ルーカン伯爵の謎の失踪と血しぶき ― 未解決の奇妙なミステリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルーカン伯爵の謎の失踪と血しぶき ― 未解決の奇妙なミステリー
 40年前1974年11月7日、ロンドンの中でも上流階級が住む住宅街ベルグレイヴィアの豪邸で3人の子どもたちが眠るなか、事件は起きた。 当時別居中だったルーカン伯爵夫人であるベロニカ宅に、何者かが侵入。運悪く出くわした乳母のサンドラ•リベット(当時29歳)が鉄パイプで頭部を殴打された。 そこに容赦はなかった。彼女の頭蓋骨は粉々に砕け散り、血しぶきが飛び散った。死亡した彼女の遺体はその後...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア