>  > 25年間迷子だったインド人少年「サルーの数奇な人生」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 これから夏至へ向かってどんどん日が長くなっていくが、子どもの頃に、まだ明るいのをいいことにちょっと遠出し過ぎて道に迷い、日が暮れ行く中、家になかなかたどり着けずに心細くなった思い出を持つ人も少なくないだろう。帰りを待ちわびる母の元に、なんと25年ぶりに帰宅したインド人青年の数奇なストーリーが話題だ。


■4歳の少年が偶然乗った貨物車両に揺られて1600km移動

saroossearch1.JPG
少年時代のサルー・ブライアリー 「Daily Mail」の記事より

 第89回アカデミー賞で6部門にノミネートされた昨年公開のオーストラリア映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』が日本でもこの4月7日から公開されている。本編は実話をベースにしたストーリーで、英紙「Daily Mail」でもかつて報じられた数奇な人生を送った青年の物語がつづられている。

 今から30年前、インドの貧しい田舎町では、子どもたちも食うや食わずの生活を強いられていた。貧しい家庭の子どもとして生まれたサルー・ブライアリー(当時4歳)は、兄と共によく列車に乗り乗客の大人たちから物乞いをしていたという。インドの鉄道ではたいてい5歳以下の子どもは無料で乗車できるため、貧困地域の子どもたちの多くは駅や列車内で物乞いをしていた。

 その日もサルーはいつものように兄と一緒に最寄駅から列車に乗っていた。乗客が恵んでくれた食べ物でお腹が落ち着いたこともあったのか眠気を感じた兄弟は、ある駅で降りてホームのベンチで昼寝をしたという。それほど長い時間ではなかったようだが、目覚めたサルーは近くに兄の姿がないことで動揺する。

「目覚めてみると兄の姿が見当たりませんでした。目の前に列車が来ていてもうすぐ出発しそうでした。(寝ぼけていたこともあり)どういうわけか私はドアが閉まる直前に貨物車両に飛び乗ってしまったのです」(サルー・ブライアリー氏)

 しかし発車寸前に駆け込んだ貨物車両にも兄の姿はなかった。「この一瞬の判断が、その後の私の人生を大きく変えるものになったのです」とサルーは振り返る。そして列車は走り続け、地元のカンドワから1600km(1000マイル)も離れた大都市・カルタッタ(現コルカタ)に到着してしまう。

 長時間列車に揺られた末にようやく着いた終着駅で4歳のサルーは身寄りのないまま大都会の街に放り出されることになる。いったん駅から出されてしまったサルーには、どうやって地元の田舎町に戻ったらよいのか皆目見当がつかなかったという。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年4月28日 10:35 | 返信

とうとうテレビに便乗するようになったか。
そこまでネタに困ってるわけ?
落ちたものだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。