世界で最も危険な島「北センチネル島」の部族が部外者を拒む“哀しい”理由

 外の世界との交流を拒絶し来訪者を殺害することさえある恐ろしい部族が暮らす島が北センチネル島である。なぜ彼らはそれほどまでに部外者を拒むのか。その理由はかつて島で起きた悲劇にあることが示唆されている。

■センチネル族がかつて直面した滅亡の危機

 2018年11月17日、「世界で最も危険な島」である北センチネル島に上陸を試みたアメリカ人宣教師、ジョン・アレン・チャウ氏が島の住民よって殺害され、世界中で大きなニュースとして報じられた。

 文明から切り離された北センチネル島の恐ろしい部族が部外者を皆殺しにする“哀しい”理由が明らかになったかもしれない。

「Daily Star」の記事より

 チャウ氏は、外界との接触を一切拒否するセンチネル族によって殺された多くの人々のうちの一人に過ぎない。しかし英紙「Experss」によれば最近発掘された文書は、なぜセンチネル族が部外者に対してあれほど敵対的なのかを明らかにしているという。

 カナダ生まれの植民地行政官、モーリス・ヴィダル・ポートマン(1860-1935)は、イギリス海軍の命令で1880年に北センチネル島に上陸した。

「この遠征は成功しなかった」と彼は書いた。

「我々(の行動)は、来訪者全員に対する彼らの一般的な恐怖と敵意を増大させただけです」(ポートマン)

 アンダマン島流刑地の監督だったポートマンは、センチネル族の大人2人と子供4人を誘拐し、南アンダマン島の首都ポートブレアに連行した。

 何千年もの間、ほかの集団から隔離されて暮らしてきたセンチネル族は、多くの一般的な病気に対する免疫を持っていないため、ポートブレアに連れて来られるとすぐに感染症を発症してしまった。大人たちは死亡したが、病気から回復したように見えた子供たちは島に送り返された。しかしこの子供たちが島に持ち込んだウイルスが部族民の間で壊滅的なパンデミックを引き起こしたのである。

 部族の命運を揺るがす災禍をもたらしたポートマンなのだが、研究熱心であった彼は周辺の島民を観察して詳しく書き留め、写真も多く撮影した。しかし写真の多くは本質的に不適切なまでに性的なもので、特に北センチネル島を含む周辺の島々の男性のペニスの写真を多く撮影していたのだ。

モーリス・ヴィダル・ポートマン(中央) 画像は「Wikipedia」より

■部族内で“悲劇”が語り伝えられている可能性

 先住民部族の権利を訴える人権団体「サバイバル・インターナショナル」は、ポートマンの訪問の記憶がセンチネル族が今も外界との接触を非常に恐れている主な理由の一つである可能性があると述べている。

 同団体のウェブサイトは「この“科学研究”の結果、何人のセンチネル族が病気になったかは不明だが、おそらく子供たちに病気が伝染し、その結果は悲惨なものになっていただろう」と言及している。

「これは単なる推測ですが、この経験がセンチネル族の継続的な敵意と部外者への拒絶の原因となっている可能性があります」(同ウェブサイトより)

 現在、この島の周囲5マイルはインド政府によって立入禁止区域に指定されて保護されているが、ジョン・アレン・チャウ氏の不運な冒険のような侵入は依然として時折起こり得るだろう。

 1980年代に貨物船「プリムローズ号」が北センチネル島の近くで座礁し、槍や矢で武装した裸の戦闘員が船に迫っているとの無線通報があった。プリムローズ号の船長は香港の本部に無線で「さまざまな手作り武器を携えた推定50人以上の野生人たちが木造ボートを2、3隻準備している」と伝えた。

「Daily Star」の記事より

「日没時に彼らが乗り込んでくるのではないかと心配です。乗組員全員の命は保証されません」(同船船長)

 プリムローズ号の乗組員が生き残ったのは、悪天候によりセンチネル族のボートが近づけなかったためであるといわれている。

 近年、センチネル族との正式な接触の試みはなく、部族民の人数を調査しようとした人類学者を乗せた低空飛行のヘリコプターさえも槍や矢で攻撃されている。

 島の人口は減少しているように見え、部外者はセンチネル族の言葉を学ぶことができないため、孤立している正確な理由は突き止められないままに島の文化と部族が消滅を迎える可能性もある。

 残念ながらもしそうなった場合、モーリス・ヴィダル・ポートマンが犯した罪は大きすぎたと言わざるを得ないのだろう。

参考:「Daily Star」ほか

関連キーワード:, ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

世界で最も危険な島「北センチネル島」の部族が部外者を拒む“哀しい”理由のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル