>  > 世界中で暗躍した影武者伝説5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

山下史郎

,

影武者

,

暗殺

,

米国

 人類の歴史を振り返ると、世界各地では数多くの“影武者”が暗躍してきた過去がある。政治家は暗殺者の魔の手から逃れるために、またアーティストはパフォーマンスの質を上げるために影武者を使ってきた。今回は歴史上で語られる影武者伝説5選を紹介しよう。


■アンディ・ウォーホルの影武者

1710_bodydoublelegend_1.jpg
画像は、「Ask The Monsters」より

 “ポップアートの巨匠”と名高いアンディ・ウォーホルには、実は影武者が存在していたという逸話がある。1967年10月2日にウォーホルは、米国のユタ大学で講演を行うことに。会場には1,000人以上の観客が詰めかけ、講演ではウォーホルが同年に制作した短編映画が上映された。ウォーホルは、分厚いサングラスを着用しステージに登壇すると、観客からの質問にも応じたという。しかし当時彼のマネージャーを務めていた映画監督のポール・モリセイによると、ユタ大学を含む4つの大学で行われた講演には、ウォーホルの影武者が雇われていたとか…。

1710_bodydoublelegend_2.jpg
画像は、「Ask The Monsters」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。