奇習! 四代にわたる“近親相姦リレー”の悲劇 ― 町史に記されぬ隠された黒歴史

【日本奇習紀行シリーズ】関東北西部

奇習! 四代にわたる近親相姦リレーの悲劇 ― 町史に記されぬ隠された黒歴史の画像1画像は「PAKUTASO」より引用

 いつの時代も業の深い人間というのはいるもので、その人間性ゆえに、そうした人物による言動というものは、得てして、周囲の何ら罪のない善良な人々を巻き込む形で、大きな悲劇を生んでしまうものである。

「表向きは地元の名士。でも、実際にはとんでもない野郎でしてね。でもその家が代々、あそこらの実権を握っていたものだから、誰一人文句も陰口も叩けやしない。まあ、田舎の方のちょっと拓けた町なんかじゃ、よくある話なのかもわからんですけどもね」

 かつて関東北西部のとある地域に実在した、とある“因業名士”についてそう語りはじめたのは、山梨県在住の元団体職員・吉池道之助さん(仮名・78)。吉池さんの話しによると、かつて彼が暮らしていたその地域では、地元の商工業を一手に握る“名士”の男性・A氏がいたそうだが、そのA氏はその有り余る富と権力によって、実に罪深い所業を行っていたという。

「彼にはね、まず嫁さんと子供がいたんですけども、それとは別に、3人のお妾さんがいましてね。それぞれに彼との間にできた娘たちがいたんですが、その娘が大きくなると、今度はその子に手をつけてしまいましてね。お妾さんとの間にできた子って言ったって、(その娘は)自分と血が繋がってるわけですから、とんでもない話ですよ」

 正妻との家庭とは別に、複数の愛人を囲っているという話は、ひと昔前まで割とよく聞いた話ではあるものの、その愛人との間にできた娘にまで手をつけるというのはそうあるものではない。しかもそれが複数抱えているすべての愛人の娘ともなると、前代未聞の話だ。

「まあ、それだけでも本当におかしな話なんだけれども、問題はそこから。その手をつけたそれぞれの娘たちが、また、子供を孕むわけです。だから、母娘二代にわたって愛人化したばかりじゃなくて、子供まで生ませる。しかもその生まれた子供のうち、娘に関してはさらに手をつける。つまり、母娘だけじゃなくて孫娘にあたる子まで愛人化したっていうことです。まあ、息子は里子に出すんですけどもね、手をつけられないから」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