• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 セックスドールが“お相手”をする風俗店が昨年スペインでオープンして話題を呼んだが、予想だにしていなかった意外な動きがあるようだ。なんと、とある風俗店が、男性型セックスドールを“キャスト”に加えたというのだ。


■セックスドール風俗店に“男性キャスト”が加わる

 古くは“ダッチワイフ”と呼ばれ、近年ではルックスも質感も目覚ましい進化を遂げているセックスドールだが、昨年にはスペインでセックスドールが“お相手”してくれる風俗店「Lumidolls(ルミドールズ)」が営業を開始してソノ筋の人々の注目を集めた。まさにパートナーとしてお気に入りの1体を所有するのがセックスドールにおける本来の楽しみ方と言えるが、いろんなタイプのセックスドールを“お試し”してみたいという向きには、こうしたセックスドール風俗店はうれしいサービスだろう。日本でもセックスドールが“出張”するデリバリー風俗がいくつか営業している。

 そしてこのLumidollsでは、さらに大胆な“お試し”が可能になった。なんと男性型セックスドールを“キャスト”のメンバーに加えたのだ。

malecyborgs1.JPG
Daily Star」の記事より

 女性客を呼び込むつもりなのかとも思えてしまうが、必ずしもそういうことではないようだ。もちろん女性客が利用しても構わないのだろうが、主にストレートの男性の“興味”に応えるために店はこのサービスを始めたということだ。

 Lumidolls共同オーナーのセルジ・プリエト氏が英紙「Daily Star」に話したところによれば、ストレートの男性の中にもプレイとしての同性愛に興味を持つ向きは少なからず存在するということだ。ましてやセックスドール風俗店の利用客であれば、なおさら底知れぬ好奇心を持つ人の割合は増えるのかもしれない。

 同性とのプレイにわずかながら興味があるにせよ、最初から生身の男性を相手にするのはあまりにもハードルが高いだろう。そこで同店は“お試し”となる体験を提供すべく、ストレート男性に向けて男性型セックスドールのオプションを加えたのだ。

malecyborgs3.JPG
Daily Star」の記事より

 気になるこの“男性キャスト”の名前はケン(Ken)。スリムで筋肉質のボディを持ち、交換可能なペニスを備え、好みに応じてさまざまなポージングが可能である。ちなみに現状ではペニスサイズが13cmか18cmから選べるということだ。料金は30分コースで70ポンド(約1万円)、60分コースで88ポンド(約1万3000円)である。同店のウェブサイトからも予約が可能である。スペイン旅行の際には“お試し”してみてもいいのかも!?

コメント

1:匿名2018年4月 1日 23:53 | 返信

性転換するセクサロイドじゃないのか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。