アナザー茂

箱根駅伝の“生みの親”がヤバすぎる! 55年間失踪した伝説の日本人ランナーだった!

約55年かけてゴールしたオリンピック選手をご存じだろうか? それが箱根駅伝の生み...

NEW 

もしも、地方で急増する「交通難民」の元に“自動運転バス”がやってきたら…? コンセプト動画が素晴らしすぎる!

日本の地方都市や中山間地では、都市部への人口流出や過疎化による利用者の減少から路...

NEW 

タバコ676万本、空のペットボトル20万本を吸い取った、ゆるカワ水車のMr. Trash Wheel君の活躍!

 高度成長期には工場排水どころか、生活排水も垂れ流しだった日本の河川も様々な浄...

NEW 

重力が弱いのは異次元に漏れ出てるから! ブラックホールは「別の宇宙」への出入り口だった!!

我々は縦、横、高さという3方向によって空間を認識し、過去から未来へ流れる時間をあ...

NEW 

築地は自らの首を絞めた? 今更聞けない、移転にゆれる築地市場の価値

 11月7日に豊洲新市場に移転ということで長きにわたり二転三転してきた築地市場...

NEW 

遂にタイヤの中に人類が入って操縦する時代が来た!? 次世代バイク「モノホイール」とは?

空港などで活躍するセグウェイ、もう珍しいものではなくなったではないだろうか。実は...

NEW 

露政府「準備はできている」 魔の音速輸送システムがヤバすぎ! 時速1200キロ超え、真空を突っ走る!!

JR東海によれば、2027年に東京・品川 ― 名古屋間、2045年までに大阪まで...

NEW 

【激写! 心霊写真】プロの写真家が徹底検証…編集部に届いた首なし男の写真、そこに写るはグレイの正体か?

日々、トカナ編集部にはまだ表に出ていない極秘情報から、UFO目撃情報等さまざまな...

NEW 

1300万円の巨大キノコ、15キロのエビフライ…写真史上最も変わったレンズ5選!

 スマート・フォンが当たり前のように浸透し、誰もが気付かぬうちに写真に触れる機...

NEW 

現代美術館の床に自分のメガネを置いてみたら…驚愕の結果とは?

「現代アートといえば何でもあり」  美術館などでそんな感想をいだいたことのある方...

NEW 

やはり携帯電話はガン発症リスクを高めると判明! 米政府が発表した電磁波の“真の影響”とは?

 携帯電話が普及し始めてからというもの、放出される電磁波が人体に何らかの悪影響...

NEW 

【閲覧注意】顔がグニャリと伸びきった美少女 ― アフガンの貧困が招いた悲劇を克服した愛と生命力

  アフガニスタンといえばビン・ラディンを筆頭に内戦、テロといった紛争地域とい...

NEW 

究極の隙間産業! ニッポンの「珍発明」5選がヤバすぎる!

前回日本の珍発明の数々をお届けしましたが、まだまだ、まだ見ぬ珍発明のお宝が眠って...

NEW 

どこでも膝枕、ハイヒール用小傘…技術の結晶が生み出した日本発の“珍発明”5選

青色ダイオード、インスタントラーメン、CD……と挙げればキリがないほど偉大な発明...

NEW 

着色カラー写真でみる100年前の明治時代!! 西洋文化で華咲いたナウいNIPPON!

1868年、徳川家康が江戸に幕府を開いてから約3世紀、大政奉還を経て明治時代にな...

NEW 

5年前では絶対に撮影不可能だった5枚の写真! デジタル革命最前線

カメラ情報サイト「PetaPixel」で、「5年前では絶対に撮影不可能だった5枚...

NEW 

チワワかベーグルか? 可愛すぎるゲシュタルト崩壊が話題騒然

「若若若若若若若若若若若若若若若若若若若若苦若若若若若若若若若若若若若若若若若若...

NEW 

人間の皮膚とまったく同じ人工皮膚 ― 髪の毛1本の感覚まで感知可能

かのスティーヴン・スピルバーグが1982年に世に送り出した「E.T.」、少年と宇...

NEW 

匂いを視覚化した「スメリーマップ」 ― 新しい街の捉え方、匂いの地図

鰻屋は匂いで客をつるなんて言いますが、路地を曲がると思いがけず舌鼓を打ちたくなる...

NEW 

まさに人間ミシン! Amazonもビックリの大発明「ロッキング・ニット」 ー ローテクが教える無意味の美学

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」冒頭に登場する、いくつものアナログな仕掛け...

NEW 

築地市場で売られた原爆マグロ? 毒魚「バラハタ」どころではない築地のヤバい日常

今年11月の移転に向けて慌ただしさを増す中央区築地市場。  今月12日には、仲卸...

NEW 

干上がった川から数千の男根が出てきた?インド人もびっくりの遺跡とは?

かなた地球を離れ宇宙開発が進む一方で、地球にはまだまだ身近な場所に貴重な謎が眠っ...

