>  > 【証拠画像がヤバイ!】勝ち組だけが知る超リアル裏情報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

JRA

,

フェブラリーステークス

,

競馬

keiba207.jpg
競馬投資が注目を集めている


 最近になって急成長を遂げている仮想通貨市場だが、コインチェック事件やビットコインの乱高下で不安定だ。中にはなけなしの貯金をすべて溶かしたといった書き込みもあり、人気と裏腹に実態はかなり深刻といっていいだろう。特に580億円分の仮想通貨NEMが取引所大手コインチェックから不正に流出した問題は社会現象となり、約26万人の被害者に対し完全な解決には程遠い状況となっている。

 また2月6日には米国株価の急落を受けて日経平均株価が一時1100円以上も下落するなど、右肩上がりだった市場も不安定な状況に突入したかもしれない。

 株価にしろ仮想通貨にしろ、結局のところ運頼みだ。期待を込めて購入しても、その後個人でその価値を高めることはできない。上がるか下がるかはまるで丁半博打だが、それを覚悟しての投資なのであろう。下がったとしても抵抗する手段はなく、ただその現実を受け入れるしかないのだ。

 最近はそんな状況に嫌気を出して他の投資で稼ぐ強者がいるとの話を聞いた。それが「競馬」だというから驚きだ。

 昭和の時代、ハイセイコーやオグリキャップで社会現象を巻き起こした競馬は、JRAのCM戦略もあってギャンブルからスポーツへとそのイメージを転換させて社会的位置付けを獲得した。当時人気絶頂だったSMAPの木村拓哉や高倉健といった一流芸能人がCMに出演、競馬場には老若男女があふれてダービーや有馬記念は社会的行事としても定着した。

 そして平成になって特にここ10年はデータによる競馬投資が広まり、馬券裁判で証明されたように「数億円の利益」を手にする猛者もいる。おそらく世に出ないだけで多くの馬券投資家が存在するといえよう。

 以前の競馬がギャンブルだったのは馬券を検討する手段が競馬専門紙とスポーツ紙しかなかったからである。様々な要素が存在する競馬において、それだけでは圧倒的に情報が不足していたのだ。しかし今やJRAが提供する世界随一を誇る圧倒的なデータ、それを分析するソフト、そして効率よく購入する方法などが開発され、さらに今まで表に出なかった競馬情報が外に出るようになり、競馬投資は一気に完成度を高めたのだ。

 もはや競馬はギャンブルではない、立派な投資手段なのである。


■素人が競馬で勝つためには?

 しかし一般人がいきなり手を出しても簡単には勝ち組にはなれない。仮想通貨や株以上に専門用語が多い競馬は、素人にはちんぷんかんぷんだろう。それでも素人が競馬で勝つ、利益をあげる手段は確実に存在する。それが「競馬情報」の活用だ。

 競馬が株と大きく異なるのは、結果に直結するインサイダー情報が明確に存在し、それを利用して利益を得たとしても罰せられることはないことだ。例えば、あるレースでまったく人気のない馬が、今までとは状態が一変し、これなら勝てるという状況があったとする。それがニュースになって広まれば人気になって配当が下がってしまう。しかしその事実が表に出ず、一部の人だけが知って馬券を購入するのであれば、配当が高く大儲けになる。これが株であればインサイダー取引で犯罪となるが、競馬にはない。

 そしてこの情報は、当然スポーツ紙や競馬専門紙といった一般的なマスコミ媒体では存在しない。関係者情報の入手に特化した、プロフェッショナル集団だけが知りえるものなのだ。この競馬界においてトップクラスのプロフェッショナル集団といえるのが、競馬情報サイトの「マスターズ」だ。


■“勝てる”競馬情報をもつ集団「マスターズ」とは?

