『パウラ・モーダーゾーン=ベッカー作「リルケの肖像」1906年』

1926年12月29日は、オーストリアを代表する詩人、ライナー・マリア・リルケが薔薇の棘に刺された傷が元になって死亡した日である。
世紀の彫刻家、オーギュスト・ロダンとの師弟関係やセザンヌ、ボードレールなど時代を代表する才能たちとの邂逅から『ロダン論』を始め『マルテの手記』『ドゥイノの悲歌』『オルフォイスへのソネット』等数多くの著作を残したリルケだが、その死に際しても美しい詩作を遺した。
1926年10月に薔薇の棘が突き刺さった傷が原因となり急性白血病となったリルケは、フランス、ヴァル・モンのサナトリウムに入院し、その年の12月29日に死亡した。その際の遺言は墓碑銘となっている。

Rose, oh reiner Widerspruch, Lust,
Niemandes Schlaf zu sein unter soviel Lidern.

ああ薔薇よ、純粋な矛盾、欲望、誰もその下で眠ることはできないだろう美しさよ

そう刻まれた墓石の下で、詩人は永遠の眠りについたのである。

(写真はWikipedia Rainer Maria Rilkeより使用。Public Domain)

12月29日の不幸

1926年
【奇妙な死】ライナー・マリア・リルケ(Rainer Maria Rilke)【詩人/オーストリア】

オーストリアを代表する詩人であり、19世紀から20世紀にかけて活躍した代表的なドイツ語詩人のひとり。世紀の彫刻家、オーギュスト・ロダンとの師弟関係やセザンヌ、ボードレールなど時代を代表する才能たちとの邂逅から『ロダン論』を始め『マルテの手記』『ドゥイノの悲歌』『オルフォイスへのソネット』等数多くの著作を残した。1926年10月に薔薇の棘が突き刺さった傷が原因となり急性白血病となったリルケは、フランス、ヴァル・モンのサナトリウムに入院し、そのまま同年12月29日に死亡。没年51歳。

1941年
【死去】南方熊楠【学者・教育者】

粘菌、キノコなどの最終・研究で世界的にも類を見ない6,000点もの生物標本を作り、過去最高となる51本もの研究論文を英『ネイチャー』誌に発表するなど、生物学の分野において多大な貢献を果たした世界的博物学者、民俗学者。生来、膨大な知識量を誇る神童として知られ、その一方で恐ろしいほどの癇癪持ちであったという奇人として知られた。萎縮腎で74歳没。

1982年
【自殺】パーシー・ウィリアムズ(Percy Alfred Williams)【陸上競技選手/カナダ】1928年アムステルダムオリンピック男子100メートル走、200メートル走で金メダルを獲得したカナダ出身の世界的短距離ランナー。1932年に引退し、保険代理業等に従事した。晩年の1979年にカナダ勲章を受章した頃から深刻な関節炎に苛まれ、自らの頭に銃弾を撃ち込んで自殺した。没年74歳。
2015年
【事故死】【夭折】戸田蔵人【オートバイレーサー】

幼少期からモトクロスに参加し、17歳でプロデビュー。2003年に全日本モトクロス選手権国際A級125ccクラスの総合3位になるなど、将来を嘱望されたが、2008年6月の練習中の事故で脊髄を損傷。その後歩行困難となり車椅子生活を余儀なくされるも車体に自らを縛り付けるという改造を施しモトクロスに参戦し続けた。だが2015年12月29日にかすみがうら市内での練習中にバイクが出火。体を縛り付けていたことで逃げ遅れ全身大火傷を負い死亡した。没年35歳。