奇習! 毎月15日、「神楽の面」をつけた夫婦たちが交歓SEX…! 村に平穏をもたらした子宝祈願の乱交文化=東北

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

kishuu1402_01.jpg画像は「Getty Images」より引用

 人間の欲望というものは実に限りのないもので、たとえば、誰もが望むような幸せな結婚生活を手に入れたとしても、それこそ「隣の芝は~」ではないが、他所の家庭の夫や妻が、無性に恋しく思われたりもするものだ。そして、そんな人々の欲望は、得てして、実に奇妙奇天烈な文化や習慣を生むのである。


「……まあ、“よその女”ってのは、それだけで不思議とムラムラくるもんでね(笑)。きっとみんなそう感じてたから、ああいう風習があったんじゃないかって思うよ」


 自身が暮らしていたという、東北地方のとある寒村にかつて存在していたという“夫婦交歓”の風習についてそう語りはじめたのは、現在もなお、同地方で細々と農業を営んでいるという山江省三さん(仮名・81)。山江さんの話によると、その昔、この地方の村々では、毎月決められた日に、すべての夫婦が参加する形で、“子宝祈願”と称する乱交パーティじみた催しが行われていたのだという。


「毎月ね、15日になるとさ、子供や年寄りが寝静まった頃合を見計らって、みんなで家を抜け出してね、村全体で持っている雑木林に集まるの。それでね、頭数を数えて全員そろったことを確認したら、みんな一斉に着ているものを脱ぎ捨ててね、イタするっていうわけ(苦笑)」


 とはいえ、いくら村人の間に“そういう認識”があると言っても、常日頃から顔を合わせている近隣の人々と、そうした行為に勤しむというのは、なんともバツが悪いもの。そのため、そうした気まずさを回避する目的からなのか、参加する各家の夫妻たちは、事前に配られている神楽の面をつけるしきたりとなっていたのだという。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。