• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

過去、トカナで5回にわたる大規模連載に登場してくれた、欽ちゃん劇団出身の芸人・俳優の川本成。その川本成が、超伝説的SFコメディ舞台「バック・トゥ・ザ・ホーム2016」の再演「バック・トゥ・ザ・ホーム2018」(11月7~12日、東京・赤坂レッドシアター)と、続編「バック・トゥ・ザ・ホーム2」(11月16~25日、同)の製作発表イベントを開催した。

kawamotonaru1001.jpg
「バック・トゥ・ザ・ホーム」作家・出演者一同

 トカナ読者も大好物の“宇宙人”をテーマとしたこの作品は、2年前の初演で全公演のチケットが完売した神舞台なのだという。当時の舞台のネットでの反応を見ると……。

「めっっっっっっっちゃ面白かった」
「ヤバい面白かった!! バック・トゥ・ザ・ホームリピートする」
「ほっこりしたり。きゅんとしたり、グッときたり、とにかく爆笑」
「舞台でこんなに笑ったのは初めて」
「めっちゃ笑った!ひたすら笑った!!!宇宙人ネタはだめだよ、面白すぎる」
「面白すぎて2時間あっという間」
「笑いすぎて悩みが飛んだ」

 大絶賛の嵐。しかも、舞台のチラシモデルは我々のメンターである韮澤潤一郎先生と、天敵!?(笑)の大槻義彦教授による神デュオが務めているのもポイントだ。

530pxBTTH_MV.jpg
kawamotoonigashima.jpg

 さて、今回の製作発表イベントには川本成(時速246億)、作・演出の細川徹(男子はだまっていなさいよ!)、和田琢磨、高橋良輔、平子悟、アイアム野田(鬼ヶ島)、小野坂昌也、八十田勇一が登壇。メンバーがどのくらい仲がよいのかという質問に対し、アイアム野田の唇が柔らかいから、初演の稽古と本番中にメンバーとキスすることが流行ったというエピソードが披露された。そして、この日もアイアム野田と川本成がキスし、会場は爆笑の渦に。再演のみならず、続編まで作るモチベーションの高さは、“キスするほど”の仲の良さが影響しているのは間違いない。

 製作発表では、それ以外にも「出演者のUFO体験」「出演者の最近の仕事事情」「最近の恋愛事情」「稽古について」など、舞台に関することからプライベートまでが赤裸々に語られ、会場は常に爆笑状態。製作発表トークショーとは思えぬ笑いのクオリティで攻め続けた。
 
 実は、トカナは今年8月に川本成のソロ公演「独特」を鑑賞しているのだが、その舞台が瞬きをするのが惜しくなるほど面白かったことだけは伝えておこう。正直なところ、ソロ舞台だからもっと地味なものなのかと思いきや、良い意味で期待を裏切られ、本当にずっと大爆笑しっぱなしだったのである。そんな川本氏が牽引する「バック・トゥ・ザ・ホーム2018」と「バック・トゥ・ザ・ホーム2」…これは絶対に見逃せない!

『バック・トゥ・ザ・ホーム2018』
作・演出:細川徹(男子はだまってなさいよ!)
出演:和田琢磨、高橋良輔、平子悟、アイアム野田(鬼ヶ島)/小野坂昌也/川本成(時速246億)
《声の出演》根本宗子
日時:2018年11月7日〜12日
場所:赤坂レッドシアター
チケット:前売5700円、当日5900円(全席指定、税込)
チケットはこちら

『バック・トゥ・ザ・ホーム2』
作・演出:細川徹(男子はだまってなさいよ!)
出演:和田琢磨、高橋良輔、平子悟、アイアム野田(鬼ヶ島)/小野坂昌也/八十田勇一/川本成(時速246億)
《声の出演》根本宗子
日時:2018年11月16日〜25日
場所:赤坂レッドシアター
チケット:前売5700円、当日5900円(全席指定、税込)
チケットはこちら

川本成のインタビュー連載はこちら

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年10月 2日 01:15 | 返信

韮澤出版長と大槻教授のやり合いが昔から楽しかった、今もやってるんだと思うと嬉しい!

韮澤さんと大槻教授のUFOの言い合いのCMが面白くて最高だった!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。