>  > 田原総一朗氏が安倍首相に進言した「政治生命を賭けた冒険」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

安倍晋三

,

田原総一朗

download1407.jpg
画像は、「暴走司会者 - 論客たちとの深夜の「激闘譜」」(中央公論新社)


 この御仁、老いてなお盛んだ。ジャーナリストの田原総一朗氏(83)のことだ。このところ、支持率低迷に腐心する安倍晋三首相に“ある提言”をしたことから、各局引っ張りダコに。関係者の話を総合すると、安倍首相の“女房役”である菅義偉官房長官に田原氏が、政権運営についてある助言をしたところ、その話が首相に耳に入り「是非会いましょう」となったという。極秘会談が行われたのは7月28日のこと。人払いをし、2人きりで約1時間に渡って、互いの意見をぶつけ合ったという。そこで田原氏は安倍首相に起死回生の秘策を〝進言〟。その中身について田原氏は「政治生命を賭けた冒険」と形容するのみで、肝心部分については「言ってしまうと(話が)潰れてしまう可能性があるから、具体的にはお話できない」と繰り返した。

 そう言われれば言われるほど、気になるのが野次馬の性分。各局情報番組に出演した田原氏から出たヒントをまとめると…。

・安倍首相にしかできない
・解散や辞任、改造人事に関わる話ではない
・民進党や共産党もおそらく反対しない
・それをやったからと言って自民党や安倍首相が変わることではない
・外交問題ではない

 永田町では安倍首相の電撃訪朝を指摘する声も上がっているが、上記のヒントからしてもそれはありえない。外交関連の専門家も「小泉純一郎内閣の時は、電撃訪朝したことで支持率が急上昇しましたが、いまは違う。北朝鮮を取り巻く環境は複雑化しており、日米韓だけでなく中国やロシアも入り込んでいる。いま動けばスタンドプレーとみなされる」と話す。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年8月 2日 16:41 | 返信

公明切りは是非やって欲しい。秘密警察気取りで調子に乗りすぎ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。