「宇宙人は4種類」「地球には5つの宇宙人基地」元米エリート軍人が暴露! エイリアンの傾向と基地の場所も特定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
「宇宙人は4種類」「地球には5つの宇宙人基地」元米エリート軍人が暴露! エイリアンの傾向と基地の場所も特定!の画像1
ブキャナン氏。画像は「Collective Evolution」より引用

 

 1970年代に行われていた米国の超能力実験「スターゲイト・プロジェクト」では、テレパシーや透視能力の研究が主であったが、宇宙人に関わる研究もしばしば行われていた。

 オルタナティブサイト「Collective Evolution」(4月12日付)によると、自身もサイキックであり、スターゲイト・プロジェクトではデータベースマネージャーを務めていた元エリート軍人のリン・ブキャナン氏も宇宙人について過去にインタビューで語っていたという。

「退役後に政府のとある部署から地球外生命体と人間のサイキック能力の比較研究をしてくれと頼まれました。私が指名された理由は、(米軍のUFO調査記録である)プロジェクト・グラッジやプロジェクト・ブルーブックでも明かされていない情報にアクセスすることができたからです。この研究で私は全ての地球外生命体は4つのカテゴリーに分類できることに気付きました。まず、人間よりサイキック能力が高いグループと低いグループの2つです。そして、それぞれのグループには人類に友好的なグループと敵対的なグループがあります。サイキック能力が低く敵対的な宇宙人は人類が嫌いなため地球に来ません。サイキック能力が低く友好的な宇宙人は貿易のために地球に来ます。サイキック能力が高く友好的な宇宙人は人類の能力を高めるために手を貸してくれています。サイキック能力が高く敵対的な宇宙人は人類を殲滅したいと考えています」(ブキャナン氏)

「宇宙人は4種類」「地球には5つの宇宙人基地」元米エリート軍人が暴露! エイリアンの傾向と基地の場所も特定!の画像2
画像は「getty images」より引用

 

 ブキャナン氏が明かした4つの宇宙人のカテゴリーをまとまめると、

A:サイキック能力(高):友好的→人類の能力を高めたい。

B:サイキック能力(高):敵対的→人類を殲滅したい。

C:サイキック能力(低):友好的→人類と貿易したい。

D:サイキック能力(低):敵対的→人類は嫌いだし、会いたくもない。

 元カナダ国防相のポール・ヘリヤー氏は82種類の宇宙人が存在することを暴露しているが、それぞれのグループを代表する宇宙人は、Aグループは「プレアデス星人」や「アクトゥリアン」。Bグループは「レプティリアン」や「アルファ・ドラコニアン」、Cグループは「グレイ」、Dグループはその他有象無象の宇宙人といったところだろうか。

関連記事

    コメント

    3:匿名 2019年4月18日 02:08 | 返信

    もうちょい真に迫った話が聞きたいなぁ。
    「こういうのがいる、こういうのがある」だけじゃなくて
    「長年同じ内容が囁かれているのに、どうして未だに政府が公表しないのか」という事情。
    推測や想像じゃなくて、現実の話が出てきた方が真実味があるよ。

    2:匿名 2019年4月17日 12:28 | 返信

    ほんじゃ、
    人間のサイキック能力があがれば、人類に敵対的なサイキック能力の高い宇宙人は地球から出て行くということかな。
    人間の能力があがればレプティリアンは地球から撤去するかな。
    そう考えると、彼らが食品添加物や土壌汚染で人間の能力を下げている理由もなるほど納得。

    1:匿名 2019年4月16日 19:06 | 返信

    はいはいワロスワロス

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。