>  > 消え行くタイの“アングラ”観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
タイの二大廃墟が消失寸前? 神秘的なアノ光景をもう一度…!!

 日本人の旅行者が、毎年150万人以上訪れているタイの首都バンコク。  この街には東南アジアを代表する、サトーン・ユニークとニューワールド・ショッピング・モールというふたつの廃墟がある。  サトーン・ユニークは1990年代のバブル経済期において建設が予定されていた建物だ。豪華絢爛な外装を売りにし、タイの経済的裕福さ象徴するかのような作りになるハズだった。しかし、97年に勃発したアジア通貨危機の...