• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ダイエット

,

佐藤Kay

,

女優

,

拒食症

,

摂食障害

 米国人女優レイチェル・ファロックさん(37歳)が重い拒食症になったのは今から10年前のことだ。身長170㎝で、かつては56.7 kgの体重だったのに、今はわずか18kgしかない。しかも、ここ最近は容体が悪化しており、自宅で動き回ることすら困難な状態だという。一体、彼女の身に何が起こったのか?


■ダイエットに歯止めが利かなくなる

rachaelfarrokh1.JPG
レイチェル・ファロックさん 画像は「YouTube」より

 レイチェルさんは「CNN」のインタビューで、10年前、拒食症になったきっかけについて語っている。

 女優だった彼女は最初、“カッコイイ腹筋がほしくて”ほんの1、2 kg体重を落とそうとしていただけだった。ところがその頃、仕事がない日々が続いてしまい、次第にそのことで思い悩むようになる。

 そんなある日、妹から1枚の写真をプレゼントされた。それは、女優として生き生きとしていた頃の自分の姿がちりばめられたコラージュ写真だったのだ。

「これこそ私の真の姿! この頃の私に戻らなければ」

 落ち込んでいた彼女は、自分を奮い立たせた。そして、無謀なダイエットが始まったのだという。もちろん、それが命を削ることになろうとは夢にも思わずに。

 拒食症患者を診察しているアメリカの病院「メイヨー・クリニック」の代表は「拒食症とは、食べる・食べないの単純な話ではありません。実際は、感情面で抱えているトラブルを病的な方法で解決しようとする時に起こります。つまり、『自分なんて価値がない』という苦悩から逃れるため、痩せている自分に価値を見出そうとして発病するのです」と伝えている。

 レイチェルさんが通っていたジムでパーソナルトレーナーをしていた時に知り合い、結婚したという夫のロッドさん(41歳)さんは「ABCニュース」の取材に

「拒食症になる前の妻は健康的でアクティブな女性でした。ただ、完璧主義ではありました」と、彼女の性格を分析。今は仕事を辞め、フルタイムでレイチェルさんの看病をしているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?