>  >  > クリスマス島のアカガニ大移動「人間の伝染病が関係」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ChristmasIsland_5.jpg
画像は「YouTube」より引用

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

ChristmasIsland.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 オーストラリア大陸の北西、インド洋に浮かぶ熱帯雨林に覆われた絶海の孤島、オーストラリア連邦領「クリスマス島」――。この島の名物は、固有種の甲殻類「クリスマスアカガニ」の大移動だ。雨季の10~11月になると、このアカガニは森から海へと大移動する。その総数は、なんと数千万匹といわれ、道路も庭も家の中さえもアカガニが埋め尽くすという。

 クリスマス島は、1643年のクリスマスにイギリスのロイヤル・メアリ号が同島に到着したことからその名が付けられた。面積136平方キロメートルの小さな島だが、周囲の海底は約5,000mの深さ、つまり海岸から深海が連続している。リン鉱石の採掘と輸出が主要産業で、現在は2,000人ほどが暮らしている。


■研究者の聖地、クリスマス島

「クリスマス島は甲殻類研究者の聖地だ、なんていわれています」

ChristmasIsland_2.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 そう話すのは、生物学に詳しい理学博士X氏である。クリスマス島には、ヤシガニやアオガニなども数多く生息しており、まさに陸性甲殻類の天国といえる場所であるそうだ。そして、専門の研究者をして一度は見てみたいと言わしめるのが、このクリスマス島のアカガニ大移動である。

「アカガニは普段は森の中で暮らしており、島の至る所で見ることができるようです。ですが、1年に一度の大移動はまさに圧巻の一言です」

 普段は森の土の中や岩陰に潜んでいるアカガニたちだが、雨季になると放卵のために海岸へと移動を開始する。クリスマス島の周囲は、そのほとんどが高さ10~20mの断崖になっており、砂浜のある海岸は少ない。アカガニたちは、その数少ない海岸を目指し、森から海岸までを文字通り埋め尽くすのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。