>  > 事故物件サイト「大島てる」管理人を殺害予告した犯人逮捕!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

大島「警備の警察官はとてもありがたかったですね。自宅を制服警官が見張ってくれているわけですから、警備会社に頼むよりずっと安全なわけで、お得だな~なんて思いました(笑)」

 しかし警備はしてくれたものの、犯人はいつまでたっても逮捕されない。理由としては、遠隔操作、なりすまし、アカウントの乗っ取りの可能性がないとは言えないので、動きづらいというものだった。

大島「片山祐輔さんが起こしたPC遠隔操作事件が尾をひいているのかもしれないですね。警察が動いてくれないならば、自分でやるしかないと思いました」

 犯人はツイッターに殺害予告を書いたことに対し危機感を持っていなかったらしく、本名、住んでいるマンションはすぐに判明した。

 ちなみに、本名は“福寿洋輔”だ。

 大島さんはブログに懸賞金をかけたが、警察に「すぐに止めるよう」指示されてしまった。大島さんの弁護士を通して民事の損害賠償請求をしようと思ったが、やはり“本人かどうかが未確定”なのが理由ですぐには難しかった。

 「自首しなさい」と書いた手紙を犯人宅に郵送したり、兵庫担当の運動員に犯人宅のポストに投函してもらったりしたが、犯人に大きな動きはなかった。

teru0021121.JPG
犯人が住んでいるマンション

 そのまま膠着状態におちいり、いたずらに時間が過ぎていった。

大島「しばらくは手をこまねいていたのですが、事件からちょうど半年を節目に、あらためて犯人を自首させようと思いました」

 戸籍謄本をとったり、実家をかぎまわったりした。元々、事故物件調査を生業としていたので、そういう作業はこともなげにできた。

 本腰入れて戦うぞ!! ……と思ったところで警察から電話があった。

大島「犯人を逮捕したという連絡でした。嬉しいと言えば嬉しかったんですが、私が住民票などをとった直後のタイミングだったので、私の動きを見た警察が仕方なく動いたのでは? といぶかしみましたね」

 犯人は警視庁で“脅迫罪”の容疑で逮捕され、取り調べで、自白をしたという。

大島「警察がしっかり動いてくれたのは嬉しいです。ツイッターでなら何を書いても逮捕されないんだ、と思っている人たちへの牽制になりますからね

 ツイッターに殺害予告を書いたら捕まるのだ。このルポを読んでる読者の皆さんは、間違っても痛いツイートをしないように!!
(取材/文=村田らむ)

・「事故物件公示サイト 大島てる」ホームページ

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年11月25日 23:57 | 返信

批判も多いが、ありがたく利用させてもらった。
日本の「告知義務」はあまりに弱く、間に誰か住めば『その人が怖くなって転居しても』何も告知する必要はない。なぜか不動産業の擁護が強い日本の法律下においてはこのような告知サイトは有益。
大島さんを擁護する感じになるが
1は単なるイチャモン
2は当然大島氏が確認した上での掲載
3は名前が示す通り、ろくでもない奴の書き込み
まぁ私たち日本人は「妬み」「嫉み」が多い人種なので、このようなバカはすぐ湧いて出る。
とりあえず次の引っ越しの際も利用させていただきます。

3:ネカフェ order drug 2о5 Yuuki ktommy2017年11月25日 19:08 | 返信

Twitterも足着いてますよby 配達人

2:匿名2017年11月25日 15:12 | 返信

身を置いていた業界全体を敵に回してええ格好しいしてるだけにしか見えません。
孤独死、自死、自然死の線引きもケースバイケースで曖昧な線引きですし。
何も無い物件を嫌がらせで投稿した場合、一時的とはいえ風評被害から資産評価減が起きます。
投稿者は確固たる証拠を明示出来る事と、提訴された場合に受けてもらう為に本人認証をすべき。
匿名だからいいんですは失うモノが無い側の方弁であり、負うべき責任は必ずあります。
その辺を曖昧にしてたら某掲示板で有名な某氏と何ら変わりませんね。

1:匿名2017年11月24日 22:25 | 返信

自分の家族の事故物件は、なぜ掲載しないのですか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。