NEW 

100年以上前に描かれた2000年代の未来予想図が奇々怪々!人間の想像力に脱帽!

ドラえもんで描かれた世界はまだもう少し先の話のようですが、いつの時代も未来を想像...

NEW 

【大炎上のクジラ死骸写真】「命の冒涜というよりも…」複数の写真家に意見を聞いてみた

今月9日に北海道紋別市にある北海道立オホーツク流氷科学センターが発表した写真コン...

NEW 

【3.11】震災直後と5年後を比較した定点観測 ― 消えたもの、放置されたもの…復興の現状とは?

未曾有の天災、東日本大震災から早くも5年がたとうとしている。約1万6千人の死者を...

NEW 

時間は不連続のパラパラ漫画だった?意外と長い「最小時間」とタイムトラベルの謎とは?

時間は流れる川のごとく、とぎれることのない連続したものだと当たり前のように我々は...

NEW 

「置いて行かないで…」エベレストに残る200体以上の遺体の意外な役目とは?

エベレストといえば標高8,848メートル、ヒマラヤ山脈の世界最高峰である。長年に...

NEW 

拡大するブラックホールが地球を吸い寄せる?恐怖の「スパゲッティ化現象」とブラックホール周辺の知的生命体

アインシュタインがその存在を予測した重力波を、1世紀という長い月日を隔てて今月1...

NEW 

セックスの後、すぐにまた繋がりたがる若者たち ― SNS中毒者はピロートークを嫌う

最近の研究によると、特に35歳以下の若者世代は、性行為が終わった後、その余韻にひ...

NEW 

悪夢のような「セルロイド人形製造過程」 ― ドロドロホラーの域を超えた当時の現場とは?

 大正期、日本の子どもたちの遊びといえば、おはじき、めんこ、ベーゴマ、ビー玉、...

NEW 

科学の力で27年ぶりに蘇ったバイオリニスト! 脳波で四重奏に成功「誰しも涙せずにはいられないほどの音色」

少し前まで結核も不治の病とされたように、科学の進歩によって医療は飛躍的に進化して...

NEW 

古代の高速道路か?1万2000年前のトルコ~スコットランドを結ぶ巨大地下トンネルの謎

1万2000年前といえば世界的には氷河期末期、日本では本格的な土器の使用がはじま...

NEW 

ムスカイ・ボリタンテス ― 目の中で動く“虫のようなもの”の正体とは?

皆さんはふと空を見ている時やパソコンのモニタを見ている時に、目の中に小さな虫のよ...

NEW 

「2050年、人類は遂に永遠の命を手に入れる!」 恐るべきホモ超越の内容とは?

現在40歳以下の方にはまたまた朗報だ。2050年までに人類がニュータイプに進化す...

NEW 

「1億円のジャガイモ写真」と「0円のタマネギ写真」を比べてください。現代アートの価値を問う2枚の写真

現代アートなどの作品で、これなら自分にも描けるのではないかと思ってプライスを見る...

NEW 

天下のニコンが騙された加工写真が炎上! クソコラ祭りに発展へ

ニコン・シンガポールが開催した写真コンテストの入賞作品が、あまりなずさんな加工写...

NEW 

「寝相」で夢の種類や体の調子が変わることが判明! 淫夢、悪夢、アルツハイマーまでコントロール!

唐突ですが、今朝起きた時どんな体勢でしたか? 胎児のようにくるまったり、仰向け、...

NEW 

NASAの仮説覆り、再び「宇宙人による建造物説」有力に? 連星「KIC 9462852」の謎の減光現象とは?

やはり宇宙人による巨大建造物が存在するのではないか? 去年9月、不自然とまでいえ...

NEW 

70年間、無人にもかかわらず家賃が払われ続けた「時が止まった部屋」の秘密=パリ

これは、2010年に起きた事件で、海外で話題になったものの、日本ではほとんど語ら...

NEW 

驚愕! 母の死後にトイレの水とまさかのアレを食べて3週間生き抜いた4歳の少女

世の中は怪事件であふれている。火事場のクソ力と言葉が示す通り、極限状態に陥った人...

NEW 

1生に1回は見ておきたい! 1年に1度、11月11日11時11分だけに訪れる奇跡の光

明けましておめでとうございます。今日は1月1日。ゾロ目というのは何にしても気持ち...

NEW 

【閲覧注意】エイリアンの卵、遂に捕獲成功か? なんともおぞましい悪魔の指

 23日「DailyMail」が報じたとろこによると、イギリス人男性が「エイ...

NEW 

中国が発明した耐震用「人喰いベッド」の構造がヤバすぎる! 巨大地震がきたらバカッと開いて…

東京都が都民に向けて配った「東京防災」が分かりやすいと人気を博している。もうすぐ...

NEW 

これは謝るしかない。タバスコってこんなに作るの大変なんだね。1本作るのに3年以上かかってるよ

※驚愕のタバスコの製造過程は3頁目にまとめて掲載しています。ただし、全文読むと知...

NEW 
トカナ TOCANA公式チャンネル