>  >  > ケイシー、テスラ、ブラウンの危険な関係【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■予言者エドガー・ケイシー 驚異のリーディング

Cayce_1910_01.jpg
エドガー・ケイシー
画像は「Wikipedia」より引用

 20世紀を代表する予言者の1人にエドガー・ケイシー(1877~1945)がいる。トカナ読者ならご存じと思われるが、ケイシーは催眠状態で人々からの相談や質問に答え、病気の診断や人生のアドバイスなどを行った。これはリーディングと呼ばれ、主に彼自身の潜在意識(アカシックレコード)にアクセスすることで回答が得られたとされる。特に病気や怪我の診断に関しては、まるでレントゲンやMRIなどの機械を備えているかのように患者の健康状態を読み、適切な治療法を伝えたという。

 大きな有効性が認められたケイシーによるリーディングの記録は14,000件にもおよび、米国の「エドガー・ケイシー財団」で閲覧可能な状態で保管されている。リーディング内容がすべて正しかったわけではないが、彼は多くの人々に支持された。かの有名な発明家トーマス・エジソン(1847~1931)でさえも、ケイシーが引き起こす現象に強い関心を抱いており、研究が必要だと考えていたという。

ARE-Visitor-Center.jpg
米ヴァージニアビーチにあるAREビジターズ・センター
画像は「VisitVirginiaBeach.com」より引用


■エドガー・ケイシーに群がる人々 FMラジオもケイシー絡み

1280px-Autoradio_Roehre.jpg
1950年代のフィリップス社のカーラジオ
画像は「Wikimedia Commons」より引用

 特に、ケイシーは健康問題を抱える個人に対してたくさんのアドバイスを行ったが、それ以外にも儲け話のような下世話な相談事や、発明家から投げかけられる科学的な知識など、あらゆる質問に応じた。のちにラジオ局を開設したセオドア・ミッチェル・ヘイスティングスは、ケイシーのアドバイスを得て、自動車用のFMラジオや小型FMトランジスタ・ラジオを発明したといわれている。

 一方、同時代のライバルだった発明家・電気技師のニコラ・テスラ(1856~1943)は、自らハイアー・セルフ(高位にある自己)からインスピレーションを得ていたとされるが、ケイシーからいくらかの助言を得ていたとも考えられている。テスラ自身がどの程度ケイシーのリーディングに関心を寄せていたのかは不明であるが、テスラの能力を評価した第三者が、監視のためにケイシーを利用していた痕跡が見られるのである。

 このように、ケイシーの能力をさまざまな思惑から利用しようとする人々が存在したのも不思議ではない。すでに触れたように、ケイシーによるリーディングの記録は14,000件にも及ぶのだ。そして近年、その中から実に興味深いリーディング記録が発見されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。