>  >  > 【近親相姦】鬼畜カルト信者が娘と孫を…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

re-177431016.jpg

 昨年11月11日。ジョージア州フルトン郡のノースサイド病院の救急病棟に、でっぷりと太った中年黒人男性が小さな赤ん坊を抱えて入ってきた。男はカルバン・マッキントッシュと名乗り「生後15カ月の娘アルセンティの様子がおかしい」とだけ告げ、医療スタッフらが手当てをしている間に立ち去ってしまった。赤ん坊はすでに死亡していたのだが、担当した看護師、医師ともに「ネグレクトだ」と確信した。赤ん坊は骨と皮だけの状態で、死因は餓死。体重はたったの3キロしかなかったのだ。


■目の前に広がる残酷過ぎる光景

 病院から通報を受けた警察は、カルバンが住所として書いていた長期滞在者向けのピーチツリー・コーナーズ・ホテル310号室に向かった。そこで彼らが目撃したのは、考えられないほど残酷な光景だった――。

 ホテルには、カルバンの娘で23歳のナジュラと、5歳、3歳、3歳の3人の子どもたちがいた。3人の子どもたちは全員痩せこけており、重度の栄養失調に陥っていたが、ナジュラだけは太っていた。

 そしてホテルの部屋を突き進んでいった警官はさらに驚くことになる。ガリガリに痩せ、今にも息絶えそうな若い女性が、毛布に包まれ床の上に放置されていたのだ。ナジュラの証言により、この女性は4年前に行方不明になったと警察に届け出されていた21歳のアイシア・スイーティングだと判明。アイシアの体重は小学4年生女児の平均体重を下回る、わずか29キロしかなく餓死寸前。話すことも体を動かすこともできなほど衰弱しており、病院に救急搬送された。

 警察の発表によると、亡くなった赤ん坊のアルセンティはカルバンがアイシアに産ませた2人の子どものうちの1人。ホテルにいたもう2人の子どもたちは、カルバンと血の繋がった実の娘であるナジュラとの子ども

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?