷だらけの天使』の脚本で一躍人気作家となった脚本家。1988年の映画『異人たちとの夏』で同年のり日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞するなど、映画脚本も手がけた。2011年に肺ガンで死亡。没年70歳。

2012年
【死去】小沢昭一【俳優・タレント・エッセイスト】

俳優という範疇に止まらず、落語、随筆、評論、ラジオDJ等々、多岐にわたる芸能活動で知られる人物。俳優としては今村昌平監督の『エロ事師たちより 人類学入門』『楢山節考』等への出演で知られており、早稲田大学在学中に日本初の落語研究会を設立した人物としても知られている。1998年に前立腺ガンが発見され、その後は療養しながらの活動となったが、201年に頸椎に転移。2012年には病状の悪化から入院し、1973年から放送開始したTBSラジオの看板番組『小沢昭一の小沢昭一的こころ』(全10,410回)の継続中の2012年12月10日に死亡。没年83歳。同番組の11月16日の放送回が、生涯最後の仕事となった。