>  > 視界から突然モノが消える錯視が超ヤバい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

トリック

,

情報

,

,

盲点

,

,

視覚

,

錯視

 視界にあるものが突然消失する。そんな信じられない経験が簡単にできるテストがある。まずは下の図を見てみて欲しい。


■突然モノが消える錯視テスト

 英紙「Daily Mail」(5月30日付)が、白地に十字と●が描かれた簡単な錯視テストを紹介している。この図をある方法に従って眺めるだけで、●が完全に視界から消えてしまうというのだ。下記のインストラクションに従って試してみて欲しい。

視界から突然モノが消える錯視が超ヤバい!! 脳が勝手にフェイク情報を作り出す決定的瞬間を体験せよ!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

1、左目を閉じ、右目で図の十字を見る
2、そのまま十字から目を離さず、頭をスクリーンから前後に動かす
3、図の●が消失する

 如何だろうか? ちなみに、右目を閉じ、左目で●を見る場合でも十字が消失する。そこにあるはずのものが無くなってしまうのだ。これは人間なら誰しもが持つ視覚上の穴「ブラインド・スポット(盲点)」をついた錯視テストだ。

 人間や動物は自分の周りの環境を一貫して理解するために、五感が受け取った情報の欠片を結びつけ、統一する。だが、この統一は決して完璧ではない。脳が無理やり作り上げた虚構が必ず含まれることになる。普通に考えれば、盲点に入った情報は見えていないのだから、視界の中にぽっかりと何もない空間が広がってしまいそうなものだが、実際は脳が勝手に穴を埋めてしまう。

視界から突然モノが消える錯視が超ヤバい!! 脳が勝手にフェイク情報を作り出す決定的瞬間を体験せよ!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 今回、ドイツ・オスナブリュック大学の研究チームが開発したテストも「脳が視覚情報に与えるバイアス」を暴くためのものだ。シャッターグラスという特殊なメガネが使用される点や2つの縞模様を用いる点を除けば、さきほどのテストとさほど変わらない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。