• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 人間であれば、「死」は誰にでも平等に訪れる。しかし、死亡時の状況は十人十色だ。英紙「Mirror」などが、男性がカカシ(案山子)の横で死亡していたという奇妙な事件について報じている。

■カカシとセックス中に事故死?

scarecrow1.JPG
Mirror」の記事より

 アルゼンチンのサンホセ・デ・ベルケアに住むホセ・アルベルトさん(58歳)は独り者の羊飼いだった。ある日、彼の家から嫌な臭いがするという近隣からの通報があり、警察はアルベルトさんの家に踏み込んだ。するとそこには実に奇妙な光景が繰り広げられていたという。

 警察が訪れた際、すでにアルベルトさんはベッドで亡くなっていた。しかし、彼の傍らにはなぜか“カカシ”が転がっていたという。そのうえ、そのカカシは頭にはカツラ、胴体には女性の服が付けられ、顔は化粧などで装飾がなされていた。さらに胴の中には藁が詰められ、そして腰に“大人のおもちゃ”が装着させられていたとのこと。

 検察スポークスマンであるロドルフォ・ムーア氏は、「カカシは遺体の隣に転がっており、私たちは彼がカカシとセックス中に何らかの原因で亡くなったと推測している」と発表した。この状況から検察は事件性が無いと見て、現在検死結果を待っているという。

■意外に多い自慰中の死亡事故

scarecrow2.JPG
デヴィッド・キャラダインさんの死因を報じた記事 「Bild」より

 実はセックス中や自慰中の死は決して珍しくはないらしい。海外でも2009年、アメリカ人俳優のデヴィッド・キャラダインさん(72歳)が、タイ・バンコクのホテルで首と性器に紐を結びつけたまま死亡し、自慰行為の最中に誤って死亡したと推測される事件があった。また2010年には、英国BBCのニュースキャスター、クリスチャン・ディグビーさん(32歳)が、自宅アパートで同じく自慰行為の結果死亡したと言われる事件があった。日本でも年間200~300人が自慰中に死亡しているとも言われている。

関連キーワード

コメント

3:匿名2015年4月19日 07:02 | 返信

年間200~300って、
けっこういるんだな

2:匿名2015年4月17日 14:31 | 返信

J( 'ー`)し カカシ…

1:匿名2015年4月17日 12:24 | 返信

自慰中死亡って身内いたら恥ずかしわ
ましてや子供がいたらあうぁぁんあう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。