>  > 希少性はペヤング以上! 日本人が熱狂した食べもの5品!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ペヤング

,

平田宏利

peyangu.jpg
credit:Britt Selvitelle/from Flickr CC BY 2.0から

 昨年12月、ゴキブリの混入が発覚し、製造販売を中止していたまるか食品は「ペヤングソースやきそば」を8日から関東7都県で販売再開した。
 
 「ペヤングソースやきそば」の復活を待ち焦がれていた人は多く、一部店舗ではフライング販売が行われたほか、8日になった瞬間(深夜12時を回ったころ)に販売を開始したところも。現在、同社は予想をはるかに上回る注文を受け、24時間体制で製造しているという。

 その人気ぶりがうかがえるが、過去にも食べ物をめぐって、さまざまな狂騒曲が繰り広げられた。中でも印象的だった出来事を、いくつか紹介しよう。

■吉野家の牛丼販売中止(2004年)

 04年、BSE発生によりアメリカからの米国産牛肉の輸入禁止となると、「吉野家」は牛丼の販売中止を決めた。販売最終日となった2月10日には、食べ納めをする人たちで行列ができた。販売中止は長期間にわたって続いたが、翌05年2月11日には材料を確保し、1日限定の牛丼復活が行われた。その時にも牛丼を求める人たちが詰めかけた。

■池袋大勝軒の一時閉店(2007年)

 つけ麺の名店として知られる「池袋大勝軒」の創業者である山岸一雄氏が今年4月に亡くなった折には、追悼の意味を込め、長い行列ができた。しかし、大勝軒の行列伝説はこれだけにとどまらない。かねてから、2時間待ちはザラであり、07年の一時閉店時には、なんと「9時間待ち」の行列ができたことも。

■赤福の販売再開(2008年)

 三重県を代表する和菓子の「赤福」は、2007年に消費期限、製造日、原材料などの偽装問題が発覚し営業停止に。翌08年2月に営業が再開されると、「赤福」を求める多くのファンが並んだ。さらに、昔からの恒例となっている毎月1日の「朔日餅」販売日には、1500人の行列ができるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。