>  > フリーダムすぎる北海道の大麻事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

北海道

,

大麻

,

平田宏利

0924taima_01.jpg

 今月2日北、海道大学構内で、大麻草を栽培したとして、札幌市内在住の48歳の飲食店従業員の男性が逮捕された。男性は幼い頃から北大構内を遊び場として育ち、昨年から大麻栽培を開始。本年度は126本を育てていたという。大学関係者から通報を受け、警察署員が見張っていたところ、現場付近で大麻草を所持していた容疑者を逮捕した。「自分で吸うために育てた」と容疑を認めている。

 大学構内とはいえ大都市の片隅で、ここまで堂々と大麻草を育てられるのだろうか。北海道の大麻事情に詳しい、斉藤氏(仮名)に話を訊いた。

「北海道は自生大麻が多く生える地域として知られています。山の中まで行かなくとも、札幌市内にも普通に生えています。一度、商店街の片隅に生えているのを見ました。北海道民にとっては、“そこらへんにあるもの”という扱いですね。別にやばいもの、という感じではありません」(斉藤氏)

 ならば、若者が興味本位から大麻草の葉っぱを刈って乾燥させて吸ってみる、といったことも行われているのだろうか。

「そういう話は昔からよく聞きます。ただし、やみくもに吸ってもほとんど効かないのが実情です。大麻でトリップを引き起こす成分であるTHCは雌しべ(バッズ)に多く含まれています。受粉しない状態のシンセミアが極上品とされていますが、自生大麻は当然受粉しています。吸ったとしてもただ、いがらっぽいだけではないでしょうか」(同上)


関連キーワード

コメント

7:匿名2016年12月 2日 03:22 | 返信

「北海道民にとって大麻はそこらへんに生えているもの」と書かれてるけど
200万人が住んでる札幌市ではまず見かけないと思うし。
札幌以外でも普段から見かけてる人の数は道民でも少ないと思うよ

6:匿名2015年9月30日 00:49 | 返信

>>5
自分が通報したのは、売人で常習者だが関係司直は全くやる気なし。
そいつの手口はこんな感じ。
まずカモになる経営者や企業幹部を接待旅行で海外へ連れて行き、大麻
やクスリの味を覚えさせる。その後、日本で自分からブツを買うよう誘
導する、という手口の繰り返し。海外には風俗店を経営している仲間が
いて、女をあてがっては隠し撮りして脅しのネタにするなど、とにかく
タチの悪いチンピラ企業舎弟。有名なクレーマーでもあり、日本の某航
空会社では要注意人物で皆が知ってる。でも、捕まらない。どんな後ろ
盾がいるのやら。

5:匿名2015年9月29日 00:43 | 返信

おじ(警官)が「大麻の所持・使用・栽培は、個人がこっそりやる場合には、
タレコミがあっても取り締まらない」と言ってました。
でも、公共の場での所持・使用・栽培は取り締まるそうです(販売も)。
どうも酒の密造と扱いが同じになってきているように感じます。

4:匿名2015年9月28日 22:40 | 返信

>>3
それを警察署の前で演説するなら支持するw

3:匿名2015年9月28日 21:37 | 返信

大麻=麻薬 なんて概念は古すぎる。
大麻(ヘンプ)は欧米では最強の健康サプリとして昔から定番。
ヘンププロテインやヘンプシードオイルの抗がん作用は驚くべき効果が証明されてる。
そろそろ日本も、大麻=悪という洗脳から脱出しないと。遅れすぎている。

2:匿名2015年9月28日 18:11 | 返信

生えてるよ。普通に。
どんなのかわかんなかったら
噂のある地域に行ってみるといい。
「こんな形の葉っぱは採ってはいけません」
って、図付きの看板出てるw

1:匿名2015年9月28日 17:52 | 返信

表向きマリファナは違法と言われますが、東京では警察に通報しても全く捜査する気もなく門前払い。厚労省の麻取に通報しても同じ対応。仕事やる気なし。まさに税金泥棒。売人とズブズブなのが丸わかり。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。