• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

占い

,

,

心理テスト

,

性格診断

,

 周りの人から見た自分と、自分が思う自分像は違うことが多くある。しかし、下にある家の画像を一つ選ぶと、本当の自分の人格が明らかになるという。窓のタイプが異なる家を選んで、自分が思う自分像と重なるか試してほしい。

1805_house_01.jpg
画像は、「WONDERNEED」より引用




 1. どこか孤独を抱えた人気者

 1の大きな窓の家を選ぶのは、社交的で人気のある人。そして、周囲に愛情を注ぐタイプの人が選ぶことが多い。しかし、周りの人は外交的だと思っているにもかかわらず、自分的にはどこか孤独を感じているはず。特に一人の時は“周りに取り残されている”という気持ちが強くなり、常に友人に囲まれていたいと思っている。周りには温かい友人がいるものの、どこか孤独感が抜けない人といえるだろう。


 2. ミステリアスな人物

 2のブラインドで隠された窓の家を選んだ人は、ミステリアスで神秘的なタイプ。友人に恵まれるタイプだが、一人でいても気にならない人が多い。子どもの頃は孤独感を感じることも多かったが、現在はそれを表に出していないはず。なぜなら、孤独が自分を強く賢くしたと考えているからだ。


 3. たくさんの友人に囲まれた人物

 3の家を選ぶのは、アクティブな人が選ぶことが多い。常に友人に囲まれ、周りの人もそのオープンな心に惹かれているはず。親友でも初対面の人でも、誰かと一緒に時間を過ごすのが好きで、常にスマホで誰かと連絡をとっている。自分から何かを発信して楽しめるポジティブな性格で、座っているよりも何か行動していたい人物といえるだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。