• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 インド・グジャラート州の技術者が、過去8カ月間に16回しか出勤しなかった理由を公的機関に尋ねられた時、こう答えた。

「私はヒンズー教の神ヴィシュヌ10代目の生まれ変わりで、神としての仕事に忙しすぎるからだ」

Vishnu_1.jpg
画像は「The Times of India」より引用

■職場に来ない社員「私はヴィシュヌ神の生まれ変わりである」

 さかのぼること1999年8月、州行政企業のエンジニアであるラムスチャンドラ・フィファーさんは、新聞を読んでいる時に、自分の中に「神を感じた」。彼は自分の体が自我から切り離され、「神の幸福」で満たされていると感じたが、自分の身に何が起きているのかは、妻が占星術を読むまでは理解できなかった。そこには、彼は「人類のリーダーになり、最高の知性を持つことになる」と書かれていた。

 フィファーさんはこの神の啓示後も、いつものように仕事を続けていたが、仕事中にも神とのつながりをしばしば経験していたと振り返る。彼はインタビューで、2010年3月6日、仕事場にいる時にヴィシュヌの急な力を感じたと語った。

 そして、「私は神と直接つながっています。そして私は神の絶対的命令に従います。今では、私の魂は最高の魂になっています」と主張するに至った。

 しかしその後4年間、彼は家族にも自分が青い肌の色で、4本の腕を持つ姿で描かれるヒンズー教の神、ヴィシュヌの10代目の生まれ変わりだと告白する勇気がなかった。そして、現在でも人々は彼の主張を疑っているが、彼は近い将来、自身の神性について、誰も反論できない決定的な証拠を提供することを約束している。

reincarnatedgod1.JPG
通常青い肌の色で4本の腕を持つ姿で描かれるヒンズー教の神ヴィシュヌ 画像は「Wikimedia Commons」より

 しかし、彼の度重なる無断欠勤に業を煮やした勤務先の行政機関経営陣は、フィファーさんに懲戒処分に直面していることを警告する公式通知を送った。

コメント

3:匿名2018年6月12日 08:13 | 返信

リアル・ハメハメハ大王(笑)

2:匿名2018年6月10日 19:22 | 返信

10代目?
10あるヴィシュヌのアヴァターラの1つ「カルキ」の顕現であるつってるが。

トカナのくせにこんなことも知らんのか。ムー10年分読み直して反省しろ

1:匿名2018年6月10日 14:04 | 返信

統失発症したんだね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。