>  >  > NASAが地球外生命体の存在を公表!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 またしてもNASAから重大発表が!? 「アノニマス」を名乗るYouTubeチャンネルに投稿された動画は、今後すぐにでもNASAから驚くべき事実がアナウンスされると主張している。


■NASAが地球外知的生命体の存在を公表する日は近い!?

 国際的ハッカー集団「アノニマス」の名を付したYouTubeチャンネル「Anonymous Global」に先日投稿された動画は、今にもNASAが地球外知的生命体の存在を公表しようとしていると主張している。

 オルタナティブメディア「Ancient Code」の記事によれば「NASAは『エイリンアンがやって来た』と言っている。宇宙の至るところにある多くの惑星が、地球よりもずっと前に知的な生命を宿していた可能性は極めて高い」ということである。そしてもちろん、ここでいう“生命”とはあくまでも文明を持った知的生命体であり微生物のようなものを指しているのではない。

abouttoannounce1.JPG
Ancient Code」の記事より

 彼らの主張の根拠はここ最近のNASAの目まぐるしい動きにある。この4月には、木星の衛星である「エウロパ」と、土星の衛星「エンケラドス」において地球外生命を発見できる可能性が高いという公式発表を急遽行い、世を騒がせたことは記憶に新しい。また先日はケプラー探査機ミッションで、新たに219個の太陽系外惑星候補を発見し、そのうち10個は生命体が存在する可能性がある居住可能な環境であることを発表している。

 こうしたここ数年から直近までのNASAの慌ただしい動きに、アノニマス・グローバルはその背後に何かあると踏んでいるようだ。そして、4月26日の米下院宇宙科学技術委員会(House Committee on Science Space and Technology)の公聴会において行われたNASAのトーマス・ズブッケン教授の声明に着目している。

「我々の文明は宇宙の中で地球外生命体の証拠を発見する瀬戸際に立っている。地球外生命体が存在する証拠を具体的に探しているさまざまな活動や任務のすべてを考慮に入れれば、私たちは歴史の中で最も深くかつ前例のない発見をする瀬戸際に立っています」(トーマス・ズブッケン教授)

 二度繰り返された“瀬戸際に立っている”というズブッケン教授の言及から、彼らはNASAによる地球外知的生命体の存在を公表する日は近いと見ているようである。

Anonymous believes NASA is poised to announce discovery of aliens 動画は「Anonymous Global」より

コメント

6:匿名2017年8月13日 05:00 | 返信

結局何も出てこない

5:匿名2017年6月30日 21:07 | 返信

チャンネルとか動画にリンクも貼れないような記事は無価値

4:匿名2017年6月30日 21:06 | 返信

チャンネルとか動画にリンクも貼れないような記事は無価値

3:匿名2017年6月30日 21:05 | 返信

チャンネルとか動画にリンクも貼れないような記事は無価値

2:匿名2017年6月30日 21:04 | 返信

チャンネルとか動画にリンクも貼れないような記事は無価値

1:匿名2017年6月30日 20:13 | 返信

NASAの科学部門の責任者トーマス・ズブッケン氏「いやまだ地球外生命体とか見つけてないから」

"地球外生命体に関する発表はない"とコメント
同氏はこの件に関して自身のツイッターにこう投稿した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。