• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

UFO

,

ブラジル

,

吸血

,

羽仁礼

,

自殺

OperationPlate.jpg
画像は「ufo.com.br」より引用

■捜査を指揮した大尉、謎の死を遂げる

 さて、最初は単なる集団幻覚で片付けようとしていたブラジル政府も、こうなるとさすがに無視できなくなり、ホランダ・リマ大尉を隊長として、事件を調査する「プラトー作戦」を実施した。

OperationPlate_4.jpg
画像は「YouTube」より引用

 ホランダ・リマ大尉と隊員たちは、ほぼ4カ月、目撃者と面談して写真を撮り続けた。彼が集めた資料は2,000ページの文書、500枚の写真、16時間の動画などに及ぶ。しかしこのプラトー作戦は、なぜか突然中止されてしまうのだ。

 その後、目撃情報は次第に減少することになるが、時は流れて1997年、ホランダ・リマ大尉が集めた資料が機密解除され、公開されることになった。残念ながら公開された資料には、吸血光の正体に迫るものはなかったが、この機会にホランダ・リマ大尉がブラジルのUFO雑誌のインタビューに応じ、本人の口からさらなる情報が語られた。そしてこのインタビューの3カ月後、彼は自宅で首を吊った姿で発見される。この死をめぐっては、多くの知人や同僚が「自殺ではない」と語るなど、多くの謎が残された。

 吸血光事件について、以後ブラジル政府は口をつぐんでいる。目撃そのものは報告されなくなっているが、実は密かに出現し続けているとの噂もある。そしてホランド・リマ大尉の謎の死と事件との関係は、現在も不明のままとなっているのだ。


事件の謎を追ったドキュメンタリー 動画は「YouTube」より

事件の謎を追ったドキュメンタリー 動画は「YouTube」より


羽仁礼(はに・れい)
一般社団法人潜在科学研究所主任研究員、ASIOS創設会員

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。