 マスターズには「競馬場のプロ」である本物の競馬関係者が所属。そのメンバーは元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、トラックマン、馬具屋等の内部関係者で構成され、馬券に直結する【騎手情報】【馬主情報】【厩舎情報】を365日収集できる態勢が整えられている。

 競馬一家の出身で自身も数々のG1馬、重賞馬を育てた元JRA調教師、ほとんどの現役ジョッキーが後輩にあたる重鎮と言える元ジョッキー、大物馬主とも親密なつきあいをする馬主関係者などそのメンバーはまさに競馬界を代表する大物たち。彼らは現役の調教師や騎手達と家族同然の仲間であり、これは結局他人でしかないスポーツ紙の記者たちとは人間関係のレベルが違うことを証明している。その結果、スポーツ紙や専門紙には話さない「本音話」を聞くことができるのだ。

 週末はダート王決定戦のフェブラリーステークスが東京競馬場で行われる。競馬ファンにとっては待ちに待ったG1レースだ。このマスターズは2017年、2016年とこのフェブラリーステークスを2年連続で的中させているほか、前哨戦となる根岸ステークスも仕留めるなど非常に自信のあるレースだそうだ。

 今年は昨年のダート王ゴールドドリームを筆頭に、テイエムジンソク、ノンコノユメ、ケイティブレイブ、アウォーディーといった好メンバーが顔を揃えた。しかし傑出馬は不在でかなりの混戦模様といえるだろう。しかしマスターズによると

「フェブラリーステークスはここ2年情報通りの決着となっておりますが、これは我々の騎手・馬主・厩舎情報がこのレースを的中させるに必要なあらゆる情報をカバーできているからです。

 その傾向は今年も変わりませんが、むしろ今年は過去2年を凌ぐ信頼度と断言できる、鉄板馬・激走穴馬の関係者情報を聞いています。今年最初のG1レースでこれほどの情報レベルに達するのは珍しいかもしれませんね。それだけ配当妙味も高く勝負レースとしてうってつけのレースでしょう」

 とその自信の高さを語ってくれた。

■「マスターズ」の実力を証明する画像とは?

 このフェブラリーステークスを皮切りに本格的に春競馬が開幕、そして日本ダービーを頂点とする春のG1シーズンもあっという間に始まる。

「競馬ファンの注目が大舞台に向かうG1シーズンこそ、情報力がモノを言う季節。例年、スポーツ紙や専門紙の記者がG1の取材に追われ、他のレースに関する情報がどうしても手薄になります。そんな状況を背景に、関係者がこっそりと仕込んだ激走馬たちが出走表に紛れ込みます。普段ならマスコミにバレてしまう馬も、この季節なら人気にならずに買えるため、オイシイ馬券を毎週のように的中できるのです。もちろんマスターズの情報網は、そうしたオフレコの勝負話を漏らさず聞いてきます」

 とマスターズは春のG1シーズンに向けて意気込みを語ってくれたが、その春競馬に向けて今週行われるフェブラリーステークスはマスターズの実力を知る絶好の機会だ。

 というのもマスターズはこの記事を読まれた方を対象に「フェブラリーステークスの3連単勝負馬券情報」を無料で提供してくれるというのだ。ちなみにこの「3連単勝負馬券情報」は1月も12月も万馬券を的中、特に12月は重賞のターコイズステークスを提供し、3連単9万4580円という特大万馬券を的中させている。ちなみにこの配当は1000円購入していれば94万5800円の払戻だったというのだから、そのインパクトは絶大だ。

nayakamarace.jpg
3連単勝負馬券情報で3連単9万4580円的中!

 もはや競馬投資は現実であり、誰もがその機会を手にしている。あとはその一歩を踏み出すだけだ。そして競馬の魅力は株や仮想通貨のような目に見えないものではなく、実際に目の前で勝負が繰り広げられることにある。応援した馬が先頭でゴールを駆け抜ける瞬間、手にした馬券が的中だったときの興奮は一生忘れられない宝物になる。ぜひその感動をマスターズの情報で味わってもらいたい。

特別無料提供CLICK→「フェブラリーステークスの3連単勝負馬券情報」マスターズ


※こちらの記事はPRです。

関連キーワード

JRA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。