奇習! 寒村にSEXサーカス団「奇妙な見世物小屋一座」が存在! 乱交・スワッピングも当然…=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishuu1752_01.jpg
画像は「Getty Images」より引用

 2005年に公開された園子温監督の映画『Strange Circus 奇妙なサーカス』では、その冒頭、摩訶不思議なフェロモンを漂わせる“奇妙なサーカス”によるショーの場面が登場しているが、かつてこの国には、「サーカス」「見世物小屋」と称して全国各地を移動し、その土地土地の人々を巻き込む形で、今で言う、乱交・スワッピングパーティのような催しを提供してきた集団が存在していたという。今回はそんな“性の宴”を主催していた集団を、かつて目撃したという数少ない生き証人に、その実態について話を聞く機会に恵まれた。以下はその証言である。


「表向きはね、見世物小屋という体だったよ、たしか。けど、それはあくまで建前上のことでね。実際にはみんなその中身を知ってたんだ。知ってけど知らん顔して。けど、毎年あの連中がね、やってくるのを、みんな心待ちにしていたと思うんだよな」


 かつて全国各地を旅し、“性の宴”を開催していたというその集団についてそう語りはじめたのは、西日本のとある寒村で、昨年他界した妻を偲びつつ、ひっそりと暮らしているという横澤六郎さん(仮名・87)。そんな横澤さんの話によると、少なくとも今を遡ること約半世紀ほど前の1960年代半ば頃までは、そうした“性の奇術師たち”が、毎年のように当地を訪れ、村人たちを「楽しませていた」のだという。


「昼間はね、子供相手にそれこそ蛇女だとかね、そういう出し物をさ、“それっぽく”見せたりしてるの。要は見世物小屋だよな。けどね、真夜中になると、大人たち相手にさ、ストリップみたいなことをやってね。それこそ“まな板ショー”みたいなやつとか、“花電車”みたいなやつとか。そういうね、大人向けの出し物をするのさ」


 昼間の様相とは打って変わって、夜な夜な密かに“大人向けのショー”を披露していたというその集団は、やがて夜も更けきて、日付を跨ぐ頃へと差し掛かると、今度は客を交えての“体感型のショー”を展開することになるのだという。

コメント

1:匿名2019年1月14日 20:08 | 返信

「やがて世も更けてきて」→夜も○

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。