>  > “X線視覚”をもつ超能力ロシア美少女の謎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【衝撃】人体を透視するX線視覚をもつ超能力ロシア美少女・ナターシャの謎! 体内の異常を次々的中、日本人大学教授も驚愕の画像1
画像は「Mysterious Facts」より引用

 一昔前に日本でも話題になったナターシャ・デムキナの名を覚えている人はいるだろうか? 体の中が透けて見える“X線の目2を持つ女性として世界中の研究機関に認められたロシア人女性(当時は少女)である。


■世界が注目したX線の目を持つロシア美少女

 1987年ロシアの都市サランスクに生まれたナターシャは、早熟だが普通の子だったそうだ。彼女の透視能力が開花したのは10歳の頃だという。その時の様子をナターシャは次のように語っている。

「母と家でくつろいでいたとき、突然ヴィジョンが現れ、母の体の中が見えたのです。私は母に彼女の臓器がどうなっているか教えることができました。今は普通のヴィジョンと“医療用ヴィジョン”をコンマ数秒で切り替えることができます」(ナターシャ)

【衝撃】人体を透視するX線視覚をもつ超能力ロシア美少女・ナターシャの謎! 体内の異常を次々的中、日本人大学教授も驚愕の画像2
画像は「Live Science」より引用

 ナターシャの特殊能力はすぐに口コミで広がり、診察に訪れる人まで現れるようになった。これに興味を持った地元医師がナターシャの能力を試してみたところ、彼女は医師の胃に腫瘍があること、ガンと診断された患者はガンではなく小さな嚢腫(のうしゅ)を患っていることを指摘したという。

 2003年に噂を聞きつけた地元新聞に取り上げられると、イギリスのタブロイド紙「The Sun」の目にとまり、その能力を公の場で実演する機会が与えられた。そこでナターシャは、実験に協力した女性の体内に金属片があることを全て正確に言い当てたという。実はこの女性、最近交通事故に遭ったばかりだったのだ。

 2004年には、「Discovery Channel」がナターシャをニューヨークに招待。超能力に懐疑的な「サイコップ(超常現象の科学的調査のための委員会)」の研究者との対決の場が用意された。そこでもナターシャは7人中4人の病状を正確に言い当てたが、事前に5人以上言い当てることを約束していたため、研究者らはナターシャの能力を認めようとしなかった。

関連キーワード

X線

コメント

1:匿名2017年12月 7日 17:54 | 返信

大槻教授に検証してもらいたいw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。