【閲覧注意】「メキシコの人喰い詩人」ホセ・ルイス・カルバ! 史上最悪の「人肉シリアルキラー」の生涯と調理法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■家を出たものの……

 無一文で着の身着のまま家を追い出されたホセは学校を中退。魔術師をしていた義理の兄がオファーしてくれたアシスタントの仕事をありがたく引き受け、ピエロとして働き小銭を稼ぐようになった。この頃から、本や脚本、詩に興味を持つようになり、創作活動を開始。一方で、酒を浴びるように飲み始めたのもこの頃のことだった。

 1996年、ホセはエイドという女性と結婚。しかし結婚生活は2年しか続かず、エイドは離婚後、ホセとの間にもうけた2人の娘を連れてアメリカに移住してしまった。妻に去られ、愛する娘たちとも会えなくなったことを嘆き悲しんだホセは、重度の鬱病を発症。ますます酒に溺れるようになり、薬物にも手を出すようになった。

 離婚後、鬱を患いながらも、ホセはリディア・サンチェスという女性と出会い、同棲を開始する。リディアはホセが逮捕された後、裁判の証言台に立っている。「ホセは黒魔術にハマっていた。牛の舌やハーブを使い人を呪う黒魔術儀式を行っていた。呪う相手は元妻など彼を裏切った人たちだった」「獣姦ポルノビデオを見るように命じられながら、SMセックスを強要された」と証言。また「セックスの前後には必ずペニスを洗っていた」「手を繰り返し洗う癖があった」と強迫性障害だったことや、「酷いモラハラ男で、別れたいと言うと”お前がいなくなったら俺は自殺する”と脅迫された」など、壮絶な同棲生活だったことを赤裸々に語っている。

「あまりにも異常な言動についていけない」「もう耐えきれない」とリディアが去ると、ホセは詩や脚本執筆にますますのめり込むようになった。さらに、自分の作品をプリントアウトして製本し、通りで配布するようになった。もちろん業界人の目にとまることを狙っての行為だったが、そんなラッキーなことはそうそう起きない。いつまでたっても芽が出ないホセは、次第に「自分は有名な作家だ」「著名な詩人で、売れっ子脚本家なのだ」と妄想するようになっていった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?