>  > 羊でストリートビューを作った「シープビュー」、本家を凌ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
sheepview8.jpg
画像は、「theguardian」より

 2007年に開始されたGoogle社が提供するストリートビュー。最近では閲覧できる範囲も広がり、軍艦島のような世界遺産から南極、海底といった意外な場所まで見られるようになってきている。一方でなかなか対応が追いついていない地域もまだまだ多い。そんな中、北大西洋に浮かぶフェロー諸島ではGoogleが来るのを待ちくたびれて、なんと独自の方法でストリートビューを作ってしまったのだ。


■ストリートビューならぬ「シープビュー」

sheepview6.jpg
アンドレアセンさん。画像は、「DailyMail」より

 18の島々からなるフェロー諸島は北大西洋に浮かぶデンマークの自治領で、人口5万人弱、高緯度、冷涼な気候のために中世から羊の放牧が盛んに行われてきた。そのため、フェロー諸島は「羊の島」として有名で、その数約10万頭弱と島民の2倍いるほどである。そんなフェロー諸島はあまりに遠くアクセスが悪いと、Google社はストリートビューを作成するための独自のカメラをはじめとする必要機材を持って島に訪れることを拒否してきた。

 デンマークの首都コペンハーゲンに住むDurita Dahl Andreassen(以下アンドレアセンさん)は、Googleがいつまで待っても来ないので痺れを切らし、島にたくさんいる羊を利用して独自のストリートビューを作るプロジェクトを立ち上げたのだ。ストリートビューならぬ「シープビュー」の誕生である。

sheepview2.jpg
フェロー諸島の位置関係。画像は、「GoogleMap」より

 アンドレアセンさんとプロジェクトチームは現地のシェパードの協力のもと、5頭の羊を使って独自の方法でストリートビューの製作に乗り出した。「メーメー、おメーらの助けは借りねーよ」と羊たちがGoogleに反感を抱いていたかはさておき、観光客にこの自然豊かな美しい島を知ってほしいという思いと、最終的にはGoogleを説得して完全なるストリートビューの完成を目指しているという。

コメント

3:匿名2016年7月17日 05:57 | 返信

かわいいw

2:匿名2016年7月16日 08:45 | 返信

メーメー言いたいだけだろ、この筆者(笑)

1:匿名2016年7月15日 21:43 | 返信

「羊で」って言うのがいいな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。