奇書「ヴォイニッチ手稿」は暗号化された中世の“女性の秘密”だった!?専門家が主張

 西暦15世紀初頭にさかのぼる奇書であり歴史上最も複雑かつ謎めいた文書の1つとして知られる「ヴォイニッチ手稿」の新たな側面に光が当たっている。同書は暗号化された中世の“セックス教本”だったのではないかというのだ――。

■暗号化された「女性の秘密」なのか

「ヴォイニッチ手稿(Voynich Manuscript)」は1912年にポーランド系アメリカ人のウィルフリッド・ヴォイニッチによってイタリアで発見され、彼の名にちなんで名づけられた。

ヴォイニッチ手稿 画像は「Wikimedia Commons」より

 世界の文献史上最も複雑で謎めいた文書の1つとして知られるヴォイニッチ手稿は西暦15世紀初頭に遡る羊皮紙写本で、異世界の植物、占星術の図、未確認のシンボルの複雑なイラストで飾られた約240ページで構成されており、すべて未知の文字で書かれている。その内容は謎に包まれており、未解読のまま何世紀にもわたって言語学者、暗号学者を困惑させてきた奇書である。

 そして最近になって一部の専門家は、この世界で最も神秘的な奇書には、当時は危険な情報と考えられていた中世の性の秘密が含まれていると述べている。

 豪マッコーリー大学のキーガン・ブリューワー博士が主導する研究チームが2024年3月に「Social History of Medicine」で発表した研究は、ヴォイニッチ手稿にはセックス、避妊、婦人科に関する検閲済みの情報が含まれていると述べている。

 同書にはハーブ、天文学、生物学、薬学などに関わるさまざまなイラストがふんだんに掲載されているのだが、その中に仰向けに寝た裸の女性が、手にしている何らかの器具を股間に向けているように見えるイラストがある。

画像は「Wikimedia Commons」より

 研究者はこのイメージを理解するためには当時の医師がしばしば「女性の秘密(women’s secrets)」と呼んでいた、中世後期の婦人科と性科学の文化を把握しなければならないと指摘する。

 判明しているもっとも初期のヴォイニッチ手稿の所有者は神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世(1552-1612)なのだが、同書に使われている羊皮紙を炭素年代測定すると、1404年から1438年の間に死亡した動物の皮革である可能性が95%であることが突き止められている。

 そこから大雑把に類推すると同書はおおよそ西暦1500年前後に作成されたと考えられるのだが、当時の社会は性に関してきわめて保守的であったことがわかっている。

 こうした時代背景から研究チームはこの時代、性に関する情報は“暗号化”されて密かに共有されていたのだと説明している。

 実際にこの時代にはほかにも“暗号化”された「女性の秘密」に関する著述物が残されており、中世後期ヨーロッパの家父長制文化による検閲の目を逃れて密かに情報共有が行われていたのである。

■謎のイラストは“子宮”の図解なのか!?

 研究チームは15世紀の医師の一人、ヨハネス・ハートリーブに着目した。

 ハートリーブは、植物、女性、魔法、天文学、風呂についての著述を数多く書き残しているのだが、同氏はまた、避妊、中絶、不妊につながる可能性のある医療手法や手順を“暗号化”した「秘密の手紙」を推奨していたといわれている。

 ハートリーブは「女性の秘密」が広く一般に知られるようになることに強く躊躇していたといわれ、その種の著述物は婚外セックスを助長する可能性があり、もしそうなった場合には神が彼を断罪することを憂慮していたという。

 したがってその種の情報については“暗号化”された「秘密の手紙」を活用すべきであることを暗に匂わせていたのだ。

 そして研究チームはこの時代の多くの暗号を解読したのだが、その中には中世後期のイタリア北部に伝わる21行の暗号文があり、その内容には中絶を含む婦人科の施術手法も含まれていたのだ。

 また著者が自己検閲を行ったり、読者が婦人科や性科学のテキストの情報を消去したり毀損したりする例も数多く見つかった。検閲は多くの場合、情報に含まれる性器名称や植物の名前など、いくつかの単語のみを不明瞭にするだけであったが、場合によってはページ全体や章全体を削除することもあった。

 バイエルン州のある著述物には、女性とセックスをするために透明人間になる呪文や、魔法の呪文が含まれており、その後の2ページが削除されていた。

 研究チームは肝心のヴォイニッチ手稿の解読には成功していないのだが、同書の中でも有名なイラストである「ロゼット」が、中世後期の性と受胎についての理解を表していると説明している。

「ロゼット」 画像は「Wikimedia Commons」より

 ロゼットは、円、チューブ、ドット、電球、通路、城、市壁で構成されているが、この構造は中世の理解での子宮を図解化したものであると研究チームは説明する。

 はたしてヴォイニッチ手稿には中世の“セックス教本”の要素が込められていたのか。そして全文の解読に成功するのはいつなのか。謎だらけのヴォイニッチ手稿はこの先も我々を悩ませる未解決ミステリーであるのだろう。

参考:「Daily Mail」、「The Conversation」ほか

関連キーワード:, , , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

奇書「ヴォイニッチ手稿」は暗号化された中世の“女性の秘密”だった!?専門家が主張のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル