>  > 脳外科病院の廃墟に潜入→2億7千万超の●●発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

「CTスキャンの装置が丸ごとそのまま放置されている、脳外科病院の廃墟がある」と聞き及び、群馬県某所は個人病院の廃墟『●●脳外科』を訪れたのは、今から7年前となる2009年のことでした。

 非常に高額な医療機材がそのまま残っている、という目玉があるにも関わらず、今なおインターネット上にまったく情報が出ていないという、心霊マニアはもちろん、廃墟マニアの目からも逃れてきた相当なレア物件です。(余談となりますが、検索を掛けたら自分のツイッターが出てきました)


■実際に現場に行ってみた!

01geka.jpg
撮影:たけしな竜美
01-1geka.jpg
撮影:たけしな竜美
01-2geka.jpg
撮影:たけしな竜美

 この通り、外観は非常に立派な個人病院です。一見しただけでは、現役で営業している病院にしか見えないでしょう。

02geka.jpg
撮影:たけしな竜美

 ですが、裏口から中へ足を踏み入れれば、人の出入りがない廃墟であることは明らかです。建築物は手入れが施されなくなると、まずは屋根、そして次に天井が痛み、少しずつ崩れ始めるのです。

 ちなみに、建物が廃屋であるか否かを見極める方法としては、プロパンガスのボンベがあるべき場所にない、電線が繋がっていない、敷地内の植物の手入れがされていない、など複数ありますが、余談となってしまいますのでまた機会があれば、ということで。

06geka.jpg
撮影:たけしな竜美
06-1geka.jpg
撮影:たけしな竜美

 廃墟におけるカレンダーは、そこが棄てられた日を示すものです。病院内部のそれは1996年の5月で止まっており、訪れた2009年から遡ること10年以上前に廃墟化したことがわかります。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年6月12日 13:50 | 返信

記事拝見させていただきました。
ご訪問されたのは2009年と書かれていますが
こちらの廃院は現在も残っているのでしょうか?

2:匿名2017年6月12日 13:47 | 返信

記事拝見させていただきました。
訪問されたのは2009年と書かれていますが
こちらの廃院は現在も残っているのでしょうか?

1:匿名2016年11月24日 01:47 | 返信

この病院は私の実家の近くです。院長がその建物で1人で残業中に急死されました。急死の原因は判らなかったそうです。
中の一部はこんなにも傷んでいたんですね。外観は当時のまま、時が止まってしまっている感じです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。