人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!

関連キーワード:

,

,

,

,

 人類の歴史を振り返ると、世界各地では数多くの“影武者”が暗躍してきた過去がある。政治家は暗殺者の魔の手から逃れるために、またアーティストはパフォーマンスの質を上げるために影武者を使ってきた。今回は歴史上で語られる影武者伝説5選を紹介しよう。


■アンディ・ウォーホルの影武者

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像1画像は、「Ask The Monsters」より

 “ポップアートの巨匠”と名高いアンディ・ウォーホルには、実は影武者が存在していたという逸話がある。1967年10月2日にウォーホルは、米国のユタ大学で講演を行うことに。会場には1,000人以上の観客が詰めかけ、講演ではウォーホルが同年に制作した短編映画が上映された。ウォーホルは、分厚いサングラスを着用しステージに登壇すると、観客からの質問にも応じたという。しかし当時彼のマネージャーを務めていた映画監督のポール・モリセイによると、ユタ大学を含む4つの大学で行われた講演には、ウォーホルの影武者が雇われていたとか…。

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像2画像は、「Ask The Monsters」より

 

■ウィンストン・チャーチルの声を担当した影武者

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像3画像は、「itv」より

 第二次世界大戦期の英国の首相ウィンストン・チャーチルにも、影武者の存在を示唆する証拠が浮上している。1990年に米国のリサーチ企業がチャーチルの演説20件を分析したところ、3件が別の人間の声によるものだと判明。2000年には俳優ノーマン・シェリーの息子が、1942年9月7日の演説で、ノーマンがチャーチルの代役を務めた際のテープを証拠として提出している。テープには大戦中に、チャーチルが残した名言「我らは戦い、断じて降伏しない」が録音されていたとか。しかし当時の演説にはさまざまな臆測が飛び交っており、真相は神のみぞ知る状況だという。

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像4画像は、「Daily Mail」より

 

■ヨシフ・スターリンの影武者だったことを公表した男性

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像5画像は、「PHENIX PHOTOS」より

 2008年に旧ソ連に関する重大な秘密が、当時88歳のフェリックス・ダダエフにより公にさらされた。驚くべきことに彼は、旧ソ連の指導者だったヨシフ・スターリンの影武者を務めていたという。1942年、当時20代のフェリックスはグロズヌイ(現、チェチェン共和国の首都)での戦闘で重傷を負ってしまう。翌年に傷が癒えた彼には、スターリンの影武者になる任務が与えられた。40歳以上も年が離れたスターリンを完全に模倣するために、彼は演説の映像などを見ては大臣の所作を学んだという。付け髭や化粧で変装したフェリックスの二重生活は、スターリンが亡くなる1953年まで続いた。

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!の画像6画像は、「Rare Historical Photos」より

人身売買、暗殺事件、演説…! 歴史上で最もヤバい「影武者伝説」5選!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで