笹井教授の死にまつわる4つの不審点 ― STAP細胞は触れてはならない“禁断の果実”だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笹井教授の死にまつわる4つの不審点 ― STAP細胞は触れてはならない“禁断の果実”だった!?
 先月5日、神戸市中央区の先端医療センターで、階段の手すりに首を吊って倒れている笹井芳樹教授が発見された。教授はすぐさま神戸市立医療センター中央市民病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。死因は自殺と考えられる――。 日本の再生医療研究のホープ、笹井教授の死は世間を騒然とさせた。STAP論文問題で責任を問われたり、小保方氏との“不適切な関係”が一時期浮上するなど、様々な報道に笹井氏が...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア