5億7100万年前に存在した“世界最古の動物”の姿が衝撃的すぎる! 海藻のように柔らかくてぐにゃぐにゃ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5億7100万年前に存在した“世界最古の動物”の姿が衝撃的すぎる! 海藻のように柔らかくてぐにゃぐにゃ…
 地球上で生物の種類が爆発的に増えはじめたのは古生代(約5億4200万年前~2億4700万年前)のこと。動物は無脊椎動物→魚類→両生類へと進化を遂げる一方、植物は動物よりも早く陸に上がり、藻類からシダ植物が出現した“カンブリア爆発”の時期である。■謎の“葉っぱ型”原生動物 ユニークな生物が多いことで知られる古生代だが、さらに3000万年前にさかのぼった時代に存在していたと考えられる葉状の...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら