• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

alienoct_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 さらには、その複雑な遺伝情報のため、タコの進化過程を辿ることは容易ではなく、研究者らは「まるで遥か“未来”から遺伝子を借りてきたかのようだ」と語っているほどだ。さらに驚くべきことに、タコの卵が地球外から飛来した可能性にも言及している。

「凍結されたイカやタコの卵が数億年前の地球に飛来したという可能性は、2億7千万年前のタコの突然の出現を説明するための安あがりな宇宙的説明だと言って無視するわけにはいかないのです。実際にパンスペルミア説は、化石として残っている全ての生命体の突然の出現に適応できます」

 挑戦的な仮説に多くの科学者からは批判的な声が挙がっており、たとえば、ドイツ・マックスプランク研究所のウイルス学者カリン・モエリング氏は、同論文を「一考の価値はあるが、ウイルス、細菌、生命体が宇宙から来たという主張は真剣に受け止められない」と語っている。

alienoct_02.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 とはいえ、パンスペルミア説を支持する研究者が多いことも確かだ。たとえば、エディンバラ大学アルジュン・ベレラ教授は、権威ある学術ジャーナル『Astrobiology』に発表した論文で、「惑星系を飛び交う超高速の宇宙ダストには、あらゆる惑星からの原子、分子、場合によっては微生物の生命体まで含まれており、それらを異なる惑星へと運ぶ手段になっている」と指摘している。そう考えると、タコが地球外生命体である可能性、少なくともタコの進化においてエイリアン・ウイルスが関与していた可能性は現時点では否定できないだろう。今後の研究に期待したい。
(編集部)

参考:「Daily Mail」、ほか

コメント

3:匿名2018年5月17日 05:39 | 返信

 
 ほー・・・

「エイリアンは、美味しい」

そういうことでOK?

煮ても、焼いても、刺身にしてもウマイ・・ ジュルw
エイリアン、ばっちこい! ←

2:匿名2018年5月16日 02:34 | 返信

動物番組の実験で
タコの知能は かなり高いと言われていた
タコの目の前で 透明な瓶にエサをいれ蓋をしめると
吸盤を使って蓋をまわし 開けることができるそうだ

1:匿名2018年5月15日 18:40 | 返信

そんな急激に進化しといて地球の支配権も
まだ握れんのか
無様なタコ焼きにされやがって
はよ宇宙船や超科学兵器を作りやがれ、このタコ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。