奇習! 童貞青年の初SEXが気持ちよすぎて…! “性技のプロ”が教える伝統的「筆下ろし」の実態=中部地方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方

奇習! 童貞青年の初SEXが気持ちよすぎて…! 性技のプロが教える伝統的「筆下ろし」の実態=中部地方の画像1画像は「Getty Images」より引用

 その性別に関係なく“一生で一度”しかない初めての性行為である“初体験”。その多くは、“内容”はともかく、各人において良くも悪くも生涯忘れえぬものになる傾向にあると言えるが、こうした男女の“初体験”と、それにまつわる儀式や風習についてつぶさに調べていくと、この日本には、実に変わった風習が当たり前のように定着していたケースがあることに気づかされる。


「まあ、基本は“プロ”が相手だからね。それこそ、“失敗”っていうことはなかったんじゃないかな」


 その昔、中部地方のとある温泉場で行われていたという“初体験”にまつわる儀式についてそう語るのは、自身もその体験者であったという土屋昭三さん(仮名・81)。なんでも土屋さんの話によると、当地で生まれ育った男性の大半は、“プロ”を相手に、いわゆる“筆おろし”をすることが古くからの慣わしであったのだという。


「なにせこのあたりじゃ、昔から、そのへんを適当に掘っても温泉が出てくるような場所でね。古くから温泉場として栄えていたわけなんだけれどもね、昔の温泉場っていうのは、色町だったわけ。だもんだから、そういう“プロ”のひとがかなり暮らしていたのよ。だからね、大昔からこのあたりじゃ、男はまずそういう“プロ”のひとにお金を払ってお願いしてね、最初のコトを済ませると。そういう風習っていうのかな。あったわけなんだよね」


 古くから温泉場として栄え、今でも中部地方屈指の温泉場である当地は、その郷土史を紐解けばわかるように、大昔から温泉場を中心とした一大歓楽街ともいうべき場所であった。そうした背景から、当地には売春を生業とする女性たちが数多く暮らし、それはいわゆる“赤線”“青線”の時代まで続いていたのだという。そうした土地柄ゆえのことなのか、土屋さんが言うように、当地の男性たちはそうした“プロの女性”たちを相手に初体験を済ませ、その後、自身が恋慕う“非プロの女性”と結婚するケースが一般的だったという。

コメント

3:匿名 2018年12月10日 19:38 | 返信

この「日本奇習紀行シリーズ」語り口が同じ創作臭しかしないな
何が取材だ、こんなにたくさん簡単に見つかるわけないだろ

2:匿名 2018年12月10日 15:53 | 返信

こいつの話は妄想で書いた元ソースがないネタはかりなんだよ
全部つくり話

1:匿名 2018年12月9日 19:13 | 返信

いいなー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。