「もうすぐ悪魔の塵・スマートダストがばら撒かれる」Wikileaksアサンジが警告! 世界中が危険に!?

「もうすぐ悪魔の塵・スマートダストがばら撒かれる」Wikileaksアサンジが警告! 世界中が危険に!? の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 もうすぐ“悪魔の塵”と称される「スマートダスト」の時代がやって来る。

 スマートダストとは、砂粒ほどに小さな超小型のマイクロマシンのことだ。そのメリットばかりが世界中で強調されているのが、Wikileaks創設者のジュリアン・アサンジは、これを「悪魔の塵」と称し、ロシア国営メディア「RT」で公開された最新インタビューにおいて警戒を促している。


■スマートダストの利点

「もうすぐ悪魔の塵・スマートダストがばら撒かれる」Wikileaksアサンジが警告! 世界中が危険に!? の画像2半導体プロセスを用いて作成されたギア(左下)とダニ(右上)の電子顕微鏡写真「Wikipedia」より引用

 まずはそのメリットを見ていこう。米誌「Forbes」オンライン版(9月16日付)によると、スマートダストで行えることは次のようなことだ。

・速度、圧力、湿度、音など、あらゆるセンサーからデータを採取。
・集められた膨大なデータをコンピュータ処理。
・記録装置にデータを蓄積。
・そのデータをワイヤレスで他のスマートダストと共有。

 このシステムを応用すると将来的に以下のことができるようになるという。

・前例のない規模で穀物をモニターすることができ、水分、肥料、農薬の必要量を決定できる。
・機器をモニターさせることで、メンテナンスに最適な時期が決定できる。
・機器が故障するために脆弱性や劣化部分を検知できる。
・人々や製品をワイヤレスでモニターすることで、セキュリティの強化が可能になる。
・どんな場所にいても、あらゆるもののサイズを計測することができる。
・商品を倉庫から消費者の元に届けられるまでモニターできる。
・患者の診断補助、医療機器のモニター。
・スマートダストを脳に直接散布することで、より詳細な脳機能のフィードバックデータを収集できる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